話題のドラマ『重版出来!』も描けない! 漫画編集者のブラックすぎる実態を「ジャンプ」連載漫画家が告発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
rensaisyuryou_160426.jpg
『連載終了! 少年ジャンプ黄金期の舞台裏』(イースト・プレス)

 週刊コミック編集部を舞台にした松田奈緒子による漫画『重版出来!』(小学館)が、黒木華、オダギリジョー、坂口健太郎、安田顕、荒川良々らのキャスティングでドラマ化され話題を呼んでいる。先日12日の初回放送は平均視聴率9.2%とまずまずの数字だったが、ネット上での評判はすこぶる良く、今後同ドラマの注目度は上がっていくのかもしれない。

 そんな『重版出来!』は、週刊コミック誌「バイブス」編集部に配属された黒木華演じる新人編集者の黒沢心が、さまざまな困難に見舞われながらもそれらを乗り越えていくことで一人前の編集者として成長していく姿を描いた物語だ。作品のなかでは「編集者」という人たちが、作家にとって大事な味方であり、漫画がつくられていく過程において重要な役割を担うということが熱く描かれているのだが、実際に漫画を描いている当人からしてみると、現実は『重版出来!』に描かれているような綺麗ごとばかりではないようだ。

 たとえば、小林よしのりは2016年4月9日に配信されたウェブサイト「BLOGOS」のなかで、映画『バクマン。』を鑑賞した感想をこのように綴っている。

〈わしが漫画家の物語を描いたら、編集者の醜悪さも描くから、もっと面白くなるけど、まあ連載させてくれるところがないだろうね〉

 このような思いを抱いているのは小林よしのりだけではない。つい先日、このような編集者の「醜悪さ」を徹底的に描いたマンガが出版され、漫画ファンの間に戦慄が走った。

 その作品とは、『連載終了! 少年ジャンプ黄金期の舞台裏』(イースト・プレス)。作者は、80年代から今にいたるまで漫画家として活動し続けている巻来功士。彼は80年代中盤から終わりにかけて『機械戦士ギルファー』『メタルK』『ゴッドサイダー』など、何作も「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載を描いているのだが、この『連載終了!』ではその時代に出会ったブラック編集者たちのひどさを徹底的に暴露している。

 まず彼は、『機械戦士ギルファー』で「週刊少年ジャンプ」の連載陣に名を連ねる前、「ジャンプ」編集部の依頼により、『北斗の拳』を描いていた原哲夫のもとにアシスタントとしてサポートに入った時代のことを振り返る。その時、一度完成原稿を入稿した後でも原哲夫が担当編集のホリエ氏の要望に応えてすべて描き直し、結果として作品の質が上がっていく様子などを見て、編集者と漫画家の関係をこのように思ったと言う。

「お互いがお互いの長所を認め 短所を補ってひとつの作品を作り上げてゆく そうか!! これが漫画の作り方の1つなんだああぁ!!」
「それは漫画に独りよがりではない客観性を持たせる大切な行為の進化系であり すぐれた漫画家と編集者が二人三脚になれば傑作が生まれるという実例であった」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

連載終了! 少年ジャンプ黄金期の舞台裏

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

話題のドラマ『重版出来!』も描けない! 漫画編集者のブラックすぎる実態を「ジャンプ」連載漫画家が告発のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ブラック企業出版業界新田 樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 警視庁捜査、ジャパンライフと安倍政権
2 BTS問題で『ワイドナ』が意外に冷静な姿勢
3 安倍内閣の官房参与が消費税批判
4 ナベツネにいったい何が? 読売の異変
5 百田尚樹『日本国紀』にネットから総ツッコミ
6 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
7 報ステが杉田水脈も赤坂自民亭もスルーした理由
8 ネトウヨのTWICE「慰安婦シャツ」炎上攻撃は韓国ヘイト
9 森友学園が麻生財務相側近に口利き依頼
10 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
11 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
12 安倍の成蹊時代の恩師が涙ながらに批判
13 野中広務が「安倍は東條英機」
14 BTSファン「ARMY」がスゴイ!国境を超える連帯と勇気
15 在日差別に怯え続けた芸能人の苦悩
16 安倍政権がひた隠しにする外国人労働者の“奴隷”実態
17 BTSの『Mステ』締め出しは原爆を口実にした韓国ヘイト
18 フジ『バイキング』で金美齢が部落差別
19 『報ステ』小川彩佳降板は政権批判が原因か
20 吉川晃司が「俺は現政権がでえっ嫌い」
1安倍政権の水道民営化強行の裏! 日本の水道が崩壊
2BTSの『Mステ』締め出しは原爆を口実にした韓国ヘイト
3安倍内閣の官房参与が消費税批判
4安倍官邸「FTA言葉狩り」でNHKが忖度訂正
5片山さつきだけじゃない! “ほぼ全員スキャンダル内閣”
6マイケル・ムーア監督が安倍首相と日本の民主主義に危機感
7植村隆の名誉毀損裁判で不当判決!櫻井よしこの捏造を無視
8安倍政権がひた隠しにする外国人労働者の“奴隷”実態
9やっぱり安倍政権の外国人実習生調査結果は嘘だった!
10安倍政権が北方領土のため「年金の金」でプーチンに貢ぎ物計画
11安倍「徴用工でなく労働者」と言い換えも麻生家の炭鉱は「朝鮮人地獄」
12警視庁捜査、ジャパンライフと安倍政権
13田崎史郎にも“国会通行証”疑惑が浮上!?
14安倍首相も桜田五輪相と同じ「事前通告がない」ウソの常習犯
15百田尚樹『日本国紀』にネットから総ツッコミ
16徴用工問題は本当に解決済みなのか?
17BTSファン「ARMY」がスゴイ!国境を超える連帯と勇気
18竹田恒泰が慰安婦像に「鼻クソの刑」ツイートの愚行
19ナベツネにいったい何が? 読売の異変
20BTSを「ナチス礼賛だ」と歪曲攻撃したナチ信奉者たち

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄