脱いでない写真集『脱ぎやがれ!』あえて言う!大島優子は脱ぐべきだった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 こう言うと、「落ちぶれたわけでもない、トップアイドルが脱ぐワケないでしょ」と思われるかもしれない。たしかに、最近はアイドルも女優もみんな脱がない。セクシー写真とか過激シーンとか言いながら、だいたいこれくらいでお茶を濁しているパターンばかりだ。

 しかし、70年代終わりから90年代までは第一線の芸能人たちが、けっこう脱いでいた。秋吉久美子、松坂慶子、大竹しのぶ、原田美枝子、桃井かおり、樋口可南子、黒木瞳、今井美樹……。彼女たちは決して落ちぶれて脱いだのではない。鮮烈にヌードでデビューを飾る女優も少なくなかった。最近ではせいぜい『蛇にピアス』の吉高由里子くらいのものだろう。その吉高だって売れっ子となった今はもう脱がない。

 女優が作品のなかで必然性があって脱ぐのと、アイドルが写真集で脱ぐのとはちがうというかもしれないが、アイドルだって脱いでいる。

 大島が11月に公開される映画『紙の月』で共演する宮沢りえは、かつて全盛期だった1991年に何の前触れもなく、突然ヘアヌード写真集『Santa Fe』を出した。清純派だった17歳の少女のヘアヌード写真集は当然大きな話題となり、150万部を超える売り上げを叩き出し、未だにその記録は破られていない。また、菅野美穂も20歳の時に『NUDITY』でヌードを披露。どちらも、落ち目になって脱いだわけではない。その後も仕事の幅を広げ、現在まで人気女優としての活躍を続けている。

 こういうことができなくなってしまったのは、時代のせいもある。芸能界が保守的になり、空気を読める優等生的なタレントばかりが重宝され、冒険は許されない。CM契約の縛りなどもどんどん厳しくなっている。その背景には、世間の保守的な風潮もあるだろう。脱ぐこととかエロに対して10年前、20年前よりはるかに風当たりが強くなっている。“処女厨”といわれるファンも増えてきた。彼らは清純派イメージに固執し、少しでもそのイメージを外れると「ビッチ!」「裏切られた!」と叩く。

 実際、大島が脱ぐことに対して、ファンから批判的な意見があった。この中途半端な『脱ぎやがれ!』ですら、表紙の手ぶら写真が公開されただけで、ネット上では「下品」「アイドルの仕事じゃない」「さすがに引くわ」「服着やがれ!」といった声も多くあがっていた。

 でも、だからこそ、大島優子は脱ぐべきだった。そうすれば、芸能界やファン、世間、芸能界の価値観を一気に転倒できた。AKB時代に敵うことのなかった前田敦子を一発大逆転することだってできただろう。ファンや世間の期待を大きく裏切ってこそ、新しい大島優子が再生されたはずだったのだ。AKBを卒業し、女優として新しい一歩を踏み出そうとしていたのだから。

 しかし、もう遅い。もし、今後脱ぐことになっても、「売れなくなって追い込まれたから脱いだ」という印象にしかならないだろうし、中途半端に手ブラや半ケツ姿を披露してしまった彼女にとって、もはやフルヌードもインパクトはないだろう。今後、大島は女優として成功していけるのだろうか。この中途半端さが彼女の女優人生の行く末を暗示しているような気がしてならない。
(島原らん)

最終更新:2018.10.25 12:38

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

脱ぎやがれ! 大島優子写真集特大ポスター付き(全3種のうち1枚封入)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

脱いでない写真集『脱ぎやがれ!』あえて言う!大島優子は脱ぐべきだったのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AKB48島原らんの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
2 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
3 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
4 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
7 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
8 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
9 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
10 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
11 岡田斗司夫“ゲス”の秘密が著書に!
12 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
13 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
14 統一教会が安倍トランプ会談を仕掛けた
15 DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
16 自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
17 堀江、竹中だけじゃない 菅首相に「がんばった」と同情論寄せる世論
18 山口敬之逮捕を握り潰した“官邸の忠犬”中村格が警察庁ナンバー2に!
19 「政治のせいで命失う」正論を口にした野々村真が炎上させた自民党応援団!
20 松尾スズキが“加トちゃん化”?
1安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
3八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
4高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
5山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
6総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7河野太郎がワクチンを総裁選に利用!はじめしゃちょー相手にデマも
8堀江、竹中だけじゃない 菅首相に「がんばった」と同情論寄せる世論
9「政治のせいで命失う」正論を口にした野々村真が炎上させた自民党応援団!
10河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
11安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
12自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
13 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
14DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄