『進撃の巨人』諌山創が腐女子ウケ狙いを告白!なのに実写版でリヴァイがいないのはなぜ…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 その問題のインタビューが掲載されているのは、『進撃の巨人』特集が組まれた「BRUTUS」(マガジンハウス)12月1日号でのこと。そこで、インタビュアーからリヴァイの腐女子人気について「最初からそこを狙ったわけではありませんよね?」と聞かれた諫山は、次のように答えている。

「お姉さま方をがっかりさせてしまうかもしれませんが、自分の中にも腐女子がいるのかもしれないというか、これは腐女子にウケる気がする、というセンサーは働きました。『幽☆遊☆白書』の飛影みたいな雰囲気を狙っていて、造形ができた瞬間に「これはイケる」と確信したんです」

 そう、『進撃の巨人』はたまたま腐女子に人気になったのでなく、あらかじめ腐女子ウケを意識して描かれた作品だったのである。原作者である諌山が腐女子ウケを意識し、“自分の中にも腐女子がいる”とまで語っているのだ。腐女子を意識して映画の設定を変える、というのも十分考えられるのではないか。

『進撃の巨人』では、リヴァイ以外にもエレンの同期でライバル的存在でもあるジャンや、同じく同期のライナー・ブラウンとベルトルト・フーバーという同郷コンビなど、腐女子に好かれるキャラが多い。特に、人間臭さが魅力であるジャンの人気は高く、彼を好きすぎて語尾が「じゃん」になってしまう“ジャンフルエンザ”にかかる人々まで登場し、世界中の腐女子に猛威を振るった。また、作中で女性キャラに「女の方に興味があるようには見えなかったんだが……」と言われたライナーの誕生日が8月1日(801やおい)だったり、Blu-ray & DVD第7巻のブックレットでは「BL指数は高めなだけに、ジャンやアルミンも狙われている!? 目つきが危ない……。」という紹介文をつけられたりもしている。

 でも、こういったネタや上にあげたリヴァイとエレンの関係性もすべて諫山の計算だったとしたら、どうだろう。

 初期設定として男が好きと書かれていたり、何もない状態であからさまに関係性を描写したり、過去も含めて事細かく描きすぎると腐女子は萎えるし、妄想しようという意欲がわかない。しかし、諫山はそれをよくわかっているのか、前出の「ダ・ヴィンチ」2014年10月号のインタビューでも「キャラクターは多くを語らせないように描いています」と語った。でも、妄想のきっかけとなるタネやつなぎ合わせるための点は必要。そこで公式が上にあげたようなネタでときたま“燃料投下”してくると、さらなる盛り上がりを見せる。『進撃の巨人』にはそれらが絶妙に配置されているのだ。もし、これらの関係性や余白まで諫山が計算して意図的に作り出していたとしても、彼のなかに“腐女子がいる”のなら納得できる。

 それにしても、腐女子のツボをここまでおさえた、諌山の腐女子力は相当なものといえるだろう。彼の腐女子センサーのおかげで、『進撃の巨人』は腐女子層をゲットし、これほどの人気を得てきたのかもしれない。

 とすると、「腐女子をガッカリさせないために、あえてリヴァイ出さない」というのも、これだけ腐女子心をおさえた作品なら、あながちあり得ない話ではないし、賢明な判断かもしれない。原作に忠実すぎるあまり、マンガ的なキャラクターをそのまま生身の人間に置き換えて滑稽なことに……というのは、これまで幾多のマンガ原作の実写化が踏んできた轍だ。

 リヴァイのいない劇場版『進撃の巨人』でどれほどの集客が見込めるのか。この選択がどちらに転ぶかはわからないが、映画版にもしっかり関わっているという諌山の腐女子力とリヴァイの代わりに登場するシキシマに期待したい。
(田口いなす)

最終更新:2018.10.18 04:46

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

『進撃の巨人』諌山創が腐女子ウケ狙いを告白!なのに実写版でリヴァイがいないのはなぜ…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。田口いなす腐女子諌山創進撃の巨人の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 NZモスクテロ事件容疑者が日本の「多様性のなさ」を賞賛!
2 指原莉乃がウーマン村本を「政治語るな」批判
3 高須院長〈アウシュビッツは捏造〉問題をマスコミはなぜ報じない?
4 田崎スシローが望月衣塑子記者を「トンチンカン」と攻撃
5 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
6 安倍首相にマッチョ批判
7 フジ『バイキング』で金美齢が部落差別
8 グッディ!土田マジギレ真の原因
9 五輪汚職のJOC竹田会長居座りを許すマスコミの電通タブー
10 ピエール瀧逮捕報道で炎上した深澤真紀は間違ってない
11 『報ステ』がまた政権批判アナ排除
12 沖縄2紙の記者を警察が拘束する暴挙
13 自民党NHK受信料義務化の狙いは?
14 産経新聞が社員の1割をリストラ
15 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
16 山本太郎を評価せよ!
17 ウーマン村本と宇賀なつみのテレビ批判に羽鳥慎一が
18 安倍政権が米ジャパンハンドラーに3億円の寄付
19 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
20 玉川徹が中国人のマナーをあげつらう自番組を批判!
1安倍首相が隠した原発事故の責任
2 震災から8年、安倍政権の被災者切捨て
3田崎スシローが望月衣塑子記者を「トンチンカン」と攻撃
4 電力会社の原発広告復活! 関西電力、九州電力は3倍増に
5指原莉乃がウーマン村本を「政治語るな」批判
6ピエール瀧逮捕報道で炎上した深澤真紀は間違ってない
7安倍自民党「公約の9割成果」の嘘を検証
8高須院長〈アウシュビッツは捏造〉問題をマスコミはなぜ報じない?
9『報ステ』がまた政権批判アナ排除
10安倍独裁で“法の番人”内閣法制局長官までネトウヨ化!
11安倍政権が米ジャパンハンドラーに3億円の寄付
12安倍首相が元号を私物化!「新元号は日本の古典から」のインチキ
13 安倍が再びバノンから「偉大なヒーロー」と
14安倍首相が“外国人労働者受け入れ”でもお友達優遇か
154人のヘイトデモを大量の警察官が守る異様な過剰警備!
16参院選出馬説の貴乃花が危険な極右オカルト発言!
17 防衛省元幹部が新基地建設事業投資ファンドの広告塔に
18酩酊状態にさせ暴行して無罪!甘い性犯罪判決の背景
19五輪汚職のJOC竹田会長居座りを許すマスコミの電通タブー
20百田尚樹vs古市憲寿、ウソついたのは

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄