一見、普通の人なのに……性犯罪者の頭の中はどうなっているのか!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
seihanzai_140914.jpg
『性犯罪者の頭の中』(鈴木伸元/幻冬舎新書)

 公園で女性に向かって陰茎を露出する輩に、電車内で何食わぬ顔をして女性の尻を触る輩、はたまたすれ違い様に胸を揉むような者もいれば、夜道、強姦に及ぶ者もいる。性犯罪者は様々なシーンで女性(ときに男性)を脅かす存在だ。警察庁が公開している「平成24年の犯罪情勢」によれば、一昨年の強姦の認知件数は1,240件と前年よりも55件増えており、強制わいせつの認知件数は7,263件と前年よりもなんと393件も増えている。強姦は平成23年まで減少傾向にあったが平成24年には増加、強制わいせつは平成22年から増加傾向にある。

 そんな性犯罪者は、やることも気持ち悪ければ「外見も気持ち悪い人」と思われがちだが、実はそうではない。『性犯罪者の頭の中』(鈴木伸元/幻冬舎新書)に登場する「少女などに対して10件以上の性犯罪を繰り返していた」A受刑者、「強姦とのぞきで4年の懲役刑に服した」B元受刑者は、「いずれも結婚し、社会的にそれなりの地位となる職業についていた」という。A受刑者は「関東地方の中高一貫の某有名私立高校の出身」で首都圏の大学へ現役合格を果たしたのち、外資系企業で働いていた。B元受刑者は「地方で小さな会社を経営して」いる。

 彼らはいずれも一般的な社会生活を送りながら、日々犯行に及んでいた。端から見れば、満ち足りていて犯罪など犯す必要は全くなさそうなのに、である。一体彼らはなぜ性犯罪を犯し続けてきたのか? A受刑者は作者への手紙の中でこう記していた。

「自分の身体と頭脳をフルに活用して犯行を計画していく過程は、ゲームに通ずる感覚かもしれません。あらゆる手掛かりを探り、様々なケースを推察・想定したり、環境を十分に把握してシミュレーションしたりして、自分の能力を使って犯行の絵を描いていくわけです」

 抑えられない性衝動を抱えて突発的に犯行を犯すのではなく、綿密な計画を立て、実行に移していくのである。A受刑者の犯罪は「相手は、小学生、中学生、高校生、成人と幅広い。ときには、狙いをつけた女性を何か月もつけ回して犯行の機会をうかがったり、狙った女児の家のポストを物色して生活パターンを探ったり、犯行の様子をビデオに収めて被害者に対して『映像をばらすぞ』と言って脅したり」と、卑劣きわまりない。犯行への計画性が垣間見えるのは、先にA受刑者が記したように十分なシミュレーションを行ってきたためだろう。A受刑者はまた、綿密な計画を立てて実行していくプロセスを、手紙にこう書いている。

「ロールプレイングゲームにおいて情報収集をし、フラグを立てて、目的を攻略していく過程に似ているように思います。犯行がエスカレートしていくにつれて“経験値”が増え、自分が“レベルアップ”していく感覚がありました」

 犯行を犯すたびに自らに自信を持ち、さらなる難関に挑戦していくさまはまさにゲーム感覚。A受刑者が最初に実行に移したのは、のぞきだった。そこから性犯罪の“経験値”を上げていき“スキルアップ”し、最終的には連続強姦を犯す“性犯罪者”になってしまったのだ。

 他方、B元受刑者は、強姦を犯した理由を作者にこう語る。

「今振り返れば、自分は強い男なんだと確認したかったのだと思います。被害者の方には大変申し訳ないですが、他の人をコントロールしたい、支配したい、そういう気持ちから犯行に及んだと、自分では分析しています」

 会社をコントロールする立場でありながらなお「他人を支配したいという願望は、普段の生活からB受刑者の中にあった」のだという。家庭では「妻に対し常に高圧的に振る舞うなど亭主関白」で、会社の中では「経営者として、営業成績が思わしくない部下を叱りつけ、ときには顧客とも激しく言い合いをしていた」B元受刑者は、酒に酔って夜道を歩いているとき、ふと、のぞきをしてみようと思ったのが全ての始まりだった。

「なぜ他人を支配することが、のぞきにつながるのか、わかりにくいでしょうね。私がのぞいていることに、相手の女性は全く気づいていません。それでいて、見られたくないものを私に見られているわけです。つまり私は、その女性を完全に自分のコントロール下においていることになります」(B元受刑者)

 こうした気持ちからのぞきを重ねるたびに「自分は強い男だ、何でもできる男だ」という思いが強くなってきて、最終的に強姦をやってみようと考えるようになったのだという。

 両者は最初の性犯罪に手を染めるまでの日常生活での“満たされなさ”も共通している。A受刑者は大学卒業後に就職した会社で激務に追われ、それゆえに自分の時間が取れず彼女もできない、といった状況で「犯行に至る直前は、自殺を考えるような精神状態でした。仕事で挫折し、プライベートもうまくいかない閉塞感にさいなまれていて、もうどうでもいい、死んでしまいたいと思った時期があった」ため「やがて、どうせ死ぬならなんでもやってやる、という気持ちになりました」という。

 B元受刑者は、父親の存在が“他人をコントロールしたい”という願望に影響していた。「会社の創業者である父は、社員にも家族にも常に厳しかった。ときには、酒を飲んで気に入らないことがあると、妻を殴りつけることもあった。それでも父は会社の経営者として、いつも周囲から尊敬されていた。B元受刑者は、そんな父の姿に憧れた。父のようになりたいと思った」。ところが、それがB受刑者の“他人をコントロールしたい”という欲望を暴走させ、結果、性犯罪に手を染めることになったのだ。

 四六時中性的なことが頭から離れず、自分は性犯罪を犯したくないのにやめることができない、という者もいる。強制わいせつを繰り返し、懲役6年の刑に服したC元受刑者は「正直に言うと、また性犯罪を繰り返してしまうのではないか、と常に不安な気持ちで暮らしています。1日24時間のうち、8時間は働いていて、8時間は寝ている。とすると、残りの8時間はずっと性的なことを考えてしまうのです」と、苦悩していた。サラリーマン時代のわずかな蓄えを、株やFXにつぎ込み、それがうまくいかない時も、性的なことを考えてしまうのだという。

「何か自分の思い通りにいかないことが出てくると、性的なことを考えてしまう。この感情とどう付き合っていけばよいのか、日々考えています」(C元受刑者)

 中には「やめられない自分」を止めるために自殺に至るケースもある。子ども相手の性犯罪を繰り返して逮捕され、服役した30代の男Gは「性犯罪者に再びならないようにして欲しい」と、ある医療関係者のもとで、カウンセリングを受けていた。ところが、「カウンセリングを続けても、Gの性的妄想は止まらなかった。(略)自分の再犯の可能性に怯え続け、カウンセリングの最中に『何とかならないのですか』と語気を荒げることもあった」という。そして、通院から1年が経った頃、遅刻することのなかったGが初めて約束の時間に現れず、その1週間後に警察から医療関係者のもとへ連絡があり、Gの自殺を知らされた。

 親の影響、また激務など、様々な要因で日常生活に満たされなさを感じ、性犯罪へ手を染める者、また服役を経ても自身の性衝動に怯え続ける者たち。筆者はこう分析している。

「事件を起こした性犯罪者たちは、誰もが生まれながらにして『性犯罪者』だったわけではない。どこかで、普通に生活をしている人たちと違う道に入ってしまったのだ。しかも、それは、ある日突然道を間違えるのではなく、少しずつ間違いを積み重ねていき、気がついたときには大きく踏み外してしまっている」

 我々もまた、いつ道を踏み外してしまうか分からないということなのだろうか。
(高橋ユキ)

最終更新:2014.09.16 06:45

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

性犯罪者の頭の中 (幻冬舎新書)

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

一見、普通の人なのに……性犯罪者の頭の中はどうなっているのか!?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。妄想欲望高橋ユキの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 統計不正で厚労省課長が「官邸関係者」明記の圧力メール
2 テレ朝で黒鉄ヒロシが慰安婦像デマと韓国ヘイト
3 ウーマン村本と宇賀なつみのテレビ批判に羽鳥慎一が
4 加計学園獣医学部の「四国枠」合格者がたった1名! 
5 安倍が統計不正答弁中の根本厚労相に「戻れ」指示
6 「憲法9条を守れ」と主張する芸能人
7 データ不正、元厚労次官の村木厚子が「何かの圧力」発言
8 小川彩佳アナが『NEWS23』キャスター就任か!
9 安倍の成蹊時代の恩師が涙ながらに批判
10 メリー氏が文春の記者に「殴るぞ」…
11 蓮池透氏が著書で安倍の冷血を批判!
12 安倍が拉致被害者に「北朝鮮に戻れ」と
13 ネトウヨ局アナがテレ朝のお昼の顔に
14 グッディ!土田マジギレ真の原因
15 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
16 KAT-TUNの恋愛を側近が暴露
17 沖縄2紙の記者を警察が拘束する暴挙
18 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
19 安倍が国連演説で北朝鮮を煽りまくり
20 安倍首相が統計不正に「選挙5回勝ってる」とヤジ
1 安倍首相が統計不正に「選挙5回勝ってる」とヤジ
2 嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない
3 渡辺謙が東京五輪の東北無視を批判!五輪の人命軽視がひどい
4 安倍が統計不正答弁中の根本厚労相に「戻れ」指示
5 安倍政権が拉致被害者の生存情報を隠し
6 勤労統計不正で厚労省委員が官邸と菅長官の圧力を証言
7 加計学園獣医学部の「四国枠」合格者がたった1名! 
8 安倍首相「自衛隊募集に6割以上の自治体が協力拒否」は嘘だった
9 小川彩佳アナが『NEWS23』キャスター就任か!
11 厚労省に圧力をかけた首相秘書官は安倍首相の子飼い官僚
12 安倍「私は森羅万象を担当」発言の背景
13 統計不正で厚労省課長が「官邸関係者」明記の圧力メール
14 ウーマン村本が朝鮮学校差別を煽る政治とメディアを痛烈批判
15 ウーマン村本と宇賀なつみのテレビ批判に羽鳥慎一が
16 フィフィの蓮舫デマに新聞が丸乗り! 背景に安倍忖度と女性蔑視
17 「安倍がトランプをノーベル賞に推薦」を海外メディアが
18 安倍がトランプ「ノーベル賞に推薦された」で世界に恥
19 辻元清美の外国人献金に大騒ぎする夕刊フジの愚劣
20 橋本聖子が池江選手の病を利用しスポーツ界の不祥事放置を宣言

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄