『進撃の巨人』諌山創が腐女子ウケ狙いを告白!なのに実写版でリヴァイがいないのはなぜ…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
shingekinokyojin_01_150411.jpg
左・画像左側手前が人気キャラのリヴァイ(『進撃の巨人』(講談社)第5巻より)/右・その代わり(?)の映画版オリジナルキャラのシキシマ(映画『進撃の巨人』公式サイトより)


 今夏、前後編2部作で実写劇場版が公開される『進撃の巨人』(原作、諫山創/講談社)。人類が突如出現した謎の人食い巨人と戦うというストーリーで、国内だけにとどまらず、海外でも一大ブームを巻き起こしているこの作品。8月1日の前編公開に向けて映画の情報も続々と解禁され、期待も高まっているが、実写映画化に伴い、先日実写ドラマの制作も発表された。

 しかし、気になることがある。それは、主人公のエレン・イェーガーを差し置いて圧倒的な人気を誇る彼の上司・リヴァイ兵長がドラマに登場するかどうかだ。なぜなら、実写映画ではリヴァイが登場しないから。作中で人々が暮らす内地は壁に囲まれているのだが、リヴァイはその壁の外に出て巨人と戦う調査兵団の一員で、身長160cmにも関わらず、人類最強と言われる三白眼の兵士だ。「ダ・ヴィンチ」(KADOKAWA/メディアファクトリー)2014年10月号の人気キャラランキングで1位に選ばれるなど、もっとも人気のあるキャラでもある。

 なぜ、そのリヴァイが映画に登場しないのか。原作ファンの間では推測がとびかっている。160cmの身長やそれに反して65kgもある体重という設定、イメージに合う俳優がいないことが登場しない理由ではなどと推測されているが、本当にそれだけなのだろうか。身長や体重ぐらいの設定なら、エレンの幼馴染であるミカサ・アッカーマン演じる水原希子や調査兵団でリヴァイとともに上司のエルヴィン・スミスを支える分隊長のハンジ・ゾエを演じる石原さとみだって違う。

 実はファンの間では、単にイメージに合う人がいないというだけでなく、ある説が囁かれている。それは、「腐女子に叩かれるのが怖くて、ビビって逃げた」というもの。

 そもそも『進撃の巨人』がここまで脚光を浴びたのは、女子とりわけ腐女子からの人気によるところも大きい。講談社社長・野間省伸氏も「日経MJ」11月4日号のインタビューで「進撃の巨人は女性読者を取り込みました」と語っている。とくにリヴァイは、「an・an」(マガジンハウス)や「FRaU」(講談社)といった女性誌でも表紙を飾り、特集が組まれるほど多くのファンを持つ。リヴァイを主人公に据えた外伝「進撃の巨人 悔いなき選択プロローグ」(漫画・駿河ヒカル、企画原案・砂阿久雁(ニトロプラス)、原作・諌山創/講談社)を少女マンガ誌の「ARIA」で連載すると、掲載号が売り切れたほど。

 腐女子といえば、いわゆるBL(ボーイズラブ)を好む女子だが、『進撃の巨人』は言うまでもなくBL作品ではない。にもかかわらず、リヴァイが腐女子の心を掴んだシーンをいくつか見てみよう。

 まず、あまりにも有名なのが、審議所で拘束されているエレンをリヴァイ兵長が観衆の前で容赦なく蹴りまくる場面。そこでリヴァイはエレンにこう語る。「今お前に一番必要なのは 言葉による「教育」ではなく「教訓」だ しゃがんでるから丁度蹴りやすいしな」。そのうえ、下から睨みあげるエレンの顔面を踏みつけるのだ。この一方的な“調教シーン”に萌えた人は多い。

 しかし、腐女子はただ目つきの悪い人類最強のチビがドSっぷりを発揮していることに萌えているわけではない。実はこれ、解剖されそうになっていたエレンを救い、彼の希望通り調査兵団に入れるための芝居だったのだ。そして、無事にエレンを調査兵団として迎え入れたあと、彼に「俺を憎んでいるか?」と尋ねるリヴァイ。エレンが多少怯えながらも「い…いえ 必要な演出として理解してます」と答えると、「ならよかった」と無表情で返す。目つきも口も悪く、感情が読みにくいので一見冷徹に見えるが、実は仲間思いで不器用なだけという彼のギャップは、腐女子に妄想の余白を与える。エレンを蹴ったときに「しゃがんでるから丁度蹴りやすいしな」と、思わず本音がこぼれてしまうところも腐女子にはかわいく映るのだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

『進撃の巨人』諌山創が腐女子ウケ狙いを告白!なのに実写版でリヴァイがいないのはなぜ…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。田口いなす腐女子諌山創進撃の巨人の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
2 吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
5 乙武洋匡が不倫旅行、5人の女性と関係
6 古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
7 「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
8 浅田真央の父逮捕にマスコミ沈黙
9 橋下徹バラエティ復帰でヒドい二枚舌
10 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
11 国会審議で「総理は嘘つき」が“侮辱罪”にあたる可能性を政府は否定せず
12 ムツゴロウさんに動物虐待の過去?
13 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
14 岸田政権の“改憲”の本命「緊急事態条項」はこんなに危ない!
15 ロシア入国禁止リストに“安倍元首相の名前なし”で「やっぱり」の声!
16 【2020年読まれた記事】菅首相に飛ばされた元総務官僚が語った恐怖支配!「あそこまでひどい人は…」
17 坂上忍『バイキング』打ち切りはフジ上層部による政権批判潰し
18 BiSが「死んで」メール出した相手
19 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
20 マキタスポーツ「安倍は何の魅力もない」
1「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
2自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
3維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
4ロシア入国禁止リストに“安倍元首相の名前なし”で「やっぱり」の声!
5古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄