上戸彩『昼顔』より過激!「妻も夫も公認で不倫」を実験してみた結果…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
uetohiro_01_140724.jpg
テレビドラマ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』オフィシャルサイトより

「わたしたちは、しるべのない深い森にふたりで足を踏み入れました」──いま、世間に賛否両論を巻き起こしている不倫ドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(フジテレビ系)が、ついに今日25日に最終回を迎える。放送前は「上戸彩に不倫妻は似合わない」「どうせたんなるドロドロ系」と評判は芳しくなかったが、先週の放送では最高となる視聴率16.7%を記録。今期いちばんの話題作となった。

 高視聴率の理由には、セックスレスの妻・上戸が恋に落ちる、堅物の高校教師を演じる斎藤工のいかにも不器用で木訥とした雰囲気や、冒頭に紹介したような上戸のモノローグのロマンチックさも挙げられるが、既婚女性たちが大いに共感したのは、男遊びを繰り返すことで高圧的な夫から自分を守ってきた裕福な主婦を演じる吉瀬美智子の本音すぎる台詞にもあるだろう。

「結婚は平穏と引き換えに情熱を失うものだから」
「恋愛すれば、夫のパンツだって気前よく洗えるわ」
「どうして穏やかに笑っていられたかわかる? 不倫してたからよ」

 ──結婚生活は平穏だけど、退屈。同じような理由で夫も不倫に走ることも多いと思うが、社会現象となった『金曜日の妻たちへ』(1983年放送、TBS系)をはじめ、不倫をテーマにしたドラマで世間の注目を集めるのは、妻の“不貞”の物語ばかりだ。どれだけ時代を経ても、どんなに女性の肉食化がトピックになっても、妻の貞操がいかに重要視されているかということがよくわかる話でもある。

 しかし、こうした“不平等”に対して、「夫と同じように妻も不倫のパートナーをもったっていいじゃないか」と叫び、実践した人たちがいる。しかも、いまから40年も前に、だ。

 そのきっかけは、アメリカの社会学者オニール夫妻が提唱した“オープン・マリッジ”にある。1973年にふたりが書き上げた『オープン・マリッジ 新しい結婚生活』(河出書房新社、日本では75年に出版)は、アメリカで2年間に渡って連続ベストセラーとなるほど社会に大きなインパクトを与えた。まずは、その内容を紹介しよう。

 オニール夫妻が訴えたのは、当時(そしていまも続く)結婚のかたちは「閉鎖型」であるということだ。閉鎖型結婚というものは「自分では少しも気づかぬうちに、こっそりとすきをねらって、自分の自由と主体性を締め出しはじめ、やがて自分を結婚の奴隷にしてしまうのである」というのである。

 その具体例は多岐に及ぶ。一例が、妻が家事を担当するという役割の分担。これはいまも批判されていることだが、親類との付き合いも「結婚は夫と妻の間で行われるものだけでなく、全体の人間関係や義理のしがらみとの結びつきである」とオニール夫妻は言及。さらに、友人との付き合いを優先させることで夫婦間に生じる小さな不満も、「結婚した配偶者は相手だけに属し、他のだれにも属さない」という“非現実的な理想の上にできあがった所有観”だと本書は指摘する。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

脱常識の社会学 社会の読み方入門

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

上戸彩『昼顔』より過激!「妻も夫も公認で不倫」を実験してみた結果…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。上戸彩不倫田岡 尼の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 日露外相会談の大失態を必死で隠す安倍政権
2 松本人志が指原莉乃に悪質セクハラ差別発言! 
3 東京五輪が日中戦争でなくなる?
4 JOC竹田会長が女性死なせる交通事故
5 NGT48問題でも秋元康の“無責任”
6 追悼!市原悦子が生前語った安倍政権への怒り、反戦の思い
7 つんく♂が秋元のメンバー差別に
8 産経と菅官房長官が「辺野古赤土投入問題」追及の望月記者を攻撃
9 純烈・友井報道で芸能マスコミジャニーズ御用体質 
10 AKBと電通のシークレット飲み会
11 安倍首相の“サンゴ移植した”嘘を追及しない本土メディア
12 常盤貴子絶賛!『野火』が描いた戦争
13 収賄疑惑の甘利大臣がバンダイとも
14 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
15 仏司法当局が東京五輪誘致汚職で竹田恒和JOC会長の捜査開始!
16 文春が東京五輪を!電通元専務に金
17 安倍政権の反韓煽動が酷い!「韓国へ渡航禁止」まで主張
18 DA PUMPがEXILEに挑戦状
19 つんく♂「アイドルの恋愛」発言に騒然
20 古舘の後任に浮上!安住紳一郎の悪評
1安倍首相が辺野古の土砂投入で「サンゴを移した」と大嘘
2安室、上田、芸能人よく言った大賞前編
3 消費増税反対の内閣官房参与“退職”の裏に官邸の圧力
4クイーンのB・メイ辺野古署名に『ボヘラプ』鑑賞の安倍首相は…
5追悼!市原悦子が生前語った安倍政権への怒り、反戦の思い
6元日『相棒』が今年も安倍政権批判!
7安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
8ローラ、村本、りゅうちぇる芸能人よく言った大賞後編
9所ジョージが沖縄米軍基地反対ソング! 
10ウーマン村本、ローラ…権力批判芸能人を排除する醜悪メディア
11安倍首相の“サンゴ移植した”嘘を追及しない本土メディア
12早野龍五・被曝論文に重大誤り!お墨付き与えた糸井重里の責任
13たけしの性差別発言はなぜ問題にならない?
14安倍首相の改憲キャンペーンに松本人志、小藪千豊らが協力?
15 仏司法当局が東京五輪誘致汚職で竹田恒和JOC会長の捜査開始!
16産経と菅官房長官が「辺野古赤土投入問題」追及の望月記者を攻撃
17 ゴーン前会長出廷で露呈した特捜部の無理スジ国策捜査
18 バカリズム、指原莉乃が外国人労働者問題で差別丸出し
19平沢勝栄だけじゃない自民党の性差別 
20安倍政権の反韓煽動が酷い!「韓国へ渡航禁止」まで主張

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄