『コウノドリ』好調の綾野剛と小栗旬を結ぶ絆とは? 綾野、小栗を見出した伝説のプロデューサーが語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ayano_oguri_151106_top.jpg
トライストーン・エンタテイメントHPより


 金曜22時から放送中のTBSドラマ『コウノドリ』に出演中の綾野剛。綾野にとってはドラマ単独初主演、しかも産科医でありながら天才ピアニストでもあるという不思議な役どころで、視聴者からは「話は感動的なのにピアニスト人格の金髪ヅラが笑えて困る」と話題に。カツラ姿を除いて評判は上々のようだ。

 昨年公開された初主演映画『そこのみにて光輝く』(監督/呉美保)は、モントリオール世界映画祭で最優秀監督賞を受賞したほか、『キネマ旬報』ベスト・テンで第1位に選ばれ、綾野は主演男優賞を獲得。さらに今年は『新宿スワン』(監督/園子温)もヒットし、着実に主演俳優へと成長しつつある綾野。だが、じつはその裏側では、さまざまな懸念もあったらしい。

「綾野剛は果たして映画一本背負える役者なのかと、プロデューサーとして非常に悩んでいたんですよ」
「『そこのみにて光輝く』で映画賞を山ほど獲ったけれど、今後の綾野剛をどうするかということについて簡単な結論は出せない」

 このように語っているのは、『新宿スワン』のプロデューサーであり、“日本映画界の怪人”とも評される山本又一朗氏。山本氏は現在発売中の「文學界」(文藝春秋)にて、綾野を主演に抜擢したいきさつを明かしている。

「最初は『新宿スワン』にいきなり綾野を使うのは作品にとっても、綾野自身にとってもリスクがあると考えていたんです。誰がいいだろうか、他に誰かいないかと思い悩んでいた」(山本氏)

 じつは山本氏、綾野が所属する芸能プロダクション、トライストーン・エンタテイメントの社長でもある。キャスティングに悩み、山本が『新宿スワン』の原作者である和久井健氏らと打ち合わせの会食をしていたところ、ちょうど綾野が山本氏に電話をかけてきた。「打ち合わせ中だ」と山本氏が伝えると、綾野は「ああ、そうですか」と残念そうな返事。そこで綾野をその場に呼ぶことになったのだが、綾野が入ってくるなり和久井氏が「居るじゃないですか、(主役の)白鳥龍彦が!」といい、綾野も「社長、白鳥やりたいです」と身を乗り出したというのだ。

 役者には演技力だけでなく、運やタイミングも求められるのだろう。実際、綾野が山本氏率いる現在の事務所に所属したのは、小栗旬主演の『クローズZEROⅡ』(2009年/三池崇史監督)に出演したことがきっかけだった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

綾野剛 写真集 『 胎響 』

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

『コウノドリ』好調の綾野剛と小栗旬を結ぶ絆とは? 綾野、小栗を見出した伝説のプロデューサーが語るのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。大方 草の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
2 八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
3 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
4 河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
5 高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
8 「詩織さん全面勝訴」で証明された警察と検察のおかしさ! 
9 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
10 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
11 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
12 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
13 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
14 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
15 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
16 室井佑月の『ひるおび!』降板で麻木久仁子が滝川クリステルに疑問
17 中谷美紀が日本の男尊女卑、安倍政権の女性政策に苦言
18 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
19 山口敬之氏が詩織さんに卑劣すぎる反論
20 共謀罪で小林多喜二の悲劇が再び現実に
1安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
3山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
4八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
5高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
6総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
8河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
9高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
10 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
11河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
12倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
13自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
14安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
15DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄