ヤクザから学ぶ、要求を通すための正しい「怒り方」のテクニック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
yakuzashiki_01_140717.jpg
『ヤクザ式 相手を制す最強の「怒り方」』(光文社)

 ストレス社会といわれる現代、日々怒りを感じて生きている人は多いのではないだろうか。友だち、上司や部下、ご近所にママ友、家族──怒りの対象は数限りない。もちろん我慢しようとは思うが、時にはどうしても爆発してしまう。しかし、大抵の場合、いいたいことは伝わらず、自分でもわけがわからくなって、人間関係が壊れるだけだ。

 では、自分の不満をきちんと伝え、要求をとおす怒り方、つまり「正しく怒る」にはどうしたらいいのだろう。

 そんなときは、そのスジのひとたち、つまり、ヤクザを見習ってみてはどうだろうか。イリーガルな存在であるヤクザのまねをするなんて、と抵抗があるかもしれない。しかし、『ヤクザ式 相手を制す最強の「怒り方」』(向谷匡史/光文社新書)によれば、ヤクザの怒り方がもっとも「手っ取り早く現実的」らしい。

 同書の著者はヤクザ関係の取材が豊富な元週刊誌記者だが、ヤクザは怒りを熟知している究極のプロであり「一般市民は〈怒り〉を感情で処理する」のに対し「ヤクザは理性に落とし込み」、〈怒り〉によって最大限の効果と利益をあげるのだという。

 なるほど。妙な説得力のある理屈だが、では、そんなヤクザの怒りのテクニックとはいったいどんなものなのか、同書から紹介すると──。

 まず、ネチネチくどい相手に反撃する場合、“信用”という言葉がキーになる。ヤクザ社会は信用が一番。だからくどい相手には「わしが信用でけへんのか!」と居直り、逆に相手に「悪かった」と言わせてしまう。これは会社でも通用するという。上司や部下に頭にきたときに、低い怒りのトーンでたんかを切るといいらしい。「課長、私のことが信じられないんですか?」と課長に切り返せば、「信用しないというわけではない」とトーンダウンする。もし信用していないなどといえば、リーダーとしての適正を疑われる。だから部下に歩み寄らざるを得ないのだ。

 次は正論を主張する人への対処方法。ヤクザの抗争で、幹部たちが話し合いをした。「殺っちまいましょう」とエエカッコしいの一人の幹部が声高に主張した。しかし他の幹部は抗争など避けたいが、建前上、そうはいえない。その場合は「ウチからも“兵隊”を預けるぜ」と、賛成や反対を表明せずに責任を丸投げしてしまうのだという。実際、こういわれたカッコつけ幹部はビビって逃げ腰になったという。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ヤクザ式 相手を制す最強の「怒り方」 (光文社新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

ヤクザから学ぶ、要求を通すための正しい「怒り方」のテクニックのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。クレーム暴力団の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
2 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
3 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
4 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
5 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
6 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
7 安倍は原爆の日も核兵器禁止条約を黙殺
8 萩生田文科相が芸者あげてノーマスク会食! ワイドショーは追及せず
9 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
10 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
11 葵つかさが「松潤とは終わった」と
12 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
13 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
14 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
15 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
16 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
17 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
18 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
19 ポイント還元でも307 億円…安倍政権の電通優遇はネット情報操作の見返りか
20 麻生太郎が愛人の店に2360万円
1菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
2ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
3もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
4菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
5吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
6特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
7安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
8河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
9菅首相 緊急事態宣言の記者会見で露呈したヤバさ!結婚式みたいなセリフが
10 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
11蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
12 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
13バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄