『ワイドナ』で松本人志を前にゲス極・川谷絵音が「ちゃかし、嘲笑の文化」を批判! そのとき松本は不機嫌そうに…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
『ワイドナ』で松本人志を前にゲス。川谷絵音が「ちゃかし、嘲笑の文化」を批判! そのとき松本は不機嫌そうに…の画像1
『ワイドナショー』で新幹線殺傷事件について発言した川谷絵音


 12月22日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ)で、伊藤詩織さんが全面勝訴した安倍御用ジャーナリストの山口敬之氏の裁判について、松本人志が「山口さん、カッコよくない」と発言し、批判を浴びている。

 この松本の発言は、「まちがいなく言えることは、女性の方が後日、納得してない、思い出すのがイヤになるということだけは間違いないですよね。そうなると、男は謝るしかないんですよね」と話した後に、続けて「控訴したところで、逆転で勝ったとしても、山口さんカッコよくないですよね」と話したもの。

 あらためて言っておくが、今回の判決では、「酩酊状態にあって意識のない原告に対し、合意のないまま本件行為に及んだ事実、意識を回復して性行為を拒絶したあとも体を押さえつけて性行為を継続しようとした事実を認めることができる」として、「合意なき性行為」が事実認定されている。

 にもかかわらず、松本はその重大事実を完全に無視。「密室のことですし、どういうやりとりがあってどういう流れだったかわかりませんが」と言い募り、「後日、女性が納得していない、思い出すのがイヤとなったら、男は謝るしかない」などと、「性的合意がなかった」という重要なポイントをうやむやにし、まるで伊藤さんが後日態度を翻しイヤと言い出したかのような印象操作までしている。

 おそらく空気を読むことに長けた松本は、世間の空気的に山口氏を擁護するのは得策じゃないと考え、でも本心では伊藤さんや「合意なき性行為」を認定した判決を支持したくないことから、性的合意の有無が問われる性暴力事件を、「カッコよくない」と男気か何かの問題に論点ずらしをしたのだろう。

 単に「わかってない」というレベルではなく、「合意なき性行為」という重大な事実認定をないことにする、非常に狡猾で悪質な発言だ。

 しかし、この日の『ワイドナショー』には、これとは逆に評価すべき発言もあった。発言の主はもちろん松本であるはずはなく、ゲスト出演していた「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音だ。山口裁判のニュースの前に取り上げられた、新幹線殺傷事件の一審判決についてのコメントだった。

 この判決では、裁判長が無期懲役の判決を読み上げると同時に、被告が法廷内で万歳三唱。多くのワイドショーがその行動を一斉に非難していたが、『ワイドナショー』も例に漏れず、泉谷しげるが「死刑でしょ」と口火を切ると、神田愛花も同調。スタジオがただただ「けしからん」という空気に包まれた。

 ところが、そんななかで川谷はこんなことを語り始める。

「2ちゃんのひろゆきさんが、昔言ってた『無敵の人』っていう『もう後がない人』たちが、ネット文化でいっぱい出てくるだろうっていうことを言っていて。最近、こういう殺人とか事件とか多いじゃないですか。もう後がないんで、『無敵』って意味がアレですけど、『無敵の人』が出てくるっていう、これも、もしかしたらそうなのかなって思って」

「無敵の人」というのは、「社会的地位や財産がなく失うものがないことから大量殺人など犯罪を犯すことに躊躇がない人」などの主旨のネットスラングだが、社会的に阻害された者を犯罪者予備軍かのように異常視し排除する文脈で語られることが多い。しかし、川谷はこう話を続けた。

「昔NHKかなんかの番組で、帰国子女の子が、『オーレンジ』って『オレンジ』のことを発音良く言ったら、まわりから笑われて、『オーレンジ』『オーレンジ』って言われて、家に帰っておかあさんに『僕、明日から、「オレンジ」って言う』みたいな。いじめられたっていうのがあって。日本の嘲笑文化、茶化したりとか、SNSで過熱しちゃって。彼(被告)もいじめられてたとか言ってましたし」
「そういう人がどんどん増えてきて、こういう犯罪増えるんじゃないのかなとか思って。それをどう止めるのかっていう。感情論で言えば、そりゃもう死刑にしてほしいとかありますけど、もちろん。こういう犯罪がもう起きないようにするには、ちっちゃいところからやってかないといけないんじゃないかと思います」

 このあと、松本が川谷の発言を一切無視して「シンプルな話、我々がこんだけ納得していない時点でおかしい」「万歳三唱の時点で、裁判官は、ちょっと待ったっていうのが一発欲しい」と、被告や判決を批判。最後には「この事件以降、新幹線に乗ってもリラックスできない」などと川谷以外の出演者で言い合ってこの話題は終わり、川谷の発言が掘り下げられることはなかった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

『ワイドナ』で松本人志を前にゲス極・川谷絵音が「ちゃかし、嘲笑の文化」を批判! そのとき松本は不機嫌そうに…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ワイドナショー山口敬之川谷絵音新幹線殺傷事件本田コッペ松本人志の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 中国人を“ばい菌”扱いするワイドショー、政治目的に利用する安倍首相
2 安倍首相が「桜を見る会前夜祭」問題で「幅広く募ったが募集ではない」
3 安倍首相が地元でも「桜を見る会前夜祭」と同じ有権者買収か!
4 『スシローと不愉快な仲間たち』8 安倍政権御用コメンテーター養成講座
5 新型コロナウイルスに乗じ“中国人ヘイト”が跋扈! 百田尚樹、高須克弥も
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 田崎史郎「桜を見る会」名簿問題で“民主党ガー”詐術、羽鳥慎一が思わず…
8 立川志らくが古典落語で「日本人かてめえ」ヘイト、反論も酷い
9 詩織さん全面勝訴でも山口敬之氏と安倍首相の関係に触れないテレビ
10 田崎史郎が河井案里問題で“安倍首相は無関係”を主張も自滅
11 TBS宇垣アナが夫婦別姓反対派を一蹴
12 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
13 安倍政権御用ジャーナリスト5位〜大賞発表!
14 河井案里議員の「安倍マネー1億5千万円」はやっぱり違法
15 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
16 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
17 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
18 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
19 安倍の成蹊時代の恩師が涙ながらに批判
20 杏と父・渡辺謙の間にある愛憎
1久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

カテゴリ別ランキング


マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄