石原さとみも“例のプール”に! 場所だけでエロい“例のプール”の秘密

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
pool_01_140910.jpg
日本一有名なプールって?『例のプール』(アスペクト)

 男性なら知らない者はいないと言われる“例のプール”。みなさんは、ご存じだろうか? そう。多くのAVで頻繁に登場するあのプールのことだ。

 最近は『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)でも取り上げられるなど、一般的にも有名になった。ネットで「例のプール」と、検索してみると、大量の写真やイラスト、アスキーアートが出てきてモニターが水色で埋め尽くされてしまうほどだし、テレビやアイドルのミュージックビデオ、マンガなどにも登場するようになった。

 しかし、この有名すぎる“例のプール”、実際はどういう場所なのかきちんと知っている人は意外と少ないのではないだろうか。そこで、“例のプール”についてまとめた『例のプール』(例のプール研究会/アスペクト)から、その裏側はどうなっているのか見てみよう。

 まず、“例のプール”があるのは、都内の貸スタジオ。その中に屋内温水プールがあり、それが2〜3年前からネットなどでこう呼ばれ始めたらしい。

 この貸スタジオには、“例のプール”以外にもさまざまな部屋があるのだが、これらの部屋もなかなかすごい。1階にはバーカウンターのある応接室に大理石のバスルーム、2階にはルーレットなどの遊技台が置かれたカジノスペース、その隣には社長室のような書斎、ロビーには大きなシャンデリアと、かなり豪華なつくりになっているのだ。

 もともと、某大物有名人の持ち物だったとも言われており、スタジオとして借りられるようになった当初から話題になっていたという。実際、例のプール研究会が調べたところ、それはほぼ確実だそうで、いったい誰なのか知りたいものだ。

 それだけでなく、このビルにはかつてみうらじゅんの事務所も入っていたという。こちらは、本人がブログで触れていたことからわかったようだが、こうした有名人たちにも気に入られるような立地と建物ということらしい。

 また、収録されている写真を見るとわかるのだが、“例のプール”は案外狭い。おまけに、プールサイドの一辺は操作盤やプールの機材がむき出しになっている状態なので、撮影できるスペースや角度が限られており、どうしても似たようなアングルになってしまう。その結果、画面にほぼ必ず開閉式の特徴的な窓が左側に映り込むため、視聴者も「あれ? このプールどこかで見たことが……」と思い当たることになるというわけだ。

 しかし、“例のプール”ネタが盛り上がるのは、実はAVで使われたときではない。「AVで使われてるところが他で使われてる」ときこそ、大きな盛り上がりを見せるのだ。たとえば、昨年放送された『世にも奇妙な物語』(フジテレビ)では、石原さとみが“例のプール”デビューをしたことで、ネットで「例のプールキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」「石原さとみが例のプールに…!」と話題になり、Twitterのトレンド入りまで果たした。

 日曜の朝に放送されていた『仮面ライダーW』『仮面ライダーフォーゼ』(テレビ朝日)でも、“例のプール”が使われているシーンがある。もしかすると、子どもと一緒にテレビを見ていて、朝からドキッとしたお父さん方もいたかもしれない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

石原さとみも“例のプール”に! 場所だけでエロい“例のプール”の秘密のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ブログ島原らん石原さとみの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
2 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
3 大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
4 河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
5 ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
8 安倍政権が消費者庁のジャパンライフ立入検査ツブシ、内部文書が
9 区立中学の性教育に自民党が圧力!
10 自民党のネット誹謗中傷対策メンバーの平井卓也が女性蔑視書き込み
11 安倍晋太郎が山口会長に「金儲けの秘訣を教えて」と懇願した夜
12 菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
13 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
14 止まらない岡田晴恵バッシング!「週刊新潮」が「予言外れた」と的外れ批判
15 乃木坂46歌唱で『セーラー服を脱がさないで』歌詞の女性蔑視に非難殺到!
16 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
17 『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
18 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
19 佐川誘導尋問、丸川珠代の本質を見抜いていたマツコ
20 安倍首相の病状説明に矛盾 「体調異変」と説明した時期にステーキ
1菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
2菅官房長官がテレビでもポンコツ露呈!『報ステ』では徳永有美に陰険クレーム
3菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
4安倍首相は本当に病気だったのか? 辞任表明以降一度も病院に行かず
5つるの剛士が畑泥棒を「近くの工場で働いてる外国人」「あそこ怪しすぎる」
6デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
7ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
8安倍首相が昨晩、フルコースを完食しワイン、ゴルフの約束まで! 
9菅政権の官房長官に決定 加藤勝信厚労相がコロナ対応で見せた無能
10菅義偉“総理”誕生で権力のために不正を働く「忖度官僚」だらけに
11総裁選で自民党がまた新聞社に圧力文書!
12東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
13大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
14大坂なおみの黒人差別抗議マスクに冷ややかなマスコミとスポンサー
15菅内閣が「第三次安倍政権」化! 6月の時点で密約説
16河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
17日産への政府保証1300億円は「半沢直樹」のモデル日本航空の倍!
18三浦瑠麗が特別講師「N高政治部」で麻生太郎が民主主義否定の暴言
19『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
20乃木坂46歌唱で『セーラー服を脱がさないで』歌詞の女性蔑視に非難殺到!

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄