ヤクザから学ぶ、要求を通すための正しい「怒り方」のテクニック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
yakuzashiki_01_140717.jpg
『ヤクザ式 相手を制す最強の「怒り方」』(光文社)

 ストレス社会といわれる現代、日々怒りを感じて生きている人は多いのではないだろうか。友だち、上司や部下、ご近所にママ友、家族──怒りの対象は数限りない。もちろん我慢しようとは思うが、時にはどうしても爆発してしまう。しかし、大抵の場合、いいたいことは伝わらず、自分でもわけがわからくなって、人間関係が壊れるだけだ。

 では、自分の不満をきちんと伝え、要求をとおす怒り方、つまり「正しく怒る」にはどうしたらいいのだろう。

 そんなときは、そのスジのひとたち、つまり、ヤクザを見習ってみてはどうだろうか。イリーガルな存在であるヤクザのまねをするなんて、と抵抗があるかもしれない。しかし、『ヤクザ式 相手を制す最強の「怒り方」』(向谷匡史/光文社新書)によれば、ヤクザの怒り方がもっとも「手っ取り早く現実的」らしい。

 同書の著者はヤクザ関係の取材が豊富な元週刊誌記者だが、ヤクザは怒りを熟知している究極のプロであり「一般市民は〈怒り〉を感情で処理する」のに対し「ヤクザは理性に落とし込み」、〈怒り〉によって最大限の効果と利益をあげるのだという。

 なるほど。妙な説得力のある理屈だが、では、そんなヤクザの怒りのテクニックとはいったいどんなものなのか、同書から紹介すると──。

 まず、ネチネチくどい相手に反撃する場合、“信用”という言葉がキーになる。ヤクザ社会は信用が一番。だからくどい相手には「わしが信用でけへんのか!」と居直り、逆に相手に「悪かった」と言わせてしまう。これは会社でも通用するという。上司や部下に頭にきたときに、低い怒りのトーンでたんかを切るといいらしい。「課長、私のことが信じられないんですか?」と課長に切り返せば、「信用しないというわけではない」とトーンダウンする。もし信用していないなどといえば、リーダーとしての適正を疑われる。だから部下に歩み寄らざるを得ないのだ。

 次は正論を主張する人への対処方法。ヤクザの抗争で、幹部たちが話し合いをした。「殺っちまいましょう」とエエカッコしいの一人の幹部が声高に主張した。しかし他の幹部は抗争など避けたいが、建前上、そうはいえない。その場合は「ウチからも“兵隊”を預けるぜ」と、賛成や反対を表明せずに責任を丸投げしてしまうのだという。実際、こういわれたカッコつけ幹部はビビって逃げ腰になったという。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ヤクザ式 相手を制す最強の「怒り方」 (光文社新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

      ヤクザから学ぶ、要求を通すための正しい「怒り方」のテクニックのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。クレーム暴力団の記事ならリテラへ。

      人気記事ランキング

      総合
      いいね! 数
      1 籠池夫人が安倍夫妻、榮太郎、青山繁晴らの嘘と手のひら返しを暴露
      2 片山さつき大臣に国税への100万円口利き疑惑が浮上
      3 百田尚樹がウーマン村本とのバトルで
      4 稲田朋美が極右集会で小川榮太郎と
      5 ZOZO田端が「過労死は自己責任」で炎上
      6 櫻井よしこは嘘つきだ!小林節が告発
      7 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
      8 菅に日歯連から3000万円迂回献金
      9 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
      10 本田圭佑の朝鮮学校訪問と発言の勇気
      11 森友学園問題で安倍の虚偽答弁が発覚!
      12 民放連が改憲CMを無制限垂れ流しの方針
      13 蓮池透氏がさらに安倍の詐術を批判!
      14 安倍首相がカジノ法で虚偽答弁!トランプ圧力やっぱりあった
      15 「トランプに皮肉」村上春樹の本格的トランプ・安倍批判
      16 加計幹部が官邸訪問、安倍と下村が
      17 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
      18 茅ヶ崎市での慰安婦映画上映に慰安婦像を蹴った極右団体が
      19 グッディ!土田マジギレ真の原因
      20 『ZERO』降板の村尾、安倍首相ブチギレ事件
      1加計理事長会見で新聞・テレビ記者が徹底糾弾!
      2サザン桑田が“政治風刺辞めない”宣言!紅白での炎上にもめげず
      3 柴山文科相「教育勅語」発言は政権の総意
      4加計理事長のデタラメ会見に加計学園の職員が
      5ノーベル平和賞ムクウェゲ医師が批判した慰安婦問題
      6旭日旗問題で國村隼の発言は正論だ! 
      7本田圭佑の朝鮮学校訪問と発言の勇気
      8翁長前知事県民葬で菅官房長官に「嘘つき」の怒号
      9百田、上念、有本、WiLL…安倍応援団の小川榮太郎切りが醜悪!
      10籠池夫人が安倍夫妻、榮太郎、青山繁晴らの嘘と手のひら返しを暴露
      11安倍首相がカジノ法で虚偽答弁!トランプ圧力やっぱりあった
      12百田尚樹がウーマン村本とのバトルで
      13靖国神社宮司が天皇批判!右派勢力が陥る倒錯
      14民放連が改憲CMを無制限垂れ流しの方針
      15茅ヶ崎市での慰安婦映画上映に慰安婦像を蹴った極右団体が
      16稲田朋美が極右集会で小川榮太郎と
      17テイラー・スウィフトのトランプ批判に拍手
      18フジ、テレ東、NHKの入管PR番組と安倍政権の排外政策
      19『ワイド!スクランブル』コメンテーター就任の柳澤秀夫に期待
      20 スクープ! 神社本庁・田中総長が辞意を撤回

      人気連載

      アベを倒したい!

      アベを倒したい!

      室井佑月

      ブラ弁は見た!

      ブラ弁は見た!

      ブラック企業被害対策弁護団

      ニッポン抑圧と腐敗の現場

      ニッポン抑圧と腐敗の現場

      横田 一

      メディア定点観測

      メディア定点観測

      編集部

      ネット右翼の15年

      ネット右翼の15年

      野間易通

      左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

      左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

      赤井 歪

      政治からテレビを守れ!

      政治からテレビを守れ!

      水島宏明

      「売れてる本」の取扱説明書

      「売れてる本」の取扱説明書

      武田砂鉄