“ママ友いじめ”江角マキコを大物作家、弁護士が味方でマスコミ右往左往

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
esumimakiko_01_140813.jpg
「江角マキコ オフィシャルブログ」より


 長嶋一茂宅への落書きが暴露されるなど、芸能メディアによる総バッシングといった様相を見せていた江角マキコの“ママ友いじめ”問題。だがここにきてその状況が変化しつつあるらしい。ママ友の江角批判を最初に掲載した「女性セブン」(小学館)10月2日号が一転、「江角マキコ号泣! そして復讐を誓った「魔女狩り教室」全内幕」と題して、江角に対するママ友側の卑劣な仕打ちを詳細に掲載したのだ。今後は、他メディアも江角バッシングから擁護へとトーンを変えていくのでは、との見方がメディア界で急速に広まっている。

 まず、要因のひとつとして囁かれているのがある大物作家の存在だ。NHK『花子とアン』絡みでも話題になった作家の林真理子がさまざまなメディアに、江角擁護を働きかけているのだという。

「林さんは特別、江角さんと親しいわけではないようですが、自分の子どもを同じように小学校から青山学院の付属に通わせていた関係で、様々な情報も入ってくるようです。また、江角がいじめられた背景には、青学では両親の出身地が地方だと露骨な差別があるということがあるらしいんですが、同じように地方出身の林さんとしては身につまされた部分もあったのかもしれません。自分と関係のあるメディアに『江角さんが可哀想』『酷いことをされているのは江角さんの方』と盛んに訴えているようなのです」(文芸関係者)

 林はまず、長年、連載コラムをもっている「週刊文春」(文藝春秋)に働きかけたらしいが、「文春」は江角のマネージャーが江角との関係がこじれた長嶋一茂宅へ“バカ息子”などの落書きをした一件を報道するなど、江角叩きの急先鋒だったため、一蹴されたという。そこで、小学館の「週刊ポスト」「女性セブン」へ働きかけた結果、「セブン」が林の意向を汲んで前述のような江角擁護とも取れる記事を掲載したのではないか、といわれている。

「そもそも林は青学絡みのことに関しては、どうしても口を挟みたい、一枚噛みたいという思いもあるようです」(前同)

 今年4月、「週刊新潮」(新潮社)5月1日号が楽天ナンバー2の國重惇史副会長のW不倫を報道した際も、國重の子どもが青学付属に通っていたことから、「登校できなくなった」「かわいそう」などと盛んに訴えていたという。

 しかし、実は今回の状況の変化には、この林以上に大きな影響力を与えている存在がある。それは、江角に大物弁護士の矢田次男氏がついたことだ。

「江角は最近になって矢田弁護士に、メディア対応などを依頼したらしい。矢田といえば、バーニングやジャニーズなど芸能界の大手事務所の顧問弁護士として知られた大物弁護士。今後、江角批判の記事に対する訴訟の恐れもありますが、それ以上に矢田が江角の代理人になったということは、江角騒動に対して芸能界の“ドン”であるバーニングが仲裁や手打ちに動いているのではないか。記者たちの間ではそんな噂がとびかってヘタに江角批判ができなくなっている状況です」(週刊誌記者)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

もう迷わない生活 (集英社文庫)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

“ママ友いじめ”江角マキコを大物作家、弁護士が味方でマスコミ右往左往のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。江角マキコ田部祥太の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 百田尚樹『日本国紀』にネットから総ツッコミ
2 やっぱり安倍政権の外国人実習生調査結果は嘘だった!
3 TDLが訴えた2人の女性キャストに口止め通達
4 安倍政権がひた隠しにする外国人労働者の“奴隷”実態
5 安倍官邸「FTA言葉狩り」でNHKが忖度訂正
6 BTSファン「ARMY」がスゴイ!国境を超える連帯と勇気
7 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
8 BTSの『Mステ』締め出しは原爆を口実にした韓国ヘイト
9 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
10 安倍「徴用工でなく労働者」と言い換えも麻生家の炭鉱は「朝鮮人地獄」
11 原節子がユダヤ陰謀論にはまっていた
12 BTSを「ナチス礼賛だ」と歪曲攻撃したナチ信奉者たち
13 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
14 ディズニーからバイトが次々逃げ出し!
15 安倍政権が北方領土のため「年金の金」でプーチンに貢ぎ物計画
16 又吉も?厳しすぎる作家の金銭事情
17 安倍政権の水道民営化強行の裏! 日本の水道が崩壊
18 植村隆の名誉毀損裁判で不当判決!櫻井よしこの捏造を無視
19 吉川晃司が「俺は現政権がでえっ嫌い」
20 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
1安倍政権の水道民営化強行の裏! 日本の水道が崩壊
2BTSの『Mステ』締め出しは原爆を口実にした韓国ヘイト
3安倍官邸「FTA言葉狩り」でNHKが忖度訂正
4片山さつきだけじゃない! “ほぼ全員スキャンダル内閣”
5マイケル・ムーア監督が安倍首相と日本の民主主義に危機感
6植村隆の名誉毀損裁判で不当判決!櫻井よしこの捏造を無視
7安倍政権が北方領土のため「年金の金」でプーチンに貢ぎ物計画
8安倍「徴用工でなく労働者」と言い換えも麻生家の炭鉱は「朝鮮人地獄」
9安倍首相が「文化の日」を「明治の日」に
10田崎史郎にも“国会通行証”疑惑が浮上!?
11安倍首相も桜田五輪相と同じ「事前通告がない」ウソの常習犯
12徴用工問題は本当に解決済みなのか?
13安倍政権がひた隠しにする外国人労働者の“奴隷”実態
14竹田恒泰が慰安婦像に「鼻クソの刑」ツイートの愚行
15BTSファン「ARMY」がスゴイ!国境を超える連帯と勇気
16BTSを「ナチス礼賛だ」と歪曲攻撃したナチ信奉者たち
17やっぱり安倍政権の外国人実習生調査結果は嘘だった!
18入管法改正をめぐる安倍政権のデタラメ
19米・中間選挙を前に「トランプNO」ミュージシャンが続々
20トランプ中間選挙会見で「晋三は自動車関税のことでハッピー」と皮肉

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄