一見、普通の人なのに……性犯罪者の頭の中はどうなっているのか!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
seihanzai_140914.jpg
『性犯罪者の頭の中』(鈴木伸元/幻冬舎新書)

 公園で女性に向かって陰茎を露出する輩に、電車内で何食わぬ顔をして女性の尻を触る輩、はたまたすれ違い様に胸を揉むような者もいれば、夜道、強姦に及ぶ者もいる。性犯罪者は様々なシーンで女性(ときに男性)を脅かす存在だ。警察庁が公開している「平成24年の犯罪情勢」によれば、一昨年の強姦の認知件数は1,240件と前年よりも55件増えており、強制わいせつの認知件数は7,263件と前年よりもなんと393件も増えている。強姦は平成23年まで減少傾向にあったが平成24年には増加、強制わいせつは平成22年から増加傾向にある。

 そんな性犯罪者は、やることも気持ち悪ければ「外見も気持ち悪い人」と思われがちだが、実はそうではない。『性犯罪者の頭の中』(鈴木伸元/幻冬舎新書)に登場する「少女などに対して10件以上の性犯罪を繰り返していた」A受刑者、「強姦とのぞきで4年の懲役刑に服した」B元受刑者は、「いずれも結婚し、社会的にそれなりの地位となる職業についていた」という。A受刑者は「関東地方の中高一貫の某有名私立高校の出身」で首都圏の大学へ現役合格を果たしたのち、外資系企業で働いていた。B元受刑者は「地方で小さな会社を経営して」いる。

 彼らはいずれも一般的な社会生活を送りながら、日々犯行に及んでいた。端から見れば、満ち足りていて犯罪など犯す必要は全くなさそうなのに、である。一体彼らはなぜ性犯罪を犯し続けてきたのか? A受刑者は作者への手紙の中でこう記していた。

「自分の身体と頭脳をフルに活用して犯行を計画していく過程は、ゲームに通ずる感覚かもしれません。あらゆる手掛かりを探り、様々なケースを推察・想定したり、環境を十分に把握してシミュレーションしたりして、自分の能力を使って犯行の絵を描いていくわけです」

 抑えられない性衝動を抱えて突発的に犯行を犯すのではなく、綿密な計画を立て、実行に移していくのである。A受刑者の犯罪は「相手は、小学生、中学生、高校生、成人と幅広い。ときには、狙いをつけた女性を何か月もつけ回して犯行の機会をうかがったり、狙った女児の家のポストを物色して生活パターンを探ったり、犯行の様子をビデオに収めて被害者に対して『映像をばらすぞ』と言って脅したり」と、卑劣きわまりない。犯行への計画性が垣間見えるのは、先にA受刑者が記したように十分なシミュレーションを行ってきたためだろう。A受刑者はまた、綿密な計画を立てて実行していくプロセスを、手紙にこう書いている。

「ロールプレイングゲームにおいて情報収集をし、フラグを立てて、目的を攻略していく過程に似ているように思います。犯行がエスカレートしていくにつれて“経験値”が増え、自分が“レベルアップ”していく感覚がありました」

 犯行を犯すたびに自らに自信を持ち、さらなる難関に挑戦していくさまはまさにゲーム感覚。A受刑者が最初に実行に移したのは、のぞきだった。そこから性犯罪の“経験値”を上げていき“スキルアップ”し、最終的には連続強姦を犯す“性犯罪者”になってしまったのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

性犯罪者の頭の中 (幻冬舎新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

一見、普通の人なのに……性犯罪者の頭の中はどうなっているのか!?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。妄想欲望高橋ユキの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 組織委は「復興」ないがしろ!被災3県の子どもの深夜動員にも批判 
2 大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
3 五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
4 青木理に官邸の仕掛けで不倫情報
5 五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 岩井俊二監督がクールジャパンに苦言
8 IOC幹部の発言で安倍の責任が明白に…「1年以内延期」「再延期なし」ゴリ押し 
9 川島なお美が近藤誠の診断を告発
10 相模原障害者殺傷事件に死刑判決、植松被告の差別思想と安倍政権
11 佐々木宏問題の本題はMIKIKO先生の排除 でもワイドショーは
12 百田、上念、有本、WiLL…安倍応援団の小川榮太郎切りが醜悪!
13 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
14 NHKが開会式前日に放送『いだてん』が突きつける東京五輪への疑問
15 東京五輪開閉会式に小山田圭吾参加で批判殺到!過去に“障害者いじめ自慢”
16 それでも謝罪しない…河野太郎がワクチン問題でついた嘘と”知の崩壊“発言
17 秋元康の東京五輪に椎名林檎が危機感
18 安倍晋三が植村隆と櫻井よしこの裁判めぐりデマ投稿!
19 吉村知事の「新大阪駅で検温」にツッコミ殺到! 変異株死亡者隠蔽も
20 南ア、チェコ選手の感染、イギリス選手の濃厚接触も隠していた政府と組織委
1大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
2五輪関係者が入国当日、築地を散歩! 
3聖火お披露目式で手話通訳が小池百合子らのテントには入れず雨に濡れ
4 平井大臣の株売却益隠しの裏!タニマチIT企業がオリパラアプリを高額受注
5東京五輪開閉会式に小山田圭吾参加で批判殺到!過去に“障害者いじめ自慢”
6五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
7 検査数少ないのに感染1387人 東京で医療逼迫が起き始めた!
8それでも謝罪しない…河野太郎がワクチン問題でついた嘘と”知の崩壊“発言
9五輪入場行進にすぎやまこういちの曲、杉田水脈のLGBT差別に同調
10南ア、チェコ選手の感染、イギリス選手の濃厚接触も隠していた政府と組織委
11五輪でIOCラウンジ以外にVIPルーム、広告代理店は物品購入でも15%上乗せ
12五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
13きゃりーぱみゅぱみゅ、ロンブー淳、フット岩尾らがオリンピックに疑問!
14NHKが開会式前日に放送『いだてん』が突きつける東京五輪への疑問
15組織委は「復興」ないがしろ!被災3県の子どもの深夜動員にも批判 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄