岡村隆史問題で『ワイドナショー 』松本人志の逃げ方、古市憲寿のスリカエがひどい! 岡村以上の女性蔑視姿勢を棚に上げ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

古市憲寿とウエンツの“岡村批判”批判と話のすり替え

 しかし、これは松本だけの話ではない。最近の岡村発言をめぐる議論を見ていると、批判に対して「過剰」「やりすぎ」「バッシング」という意見がどんどん増えているし、岡村の『チコちゃんに叱られる!』降板を求める署名活動に対してはそれこそ下劣なバッシングすら見られる。

この日の『ワイドナショー』もそうだった。岡村発言について否定的に語ったのは「傷つく部分があった」「同調できる女性はたぶんゼロ」と話したファーストサマーウイカくらいのもので、古市やウエンツ瑛士は水商売や性風俗と貧困を取り巻く構造を改善すべきと微妙に論点をずらした。

古市「まあ、批判がすごい集まるのは、まあ、わかるって言えば、わかるなあというふうに思うんです。ただどんな発言も両面見なきゃいけないなというふうに思ってて。岡村さんの発言はひどいんだけど、ただ、その発言を聞いて、じゃあいま、ふーぞく行くのやめようと思った人も、多分いると思うんですね。結果的にそれはその、新型コロナの感染をある種、抑止したと思うし。だからあらゆる発言で、バランス見てみなきゃいけないんだけど、ちょっと過剰に批判が集まって。しかも署名運動も、岡村さんの降板という形で署名が盛り上がりましたよね? でも本当は岡村さんの降板じゃなくて、働きたくないけどふーぞくで働かざるを得なくなってしまうような、貧しい人に対する支援だとか、そっちに社会って向かってくると思うんですよ。だから果たして今回の騒動が、どれだけ社会を良くしたかなあってのは、ちょっとわからないなあって僕は思ってます」

ウエンツ「もちろん本当に、その場の空気があって、盛り上げようとした発言だとしても、もちろん配慮が足りなかった発言だと思います。そのなかで、正直、2週間前の話なわけじゃないですか。で、岡村さんも非を認めて謝罪をして、いま反省をしているという状況で、そうなったら古市さんがおっしゃったように、ここから先は、じゃあ、若年層の貧困だったりとか、そういうところに目を当てて、改善していくっていう話に終始しないと、なかなか、岡村さん、岡村さんでは、議論は、もう、これ以上進まないのかなって気はしてますね」

 2人とも「岡村叩きより、構造がー」などと言って、物のわかった論客ぶっているが、これ、ようするに岡村批判批判でしかない。女性差別の構造がわかっていないのは、むしろ古市やウエンツのほうだろう。

 古市は「岡村の発言を聞いて、いまふーぞくに行くのを止めようと思った人がいて、感染を抑止した」などと岡村発言を肯定的評価までしておきながら、「今回の騒動が、どれだけ社会を良くしたかなあ」などと岡村批判をくさす。ウエンツも「正直、2週間前の話なわけじゃないですか」といつまでも岡村批判を引っ張るなと言う。

 言っておくが、岡村「チコちゃん」降板を求める運動は、岡村個人攻撃などではない。岡村がおこなったような女性蔑視発言を放置するメディアや社会に対する抗議だ(だからこそ、全番組降板でなく、NHKの子どもにも人気のある『チコちゃん』に限って降板を求めているのだろう)。岡村のような著名人が公の場で女性蔑視発言をおこなうことをメディアや芸人仲間が容認する態度こそが、女性差別を温存させてきた大きな要因のひとつだ。岡村降板を求める運動は、そうした女性差別を容認・温存する日本の差別構造を変えるためのアプローチのひとつだ。実際、まともな先進国ならこのような差別発言は一発アウトだろう。解雇になる企業や、ヘイトスピーチと同様に法律違反になる国もあるくらいだ。

 しかし、日本では結局、こうした話のすり替えで政治家やお笑い芸人の女性蔑視発言は追及されることなく、温存されてしまう。その結果、メディアや日本社会で差別は少なくなるどころかどんどんタガが外れている。

 あえて言う。テレビやラジオで芸人が看過しがたい女性蔑視発言をしたら、その本質をきちんと批判・検証し、徹底的に抗議の声をあげるべきなのだ。そのことが普通にならないかぎり、この国から女性蔑視がなくなる日は来ない。

最終更新:2020.05.17 01:19

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

岡村隆史問題で『ワイドナショー 』松本人志の逃げ方、古市憲寿のスリカエがひどい! 岡村以上の女性蔑視姿勢を棚に上げのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ウエンツワイドナショー古市憲寿岡村隆史新型コロナウイルス松本人志編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 入管法改正強行に小泉今日子らが反対表明!スリランカ人女性見殺しにも非難
2 宮本亞門が「“お金がからない五輪”は架空」海外のVIP接遇費44億円
3 大阪の入院率10%のなか、維新議員が「コロナ感染、即、入院」で非難殺到!
4 内閣官房参与の高橋洋一がコロナ感染状況を「さざ波」「笑笑」とツイート
5 池江璃花子のツイートを菅政権やメディアが反対運動封じに利用!
6 JOC竹田会長が女性死なせる交通事故
7 コロナのさなか自公が高齢者の医療費負担を2倍にする法案を強行採決へ
8 『めざまし8』で3時のヒロイン・福田らが「吉村知事はタイプ」話で盛り上がる
9 菅首相「五輪選手と国民が交わらない」は嘘 528自治体で選手団と住民が交流
10 葵つかさが「松潤とは終わった」と
11 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
12 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
13 東京都が東京五輪の観戦に子ども81万人を動員! 感染拡大中に通達
14 田中ともえが安保法制で夫婦喧嘩
15 名古屋リコール不正で維新市議が関与を証言!吉村知事、松井市長の責任
16 大阪に看護師不足は維新のせい!橋下徹は看護師の給料を「バカ高い」と攻撃
17 日本城タクシー坂本社長が橋下徹を再び論破!「アホな議論」と一刀両断
18 田崎史郎が『ひるおび』共演・柿崎首相補佐官就任で不機嫌に!
19 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
20 安倍自民党が公選法違反の誇大政党CM
1東京都が東京五輪の観戦に子ども81万人を動員! 感染拡大中に通達
2大阪の入院率10%のなか、維新議員が「コロナ感染、即、入院」で非難殺到!
3コロナのさなか自公が高齢者の医療費負担を2倍にする法案を強行採決へ
4吉村知事が“批判逃れ”に必死! 橋下徹と宮根誠司は“同情誘う作戦”
5 菅首相がコロナ対応の失敗を改憲にスリカエる発言! 国民投票法も強行成立
6吉村知事が「変異株対応」を強調して私権制限主張も…国内初の変異株死者を隠蔽
7 菅首相が「人流は間違いなく減少」と真っ赤な嘘! 東京駅前は昨年の1.8倍
8『めざまし8』で3時のヒロイン・福田らが「吉村知事はタイプ」話で盛り上がる
9大阪で123の病床が削減! コロナ医療崩壊でも菅政権が強行する医療カット
10宮本亞門が「“お金がからない五輪”は架空」海外のVIP接遇費44億円
11菅首相「五輪選手と国民が交わらない」は嘘 528自治体で選手団と住民が交流
12内閣官房参与の高橋洋一がコロナ感染状況を「さざ波」「笑笑」とツイート
13 大阪「高齢者の入院の優先順位下げろ」は職員の問題ではない! 吉村知事も
14池江璃花子のツイートを菅政権やメディアが反対運動封じに利用!
15菅首相が「休んでいる看護師がいるから五輪に500人」妄言の直前に…
16西村担当相が「マスクでも感染」認めたのに濃厚接触者の定義変更しない菅政権
17入管法改正強行に小泉今日子らが反対表明!スリランカ人女性見殺しにも非難
18フジ系『最高のオバハン』が結婚詐欺師の名を小室氏と一字違いの「小室敬」に

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄