たけしがあの愛人と別宅で同棲開始、岡村隆史にも紹介するなど老いらくの恋が止まらない! もう一人の愛人は…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 また、02年に大家由祐子との同棲が「FRIDAY」(02年3月22日号)で報じられたときも、同時にたけしがRさんと切れていないことをうかがわせる記述があった。

「出張先から戻ったたけしが大家の待つマンションに入ると、車はそのまま幹子夫人の住む家に向かった。運転手が何やら紙袋をトランクから取り出すと、家の中へ。次に向かったのはAさんのマンション。同じように紙袋を運転手は渡しに行く」

 25歳年下の新たな愛人が出来ても、本妻と隠し子を産んだA子さんにお土産を届ける。そこには一度深く付き合うと、とことん面倒を見るたけしの女とのつきあい方がうかがえる。たけしは妻と愛人について自著『愛でもくらえ』(祥伝社)でこう語った事があった。

「愛人とかみさんと、その序列を考えてみたりする。序列というか、オレは順番っていうんだけど。(中略)どう考えたって、オレのおねえちゃんのほうが女としてはいいんだから。若いし、いい子だし。だけど違うんだよな、かみさんとは。かみさんを捨てるわけにもいかない。それが順番だとおもっているから」

 隠し子を産んだA子さんと結婚しなかったのも、娘を認知しなかったのも、こうしたたけしの考え方があったからだった。だが、この“順番を守る”という意識は正式な妻だけでなく、愛人に対しても同じだった。だから新しい愛人ができても、昔の愛人との関係はきらずに、ずっと面倒を見続けてきたのである。

 ところが、今回の新愛人に出会って、たけしは女性とのつきあい方を変えてしまったようだ。「週刊文春」ではこんな関係者のコメントが紹介されている。

「これまで星の数ほど愛人を作ったたけしさんですが、これほど夢中になった女性は初めてじゃないでしょうか。『カミさんに全財産渡して(A子さんと)一緒になる』と言ったときにはゾッとしました」

 筆者が取材したたけしの知人も「これまでの女性とちがって、たけしさんはA子さんの尻にしかれて完全にいいなり。財産についても、実は奥さんに全額なんていう話ではなく、絵画の権利などについては愛人のA子さんにゆずると言い出している。今のたけしさんとA子さんの力関係を考えると、夫人はもちろん、過去の愛人も完全に切られてしまうでしょう。Rさんについては、すでに関係を絶ってしまったという話もあります」という。

 それでも資産管理会社の社長をつとめる夫人の場合は巨額の財産が残るが、Rさんは子どもの認知もしてもらっていないため、金銭的な見返りもほとんど望めない。女性にだらしないたけしだが、“面倒見のよさ”だけは唯一のいいところだった。それをこうも簡単に捨ててしまうというのは、よほど新しい愛人が魅力的なのか、それともたけしが自分のことしか考えられないくらい老いてしまったということなのだろうか。
(田部祥太)

最終更新:2015.11.02 06:47

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新しい道徳 「いいことをすると気持ちがいい」のはなぜか

  • amazonの詳細ページへ
  • 楽天ブックスの詳細ページへ
  • Yahoo! ショッピングの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

たけしがあの愛人と別宅で同棲開始、岡村隆史にも紹介するなど老いらくの恋が止まらない! もう一人の愛人は…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ビートたけし愛人田部祥太編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
2 コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
5 吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
6 自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
7 維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
8 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
9 吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
10 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
11 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
12 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
13 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
14 ラムダ株隠蔽で菅政権が大嘘の言い訳!パラでも隠蔽可能に
15 自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
16 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
17 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
18 文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
19 『報ステ』ディレクターの自殺と原発
20 セブン-イレブンオーナーの自殺続出
1吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
2吉村知事や橋下徹の「国会議員の“文通費”批判」に盛大ブーメラン
3文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
4維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
5自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
6吉村知事「1日で文通費100万円」ごまかし手口!リテラの取材のあとに
7自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
8高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
9コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
10吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
11政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄