“ママ友いじめ”江角マキコを大物作家、弁護士が味方でマスコミ右往左往

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
esumimakiko_01_140813.jpg
「江角マキコ オフィシャルブログ」より


 長嶋一茂宅への落書きが暴露されるなど、芸能メディアによる総バッシングといった様相を見せていた江角マキコの“ママ友いじめ”問題。だがここにきてその状況が変化しつつあるらしい。ママ友の江角批判を最初に掲載した「女性セブン」(小学館)10月2日号が一転、「江角マキコ号泣! そして復讐を誓った「魔女狩り教室」全内幕」と題して、江角に対するママ友側の卑劣な仕打ちを詳細に掲載したのだ。今後は、他メディアも江角バッシングから擁護へとトーンを変えていくのでは、との見方がメディア界で急速に広まっている。

 まず、要因のひとつとして囁かれているのがある大物作家の存在だ。NHK『花子とアン』絡みでも話題になった作家の林真理子がさまざまなメディアに、江角擁護を働きかけているのだという。

「林さんは特別、江角さんと親しいわけではないようですが、自分の子どもを同じように小学校から青山学院の付属に通わせていた関係で、様々な情報も入ってくるようです。また、江角がいじめられた背景には、青学では両親の出身地が地方だと露骨な差別があるということがあるらしいんですが、同じように地方出身の林さんとしては身につまされた部分もあったのかもしれません。自分と関係のあるメディアに『江角さんが可哀想』『酷いことをされているのは江角さんの方』と盛んに訴えているようなのです」(文芸関係者)

 林はまず、長年、連載コラムをもっている「週刊文春」(文藝春秋)に働きかけたらしいが、「文春」は江角のマネージャーが江角との関係がこじれた長嶋一茂宅へ“バカ息子”などの落書きをした一件を報道するなど、江角叩きの急先鋒だったため、一蹴されたという。そこで、小学館の「週刊ポスト」「女性セブン」へ働きかけた結果、「セブン」が林の意向を汲んで前述のような江角擁護とも取れる記事を掲載したのではないか、といわれている。

「そもそも林は青学絡みのことに関しては、どうしても口を挟みたい、一枚噛みたいという思いもあるようです」(前同)

 今年4月、「週刊新潮」(新潮社)5月1日号が楽天ナンバー2の國重惇史副会長のW不倫を報道した際も、國重の子どもが青学付属に通っていたことから、「登校できなくなった」「かわいそう」などと盛んに訴えていたという。

 しかし、実は今回の状況の変化には、この林以上に大きな影響力を与えている存在がある。それは、江角に大物弁護士の矢田次男氏がついたことだ。

「江角は最近になって矢田弁護士に、メディア対応などを依頼したらしい。矢田といえば、バーニングやジャニーズなど芸能界の大手事務所の顧問弁護士として知られた大物弁護士。今後、江角批判の記事に対する訴訟の恐れもありますが、それ以上に矢田が江角の代理人になったということは、江角騒動に対して芸能界の“ドン”であるバーニングが仲裁や手打ちに動いているのではないか。記者たちの間ではそんな噂がとびかってヘタに江角批判ができなくなっている状況です」(週刊誌記者)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

もう迷わない生活 (集英社文庫)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

“ママ友いじめ”江角マキコを大物作家、弁護士が味方でマスコミ右往左往のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。江角マキコ田部祥太の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 キャンセル続出も…「五輪観戦子ども動員」ラグビーでは1試合1万3千人!
2 赤木ファイル公開で改ざん指示は安倍から菅、菅から佐川のルートが濃厚に 
3 宮本亞門が衝撃告白「トップの方が裏で大金を渡し招致を決めたと自慢げに」
4 五輪映画監督の河瀨直美が露骨な五輪礼賛発言、反対の声を八つ当たり扱い!
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 「五輪子ども動員」強行のために東京都が“キャンセル案内文書”を隠蔽!
7 立民議員「50歳と14歳」問題でおぎやはぎが「多様性」「ロリータは名作」
8 “G7でぼっち”菅首相フォローのため甘利明やFNNが妄想ストーリー
9 五輪感染対策がザル化!開会式の観客は2万人、毎日PCR検査が抗原検査に
10 組織委が五輪取材の海外メディアに「隔離0日」になる“抜け穴”例文を提示!
11 安倍首相の1億総活躍社会はインチキ
12 安倍が天皇“お気持ち表明”に報復人事
13 平井卓也のヤクザ並み恫喝はオリパラアプリのデタラメ発注をごまかすため! 
14 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
15 五輪組織委の現役職員が異常な人件費と中抜きの実情を告発!
16 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
17 自殺した近畿財務局職員が手記であげた「刑事罰を受けるべき財務省職員」
18 国会延長拒否の菅政権が「土地規制法案」だけ強行採決へ!その危険な中身
19 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
20 聖火リレーの醜いスポンサーファースト 子どもにスポンサー品の着用強要
1赤木ファイル公開で改ざん指示は安倍から菅、菅から佐川のルートが濃厚に 
2「五輪子ども動員」強行のために東京都が“キャンセル案内文書”を隠蔽!
3「大阪の自宅死が全国最多」でも吉村知事を追及できないマスコミ 朝日も…
4組織委が五輪取材の海外メディアに「隔離0日」になる“抜け穴”例文を提示!
5G7で“借りてきたネコ”状態の菅首相をヨイショするためNHKがフェイク!
6平井卓也のヤクザ並み恫喝はオリパラアプリのデタラメ発注をごまかすため! 
7国会延長拒否の菅政権が「土地規制法案」だけ強行採決へ!その危険な中身
8吉村知事の大阪府は「時短協力金」支給も大幅遅れでダントツ最下位! 
9安倍晋三が「赤木ファイル」を冒涜するツイート!
10“G7でぼっち”菅首相フォローのため甘利明やFNNが妄想ストーリー
11五輪感染対策がザル化!開会式の観客は2万人、毎日PCR検査が抗原検査に
12五輪の有観客開催強行のため菅首相が会見で空疎な嘘を連発!
13宮本亞門が衝撃告白「トップの方が裏で大金を渡し招致を決めたと自慢げに」
14キャンセル続出も…「五輪観戦子ども動員」ラグビーでは1試合1万3千人!
15夫婦別姓もLGBT法案も安倍晋三がツブした!
16立民議員「50歳と14歳」問題でおぎやはぎが「多様性」「ロリータは名作」

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄