たけしがあの愛人と別宅で同棲開始、岡村隆史にも紹介するなど老いらくの恋が止まらない! もう一人の愛人は…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
takeshi_1_140713.jpg
オフィス北野ホームページより


 現在発売中の「女性自身」(光文社)2015年11月17日号に、かねてより北野武との愛人関係が報じられていた女性が、彼から与えられていた超高級マンションを契約更新の時期でもないのに引き払い、現在は北野武の別邸「等々力ベース」で同棲生活を始めているとの報道がなされた。

 武には長年連れ添った幹子夫人がおり、妻や子どもたちが住む大豪邸は別にあるのだが、彼はそちらには帰らず、もっぱら前述の「等々力ベース」を住まいとして生活している。夫婦はもう2年半以上も顔を合わせていないと本人がテレビ番組で明かしたこともあるほどだ。

 ご存知の通り、北野武といえば、「フライデー襲撃事件」の発端となった女性をはじめ、タレントの細川ふみえ、女優の大家由祐子など、数多くの女性と愛人関係を築いてきたわけだが、今回の女性はこれまでの女性とは、どうやら、武の「本気度」が違うようだ。この愛人との関係を明るみにした「週刊文春」(文藝春秋)14年7月17日号の記事では、妻に全財産を渡してもいいから彼女と一緒になりたいと武が語っていたことが報じられた。

 さらに、今年4月には『なるみ・岡村の過ぎるTV』(ABC朝日放送)にて、彼女を連れてナインティナインの岡村隆史と食事に行ったという話や、彼女から「『私に命を懸けてもいい』ってテレビで言えってうるさいんだよ」とのろけ発言を発している。

 68歳にしてハマってしまった「老いらくの恋」。しかし、そうなると、気になるのは、他の女性たちとの関係だ。幹子夫人はともかく、武が愛人との間にも子供をつくり、「もうひとつ家庭」をつくっていたのは有名な話。一体彼女たちはどうなってしまったのか……。当サイトでは、今回の愛人が発覚した時、たけしの女性関係の変化について取り上げた。ここに再録するので、是非ともご一読いただきたい。
(編集部)

********************

「週刊文春」7月17日号に衝撃的スクープが掲載された。「スクープ撮 ビートたけし『100億円の愛人』」と題されたその記事によれば、ビートたけしが今、A子さんという49歳の女性と半同棲中で、周囲には40年来、連れ添ってきた幹子夫人との離婚まで示唆しているという。しかも、「カミさんに全財産渡してもいい」、つまり妻に100億円払っても愛人と一緒になりたいといっているらしいのだ。これが事実なら、いまや文化人・知識人としての風格さえ漂う“世界のキタノ”の「老いらくの恋」である。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新しい道徳 「いいことをすると気持ちがいい」のはなぜか

  • amazonの詳細ページへ
  • 楽天ブックスの詳細ページへ
  • Yahoo! ショッピングの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

たけしがあの愛人と別宅で同棲開始、岡村隆史にも紹介するなど老いらくの恋が止まらない! もう一人の愛人は…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ビートたけし愛人田部祥太編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 “バンクシー”のネズミはOKで安倍首相の顔写真にヒゲはNG?
2 三浦瑠麗が松本人志の悪質セクハラ発言を「問題ない」と擁護
3 国連も「組み体操」の危険性を指摘!
4 竹田恒泰が父の五輪汚職捜査に「フランスは皇室がないからひがんでる」
5 つんく♂が秋元のメンバー差別に
6 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
7 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
8 読売、産経の安保報道を池上彰が批判
9 古市憲寿「平成くん、さようなら」と「終末期医療打ち切れ」論
10 DA PUMPがEXILEに挑戦状
11 収賄疑惑の甘利大臣がバンダイとも
12 外務省が日米地位協定のウソ説明をコッソリ修正
13 追悼!市原悦子が生前語った安倍政権への怒り、反戦の思い
14 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
15 松本人志が指原莉乃に悪質セクハラ差別発言! 
16 JOC竹田会長が女性死なせる交通事故
17 純烈・友井報道で芸能マスコミジャニーズ御用体質 
18 安倍はセカイ系!あのマンガが暴露
19 産経と菅官房長官が「辺野古赤土投入問題」追及の望月記者を攻撃
20 日露外相会談の大失態を必死で隠す安倍政権
1安倍首相が辺野古の土砂投入で「サンゴを移した」と大嘘
2追悼!市原悦子が生前語った安倍政権への怒り、反戦の思い
3クイーンのB・メイ辺野古署名に『ボヘラプ』鑑賞の安倍首相は…
4元日『相棒』が今年も安倍政権批判!
5ローラ、村本、りゅうちぇる芸能人よく言った大賞後編
6所ジョージが沖縄米軍基地反対ソング! 
7ウーマン村本、ローラ…権力批判芸能人を排除する醜悪メディア
8安倍首相の“サンゴ移植した”嘘を追及しない本土メディア
9竹田恒泰が父の五輪汚職捜査に「フランスは皇室がないからひがんでる」
10早野龍五・被曝論文に重大誤り!お墨付き与えた糸井重里の責任
11産経と菅官房長官が「辺野古赤土投入問題」追及の望月記者を攻撃
12安倍首相の改憲キャンペーンに松本人志、小藪千豊らが協力?
13 仏司法当局が東京五輪誘致汚職で竹田恒和JOC会長の捜査開始!
14日露外相会談の大失態を必死で隠す安倍政権
15 ゴーン前会長出廷で露呈した特捜部の無理スジ国策捜査
16 バカリズム、指原莉乃が外国人労働者問題で差別丸出し
17外務省が日米地位協定のウソ説明をコッソリ修正
18安倍政権の反韓煽動が酷い!「韓国へ渡航禁止」まで主張
19平沢勝栄だけじゃない自民党の性差別 
20落合陽一は反省表明したが…古市憲寿と落合の無自覚

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄