『バケモノの子』はショタ萌え映画か? 細田守監督の“ショタ愛”を検証してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
bakemononoko_150726.jpg
『バケモノの子』公式サイトより


 7月11日に公開された映画『バケモノの子』。前作から3年ぶりとなる細田守監督の最新作は、興行収入70億円も見込める好調なスタートを切り、すでに今夏最大の話題作となっている。そんな『バケモノの子』だが、細田ファンの間では主人公の少年・九太が9歳の頃の幼少期が「かわいすぎる」「いいショタ」と評判で、一部では『バケモノの子』ではなく“ショタの子”とまで言われるほど、ショタ萌えがすごいと話題になっているのだ。一体どういうことなのか、実際に観に行ってみた。

 物語は、ある日、ひとりぼっちの九太が渋谷でバケモノの熊徹と出会い、彼らが暮らすバケモノの世界である渋天街に迷いこんだことからはじまる。そして、九太は熊徹に弟子入りし、奇妙な共同生活を通して互いに成長していくというもの。

 まず、九太はヨレヨレのTシャツに短パンという姿で登場するのだが、自宅のマンション、渋谷の路地裏に逃げ込んだとき、渋天街に着いた最初の夜など、しょっちゅう体操座りや片膝を立てた状態でしゃがみこむ。その際、短パンから覗くのが、細く尖った膝小僧。実はコレ、「膝小僧舐めたい」といった感想も見受けられるほど、ショタ好きにとっては欠かせない萌えポイントらしい。

 そして、それ以上にショタ好きが盛り上がっているのが、九太が白いふんどし一丁で川に入り、熊徹の投げてよこす魚を受け取ろうとするシーン。

「ショタの褌シーンが見たいなら劇場へ行くべき」「九太くんのふんどしとかえっちすぎる」「ふんどし姿は見に行く価値十分にあった」

 その場面自体は数秒なのに、まるでそこが映画のメインでもあるかのようなコメントが多数見られた。膝小僧や細長い手足といった身体的特徴は、成長期ならすぐに変化していく。九太の身長が伸びたり、少し余裕のあった服がピッタリになっていく描写もあるが、その刹那的なところや儚さも魅力なのだろう。

 そんな主人公・九太以上の人気を誇るショタっ子が、熊徹のライバルで渋天街の誰もが一流と認める猪王山の息子・一郎彦だ。弟の二郎丸はヤンチャで純粋な男の子だが、兄の一郎彦は猪の帽子をかぶった美少年で、父に憧れ、尊敬する優等生。猪王山と熊徹が戦うシーンでは、両手のこぶしを握り、瞳をキラキラさせながら必死に父を応援する。また、父に稽古のお願いを断られたときも、二郎丸が「えーまた?」と不満気に口にするなか、一郎彦は健気に笑顔を向け、「はい」と答える。九太とは対照的なキャラで、九太が生意気無邪気ショタだとすれば、一郎彦は健気ショタといったところだろうか。

 しかも一郎彦は、どうやら細田監督の“お気に入りショタ”でもあるようなのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

バケモノの子 (角川文庫)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

『バケモノの子』はショタ萌え映画か? 細田守監督の“ショタ愛”を検証してみたのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ヲタ田口いなすの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍首相「桜を見る会」中止で私物化問題の幕引き図るも新証拠続々
2 「大嘗祭」に秘密の儀式が!新天皇が寝座のある部屋に一晩こもり…
3 「桜を見る会」で田崎史郎と産経が失笑のスリカエ詐術で安倍擁護
4 「桜を見る会」ケータリングは安倍首相、昭恵夫人のお友達の会社
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 即位パレードで安倍首相が“天皇きどり”で窓を開けお手振り!
7 警視庁捜査、ジャパンライフと安倍政権
8 即位パレードで「雅子さまの足跡」を振り返るマスコミが触れなかった深刻な事件
9 即位パレードで天皇夫妻が通った自民党本部に巨大垂れ幕!
10 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
11 即位礼に天皇の「安倍首相への抵抗」を示す招待客が
12 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
13 『報ステ』小川彩佳降板は政権批判が原因か
14 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
15 皇室記者が明かす雅子妃の真実
16 安倍首相「桜を見る会」の税金を使った不正が国会で明らかに!
17 マンガ『スシローと不愉快な仲間たち』第7話
18 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
19 安倍首相「桜を見る会」私物化に会計検査院元職員も「招待範囲を逸脱」
20 安倍首相の「共産党か」ヤジはネトウヨの常套句
1久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

カテゴリ別ランキング


人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄