一見、普通の人なのに……性犯罪者の頭の中はどうなっているのか!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 他方、B元受刑者は、強姦を犯した理由を作者にこう語る。

「今振り返れば、自分は強い男なんだと確認したかったのだと思います。被害者の方には大変申し訳ないですが、他の人をコントロールしたい、支配したい、そういう気持ちから犯行に及んだと、自分では分析しています」

 会社をコントロールする立場でありながらなお「他人を支配したいという願望は、普段の生活からB受刑者の中にあった」のだという。家庭では「妻に対し常に高圧的に振る舞うなど亭主関白」で、会社の中では「経営者として、営業成績が思わしくない部下を叱りつけ、ときには顧客とも激しく言い合いをしていた」B元受刑者は、酒に酔って夜道を歩いているとき、ふと、のぞきをしてみようと思ったのが全ての始まりだった。

「なぜ他人を支配することが、のぞきにつながるのか、わかりにくいでしょうね。私がのぞいていることに、相手の女性は全く気づいていません。それでいて、見られたくないものを私に見られているわけです。つまり私は、その女性を完全に自分のコントロール下においていることになります」(B元受刑者)

 こうした気持ちからのぞきを重ねるたびに「自分は強い男だ、何でもできる男だ」という思いが強くなってきて、最終的に強姦をやってみようと考えるようになったのだという。

 両者は最初の性犯罪に手を染めるまでの日常生活での“満たされなさ”も共通している。A受刑者は大学卒業後に就職した会社で激務に追われ、それゆえに自分の時間が取れず彼女もできない、といった状況で「犯行に至る直前は、自殺を考えるような精神状態でした。仕事で挫折し、プライベートもうまくいかない閉塞感にさいなまれていて、もうどうでもいい、死んでしまいたいと思った時期があった」ため「やがて、どうせ死ぬならなんでもやってやる、という気持ちになりました」という。

 B元受刑者は、父親の存在が“他人をコントロールしたい”という願望に影響していた。「会社の創業者である父は、社員にも家族にも常に厳しかった。ときには、酒を飲んで気に入らないことがあると、妻を殴りつけることもあった。それでも父は会社の経営者として、いつも周囲から尊敬されていた。B元受刑者は、そんな父の姿に憧れた。父のようになりたいと思った」。ところが、それがB受刑者の“他人をコントロールしたい”という欲望を暴走させ、結果、性犯罪に手を染めることになったのだ。

 四六時中性的なことが頭から離れず、自分は性犯罪を犯したくないのにやめることができない、という者もいる。強制わいせつを繰り返し、懲役6年の刑に服したC元受刑者は「正直に言うと、また性犯罪を繰り返してしまうのではないか、と常に不安な気持ちで暮らしています。1日24時間のうち、8時間は働いていて、8時間は寝ている。とすると、残りの8時間はずっと性的なことを考えてしまうのです」と、苦悩していた。サラリーマン時代のわずかな蓄えを、株やFXにつぎ込み、それがうまくいかない時も、性的なことを考えてしまうのだという。

「何か自分の思い通りにいかないことが出てくると、性的なことを考えてしまう。この感情とどう付き合っていけばよいのか、日々考えています」(C元受刑者)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

性犯罪者の頭の中 (幻冬舎新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

一見、普通の人なのに……性犯罪者の頭の中はどうなっているのか!?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。妄想欲望高橋ユキの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍政権が拉致被害者の生存情報を隠し
2 渡辺謙が東京五輪の東北無視を批判!五輪の人命軽視がひどい
3 自民党・田畑毅議員の離党は女性への暴行が原因か
4 蓮池透氏が著書で安倍の冷血を批判!
5 データ不正、元厚労次官の村木厚子が「何かの圧力」発言
6 安倍がトランプ「ノーベル賞に推薦された」で世界に恥
7 ネトウヨ局アナがテレ朝のお昼の顔に
8 安倍首相にマッチョ批判
9 桜田五輪担当相「がっかり」発言は安倍政権の五輪至上主義のせい
10 厚労省に圧力をかけた首相秘書官は安倍首相の子飼い官僚
11 ブレる松岡修造語録を読み解く
12 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
13 森友学園が麻生財務相側近に口利き依頼
14 沖縄2紙の記者を警察が拘束する暴挙
15 安倍が『委員会』でネトウヨトーク!
16 ヒラリーが尖閣の原因は日本の国粋主義
17 青山繁晴が前川氏に論破されてボロボロ
18 日露首脳会談大失敗を御用メディアが必死のフォロー!田崎は…
19 『スキャンダル専門弁護士』が伊藤詩織さんやはあちゅうを揶揄
20 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
1嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない
2玉川徹が中国人のマナーをあげつらう自番組を批判!
3勤労統計不正で厚労省委員が官邸と菅長官の圧力を証言
4安倍首相「自衛隊募集に6割以上の自治体が協力拒否」は嘘だった
5小川彩佳アナが『NEWS23』キャスター就任か!
6青山繁晴議員が「僕と握手したらガンが治った」と吹聴
7「子ども産まないのが問題」麻生が「金がないなら結婚するな」
9統計不正は安倍政権ぐるみの偽装だった証拠が!安倍に合わせ…
10安倍「私は森羅万象を担当」発言の背景
11 厚労省に圧力をかけた首相秘書官は安倍首相の子飼い官僚
12安倍政権が拉致被害者の生存情報を隠し
13北方領土の日、「日本固有の領土」の主張が消えた! 
14首相官邸の望月記者排除に新聞労連が抗議声明
15国家公務員と利害関係者の「ゴルフ解禁」の背後に安倍
16小川彩佳アナ退社の要因はテレビ朝日の安倍政権忖度か
17安倍首相「サンゴは移した」の嘘に琉球新報編集局長が痛烈批判
18辻元清美の外国人献金に大騒ぎする夕刊フジの愚劣
19不適切動画バイトを血祭りにあげるマスコミとネットの異常
20安倍がトランプ「ノーベル賞に推薦された」で世界に恥

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄