岡村隆史「コロナでかわいい人が風俗嬢」の性的搾取歓迎発言でニッポン放送が謝罪も本人スルー! それでも岡村を批判しないテレビ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
岡村隆史「コロナでかわいい人が風俗嬢」の性的搾取歓迎発言でニッポン放送が謝罪も本人スルー! それでも岡村を批判しないテレビの画像1
ニッポン放送『オールナイトニッポン』番組公式ページより 


 ナインティナインの岡村隆史がラジオ番組で「コロナが明けたらかわいい人が風俗嬢やります」などと発言した問題。きのう、この番組を放送していたニッポン放送が会社として謝罪を発表した。

〈4月23日(木)深夜に生放送の「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」において、パーソナリティの岡村隆史氏から、現在のコロナ禍に対する認識の不足による発言、また、女性の尊厳と職業への配慮に欠ける発言がございました。
放送をお聴きになって不快に感じられた皆様、関係の皆様にお詫び申し上げます。
弊社番組に関わる全ての制作スタッフには、迅速に、より一層の教育を図ってまいります。〉(『オールナイトニッポン』公式サイト)

「コロナ禍に対する認識の不足による発言」「女性の尊厳と職業への配慮に欠ける発言」「不快に感じられた皆様にお詫び」など、岡村発言の問題点を矮小化しているところも見受けられるが、謝罪しただけまだマシだろう。

 しかし、一方で当の岡村隆史はいまだ、この発言について謝罪はもちろん、なんら説明していない。

 当日のラジオでは、岡村の当該発言の合間に、スタッフの笑い声が入っており、諌めるような発言や謝罪訂正するような場面もなかったことから、生放送とはいえ放送局として謝罪は当然の話だ。

 しかしこれは、生放送で岡村自身が発言したことである。発言内容の悪質性を考えても、ラジオ局だけに謝罪させ、発言の張本人である岡村がだんまりを決め込んで済ませていい話ではない。しかも、今回の発言はその場の流れで口が滑ったというようなものではなく(だとしても問題が減じることはまったくないが)、そもそも岡村自身が以前から持っている差別意識に根ざした発言だからだ。

 あらためて、岡村の発言を振り返ろう。

 この発言は4月23日深夜25時から放送の岡村のレギュラー番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』のなかでのもの。

 まず、「コロナの影響でしばらくは風俗に行けない」と悩むリスナーからのメールに答える形で、岡村は「いまは辛抱。『神様は人間が乗り越えられない試練は作らない』って言うてはりますから。ここは絶対、乗り切れるはずなんです」と話した後、こんなふうに続けた。

「コロナが収束したら、もう絶対おもしろいことあるんです」
「収束したら、なかなかのかわいい人が短期間ですけれども、美人さんがお嬢(風俗嬢)やります」
「短期間でお金を稼がないと苦しいですから。そうなったときに今までのお仕事よりかは、ちょっと。僕、これ3カ月やと思てます、苦しいのは。3カ月の間、集中的にかわいいコがそういうところでパッと働らきます。で、パッとやめます」
「『え?こんなコ入ってた?』っていうような人たちが絶対入ってきますから。はい。だから、いま、我慢しましょう」
「いまは我慢して、風俗に行くお金を貯めておき、そして仕事ない人も切り詰めて切り詰めて、そのときのその3カ月のために頑張って、いま、歯を食いしばって踏ん張りましょう」

 すでに多くの人が指摘しているように、岡村の発言は、現在のコロナ禍で収入が減少し生活が苦境に陥った女性が、本人の本意ではないにもかかわらず、性風俗業の仕事をせざるを得ないことを、楽しみに待つというものだ。

 ニッポン放送は謝罪文のなかで「コロナ禍に対する認識の不足による発言」としていたが、そうではなく、岡村はむしろコロナ禍によって生活苦に陥っている人々がいることを十分に認識・理解している。

「批判している人こそ風俗差別だ」などと擁護をしている者もいるが、あまりに的外れだ。これは風俗の是非の話ではない。

 岡村は、生活苦によって自らの意志に反して性風俗業に従事せざるを得ない女性が存在するという「性的搾取」の構造を認識したうえで、その状況を歓迎しているのだ。

 これはゲスどころの話ではない。災害や不景気で貧困に陥る人々がでるたび、「かわいいコが入ってくるな」とよろこぶ──この態度は、女性をモノ扱いし、自らの「性のはけ口」「性奴隷」としか見ない、あまりに卑劣でグロテスクな女性蔑視だ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

岡村隆史「コロナでかわいい人が風俗嬢」の性的搾取歓迎発言でニッポン放送が謝罪も本人スルー! それでも岡村を批判しないテレビのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。PRODUCE 101 JAPANオールナイトニッポンコロナ女性蔑視岡村隆史性風俗業本田コッペの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍首相の“原爆の日”会見で暴力的な質問封じ! 朝日新聞記者の挙げた腕を
2 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
3 核廃絶やる気ない安倍首相 ICANは防衛予算でPCRセンター設置できると
4 菅官房長官のコロナ沖縄イジメに非難
5 内閣不支持62%、国会開くべき8割…それでも国会から逃げる安倍首相!
6 安倍昭恵夫人のウズハウスに出資者がIR汚職に絡んで特捜部に逮捕
7 吉村府知事の眉唾発表「うがい薬でコロナに勝てる!」にツッコミの嵐
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 読売TV『あさパラ!』が岡田晴恵の容姿をからかうセクハラ的バッシング!
10 “フジのスシロー”平井文夫解説委員と安倍夫妻の関係を物語る2枚の写真
11 拉致問題「国民大集会」が安倍首相の礼賛大会に
12 安倍政権の“国会拒否”を田崎史郎と八代英輝がフェイク丸出しで擁護
13 首相諮問会議入りした三浦瑠麗のトンデモコロナ言説
14 マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
15 SexyZoneメンバー“追放”はイジメ?
16 広島原爆の日に安倍首相が卑劣な詐欺行為
17 吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
18 村上春樹が『猫を棄てる』で歴史修正主義と対決、父親の凄惨な戦中体験を
19 『進撃の巨人』のシキシマはリヴァイ?
20 嵐の暴露本出版!メンバーの不仲話も
1また打ち上げ失敗 ホリエモンのロケット事業に経産省が巨額の血税投入
2 Go Toのせいで軽症者用ホテル確保が困難に、でも菅官房長官は
3自民党員の東京都医師会会長もブチ切れ「一刻も早く国会を開け」
4 安倍政権の“国会拒否”を田崎史郎と八代英輝がフェイク丸出しで擁護
5内閣不支持62%、国会開くべき8割…それでも国会から逃げる安倍首相!
6安倍昭恵夫人のウズハウスに出資者がIR汚職に絡んで特捜部に逮捕
7 首相諮問会議入りした三浦瑠麗のトンデモコロナ言説
8韓国の“首相謝罪”像が意外な展開に…「安倍首相は日本国民に謝れ」の声
9吉村府知事の眉唾発表「うがい薬でコロナに勝てる!」にツッコミの嵐
10菅官房長官のコロナ沖縄イジメに非難
11天皇が元SEALDs 奥田父を招きネトウヨが批判、雅子皇后は貧困問題に関心
12「布マスク、さらに8千万枚」に国民の不満が殺到、小泉今日子も疑問の声!
13大阪のコロナ陽性率は東京の倍…それでも吉村知事は自粛呼びかけず
14小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
15専門家の意提案を拒否する安倍政権、政権のいいなりになる尾身茂会長
16安倍首相の“原爆の日”会見で暴力的な質問封じ! 朝日新聞記者の挙げた腕を
17日本のPCR検査数は世界158位、死亡率もアジアで最悪レベル
18小学館で新たに3人がコロナ感染も外部には公表せず!
19ALS患者を殺害した元厚労省医系技官らの優生思想! 麻生や古市と同類
20核廃絶やる気ない安倍首相 ICANは防衛予算でPCRセンター設置できると

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄