脱いでない写真集『脱ぎやがれ!』あえて言う!大島優子は脱ぐべきだった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
oshima_01_140923.jpg
大島優子写真集『脱ぎやがれ!』(幻冬舎)

 6月にAKB48を卒業、今後は「女優でいく」と宣言している大島優子。そんな大島が、卒業後初となる写真集を出したのだが、世間ではその中身に賛否両論が巻き起こっている。『脱ぎやがれ!』(幻冬舎)とタイトルから挑発的なこの写真集を撮影したのは、大島が初めてセンターを務めた「ヘビーローテーション」のミュージックビデオも担当した蜷川実花。気心が知れていることと撮影者が女性ということもあってか、今回の写真集にはかなり大胆なショットも収録されているのだ。

 まず、表紙からしてすごい。腰まで海に浸かった状態で上半身は裸に手ブラ。水着も淡いピンク色なので、波の屈折や反射によっては全裸にも見える。一見かなり過激でエロい構図に思えるが、そんな姿と大島の無邪気な笑顔のギャップによって、エロすぎず、元気で健康的な彼女のイメージにピッタリな作品に仕上がっている。

 ほかにも、自分を抱きしめるようにクロスした腕で胸を隠したり、手で胸を押さえながら、自ら水着を脱ぎ捨てる過程を収めたものや、片手で両乳首を隠す手ブラ写真などもあり、胸の谷間や横乳、下乳までも存分に拝める。巨乳としても知られる大島だけに、赤いマニキュアを塗った指が柔らかそうな胸にめり込む様子も、かなりそそられるのではないか。

 また、下着姿の写真では、背中側のブラの紐がねじれているという抜けた部分がリアルでつい視線も惹きつけられてしまう。おまけに、その下着というのが肌色に近い淡いピンクで、シースルーになっているのだ。だから、乳首が透けているようにも見えて、陰影のせいでそう見えるのか、それとも本当に乳首なのか、気になってますますまじまじと凝視してしまう。それ以外に、チューブトップ姿も多く収められており、とくにハンカチのような布をブラのように胸元で結んだだけの衣装では、乳首が見えるか見えないかのギリギリまで露出している。

 さらに、胸だけでなく、お尻もなかなか大胆に見せている。

 たとえば、エメラルドグリーンとヒョウ柄のピタッとしたスポーティーな下着姿では、お尻の形がくっきりと浮かび上がり、そこからはみ出た下尻のムチムチ感も堪能できる。Tバックのようなレースの白い下着姿でのバックショットは、お尻の丸みまでほぼすべて見えているのだ。そのうえ、水着のゴムの部分に両手の親指をかけ、横に引っ張った状態の写真もある。しかも、少し下にずらしているため、お尻の割れ目も見えてしまう半ケツ状態。

 ほとんど脱いでるのと変わらないくらいの露出具合。確かに、がんばっている。なかなかに、エロい。しかし──。ここまで煽って煽って書いてきたが、この『脱ぎやがれ!』、根本的なところで全然ダメ。大失敗だ。なぜなら、“脱いでいないから”である。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

脱ぎやがれ! 大島優子写真集特大ポスター付き(全3種のうち1枚封入)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

脱いでない写真集『脱ぎやがれ!』あえて言う!大島優子は脱ぐべきだったのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AKB48島原らんの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
2 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
3 悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
4 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
5 中曽根康弘「慰安所つくった」証言と「土人女を集め慰安所開設」文書
6 『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
7 山口達也の事件をNHKが隠蔽していた
8 はあちゅうのセクハラ冷笑過去検証
9 安倍政権が消費者庁のジャパンライフ立入検査ツブシ、内部文書が
10 暴力団と安倍首相となべおさみの関係
11 大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
12 東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
13 菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
14 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
15 デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
16 菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
17 河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
18 安倍首相が政治資金報告書に“7千万円荒稼ぎ”記載も「桜を見る会」前夜祭は…
19 自民党がネトサポに他党叩きを指南
20 ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
1 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
2菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
3菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
4安倍首相は本当に病気だったのか? 辞任表明以降一度も病院に行かず
5デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
6ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
7菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
8安倍首相が昨晩、フルコースを完食しワイン、ゴルフの約束まで! 
9東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
10菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
11悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
12菅政権の官房長官に決定 加藤勝信厚労相がコロナ対応で見せた無能
13菅義偉“総理”誕生で権力のために不正を働く「忖度官僚」だらけに
14大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
15大坂なおみの黒人差別抗議マスクに冷ややかなマスコミとスポンサー
16河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
17菅内閣が「第三次安倍政権」化! 6月の時点で密約説
18『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
19三浦瑠麗が特別講師「N高政治部」で麻生太郎が民主主義否定の暴言
20杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄