出版ラッシュ!関東連合本の“紙上バトルロワイヤル”を読み解く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kantourengou_01_140727.jpg
『破戒の連鎖 いびつな絆が生まれた時代』(宝島社)

 また二冊、新たに“関東連合本”が出版された。一冊は、六本木クラブ襲撃事件に関与したとされる石元太一被告が塀の内側から上梓した『反証 六本木クラブ襲撃事件「逮捕からの700日」』(双葉社)。そして、もう一冊は、“関東連合本”ブームの火付け役である元幹部・工藤明男(筆名)の2作目『破戒の連鎖 いびつな絆が生まれた時代』(宝島社)だ。

 関東連合と言えば、“半グレ”とも呼ばれる代表的なアウトロー集団。12年には六本木のクラブで、“人違い”により一般男性を襲い、金属バットなどで撲殺するという事件を起こして、世間を騒然とさせた。

 この六本木クラブ襲撃事件で現在までに少なくとも18名が逮捕されたが、関東連合のトップで事件の主犯とされる見立真一容疑者はいまだに検挙されていない。警察は見立容疑者が海外に逃亡していると見ており、国際指名手配にかけて行方を追っている。

 13年7月に出版された工藤明男の第一作『いびつな絆 関東連合の真実』(宝島社)は、謎の多いその内幕を暴露するものであった。工藤は六本木クラブ襲撃事件で最初に出頭して起訴された被告2名を擁護し、事件は見立容疑者とその恐怖支配が招いた結果だと書いた。また、見立容疑者が関係者らへ圧力をかけ、裁判での証言などに影響を与えていることも示唆していた。

 この『いびつな絆』は累計17万部の大ヒットとなり、これを皮切りに“関東連合本”がつぎつぎと出版され始める。

 なかでも、注目を集めたのが、今年4月に出版された「アウトローのカリスマ」・瓜田純士の『遺書 関東連合崩壊の真実と、ある兄弟の絆』(太田出版)だった。瓜田は関東連合に所属していないが、見立容疑者らとは“地元の先輩・後輩”という間柄。また、関東連合が激しく抗争していたK村兄弟とは深い仲にあった。弟は六本木クラブ襲撃事件で本来標的とされていた人物であり、兄のほうは瓜田の親友である。瓜田は本書で、自分と彼らの過去を明かすことにより、両者の“すれ違い”を解消しようする。

 杉並区の不良少年たちのリーダー格だった瓜田が、暴走族・関東連合に加入することを断ったのは、他ならぬ工藤明男によるヤキ(粛清)がきっかけだった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

破戒の連鎖 ~いびつな絆が生まれた時代

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

出版ラッシュ!関東連合本の“紙上バトルロワイヤル”を読み解くのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。出版業界関東連合の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍政権がまた「災害ないがしろ」!被災地に耐久性不十分の段ボールベッド
2 「東京でコロナ感染224人」は本当に検査を増やしたせいだけなのか
3 東京女子医大がボーナスゼロで400人の看護師が退職希望も、安倍政権は
4 東京の感染者は7月1日から100人超、発表67人を139人に修正
5 「桜を見る会」で昭恵夫人、菅官房長官と写真の“大物半グレ”が逮捕
6 森友公文書改ざんで安倍首相を守った太田充主計局長が財務省トップに
7 GoToキャンペーンは、 “影の総理”今井補佐官と菊池桃子の夫が経産省の利権に
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 アパホテルのトンデモ極右思想の正体
10 安倍政権がコロナ増税の動き! 新会議に震災で復興税導入を主張した経済学者
11 河井克行の買収に安倍事務所が関与の新証言!現金渡した相手を首相秘書が訪問
12 小池百合子が当選後、コロナ対応担う都立病院の合理化計画
13 香港問題で安倍首相と自民党の二枚舌
14 マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
15 大谷医師が明かしたネトウヨの電凸攻撃!「反日」と怒鳴り込まれたことも
16 小池百合子都知事が東京アラート解除のため陽性者数を操作していた疑惑
17 田崎史郎が『モーニングショー』から消えた! 原因は玉川徹?
18 嵐の暴露本出版!メンバーの不仲話も
19 吉村洋文知事がコロナワクチン開発でもペテン手口!
20 年金積立金が1~3月期で18兆円マイナス! 国民の年金を溶かした安倍政権の責任
1東京の感染者は7月1日から100人超、発表67人を139人に修正
2 年金積立金が1~3月期で18兆円マイナス! 国民の年金を溶かした安倍政権の責任
3小池百合子都知事が東京アラート解除のため陽性者数を操作していた疑惑
4小池百合子が当選後、コロナ対応担う都立病院の合理化計画
5森友公文書改ざんで安倍首相を守った太田充主計局長が財務省トップに
6GoToキャンペーンは、 “影の総理”今井補佐官と菊池桃子の夫が経産省の利権に
7大谷医師が明かしたネトウヨの電凸攻撃!「反日」と怒鳴り込まれたことも
8 河井克行の買収に安倍事務所が関与の新証言!現金渡した相手を首相秘書が訪問
9「専門家会議廃止」の裏に緊急事態宣言の解除をめぐる安倍官邸と専門家の対立
10 安倍政権がコロナ増税の動き! 新会議に震災で復興税導入を主張した経済学者
11「医療逼迫していない」は嘘だった!なのにGoToキャンペーン前倒し強行
12東京都の感染者100人超で小池知事、加藤厚労相、安倍首相の仰天言動
13安倍政権がまた「災害ないがしろ」!被災地に耐久性不十分の段ボールベッド
14吉村洋文知事がコロナワクチン開発でもペテン手口!
15東京女子医大がボーナスゼロで400人の看護師が退職希望も、安倍政権は
16安倍首相がイージス・アショア停止を悪用して「敵基地攻撃能力」保有へ
17「桜を見る会」で昭恵夫人、菅官房長官と写真の“大物半グレ”が逮捕
18河井事件でバービーが「安倍首相の名前で金を受け取らせたのは圧力」
19「東京でコロナ感染224人」は本当に検査を増やしたせいだけなのか
20小池百合子、小野泰輔の“ヘイト”に津田大介が切り込んだ

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄