『コウノドリ』好調の綾野剛と小栗旬を結ぶ絆とは? 綾野、小栗を見出した伝説のプロデューサーが語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ayano_oguri_151106_top.jpg
トライストーン・エンタテイメントHPより


 金曜22時から放送中のTBSドラマ『コウノドリ』に出演中の綾野剛。綾野にとってはドラマ単独初主演、しかも産科医でありながら天才ピアニストでもあるという不思議な役どころで、視聴者からは「話は感動的なのにピアニスト人格の金髪ヅラが笑えて困る」と話題に。カツラ姿を除いて評判は上々のようだ。

 昨年公開された初主演映画『そこのみにて光輝く』(監督/呉美保)は、モントリオール世界映画祭で最優秀監督賞を受賞したほか、『キネマ旬報』ベスト・テンで第1位に選ばれ、綾野は主演男優賞を獲得。さらに今年は『新宿スワン』(監督/園子温)もヒットし、着実に主演俳優へと成長しつつある綾野。だが、じつはその裏側では、さまざまな懸念もあったらしい。

「綾野剛は果たして映画一本背負える役者なのかと、プロデューサーとして非常に悩んでいたんですよ」
「『そこのみにて光輝く』で映画賞を山ほど獲ったけれど、今後の綾野剛をどうするかということについて簡単な結論は出せない」

 このように語っているのは、『新宿スワン』のプロデューサーであり、“日本映画界の怪人”とも評される山本又一朗氏。山本氏は現在発売中の「文學界」(文藝春秋)にて、綾野を主演に抜擢したいきさつを明かしている。

「最初は『新宿スワン』にいきなり綾野を使うのは作品にとっても、綾野自身にとってもリスクがあると考えていたんです。誰がいいだろうか、他に誰かいないかと思い悩んでいた」(山本氏)

 じつは山本氏、綾野が所属する芸能プロダクション、トライストーン・エンタテイメントの社長でもある。キャスティングに悩み、山本が『新宿スワン』の原作者である和久井健氏らと打ち合わせの会食をしていたところ、ちょうど綾野が山本氏に電話をかけてきた。「打ち合わせ中だ」と山本氏が伝えると、綾野は「ああ、そうですか」と残念そうな返事。そこで綾野をその場に呼ぶことになったのだが、綾野が入ってくるなり和久井氏が「居るじゃないですか、(主役の)白鳥龍彦が!」といい、綾野も「社長、白鳥やりたいです」と身を乗り出したというのだ。

 役者には演技力だけでなく、運やタイミングも求められるのだろう。実際、綾野が山本氏率いる現在の事務所に所属したのは、小栗旬主演の『クローズZEROⅡ』(2009年/三池崇史監督)に出演したことがきっかけだった。

 この映画のオーディションに参加した綾野は、本作のプロデューサーだった山本氏の目にとまり、わざわざ原作にはない役を用意され出演することに。さらに、同じく山本氏に見出され、トライストーン・エンタテイメントに所属していた小栗旬から「綾野くんさぁ、俺と心中してくんね?」「剛みたいなヤツが欲しいんだ。ほんとうに本物の役者しかいない事務所にしたい」と直々に口説かれ、事務所移籍を決めたのだという(TBS『A−Studio』で発言)。

 綾野のその後の活躍はご存じの通りで、山本氏の眼に間違いはなかったというわけだが、ちなみに、小栗に白羽の矢を立て、事務所に引き入れたときのことを山本氏はこのように語っている。当時、小栗はまだ15歳だった。

「学校帰りみたいな黒いパンツに白い半そでのシャツでちょこんと椅子に腰かけて、顔を真っ赤にしながら自分の靴のかかとばっかり見ている少年で、その姿を見て、ピンと来ました。
 何かを秘めた内面性をすごく感じさせる少年。「はい、はい」って言うのではなくて、「はっ、はい」って言う感じだった。この野郎、面白いなあと思ってね(笑)」

 そんな初々しい少年だった小栗は、その後、社長も通さず直に役者を口説き落として移籍を迫る掟破りの役者になるわけだが、これは社長・山本氏あってこそのものなのだろう。

 というのも、山本氏は“逸話”に事欠かない人物。弱冠30歳にして、『シェルブールの雨傘』や『ロシュフォールの恋人たち』で知られるフランスの巨匠ジャック・ドゥミ監督に『ベルサイユのばら』の実写版を撮らせるというとんでもない荒技をやってのけ、一方で、沢田研二が原発から盗んだプルトニウムで原爆をつくって政府を脅迫するという伝説のアクション映画『太陽を盗んだ男』(監督/長谷川和彦)と、いしいひさいちの4コママンガ『がんばれ!!タブチくん!!』をアニメ映画化。同じ年に奇想天外な3本の映画を世に放つという、鮮烈な映画プロデューサーデビューを果たした。まさかの高倉健主演『ゴルゴ13』のプロデューサーも、この山本氏だ。

 そんな映画界の山師というべき山本氏をもってしても公開にいたらなかったのが、日本未公開の幻の映画『ミシマ:ア・ライフ・イン・フォー・チャプターズ』だ。フランシス・コッポラとジョージ・ルーカスが製作総指揮をとった同作は日本でも公開される予定だったが、三島由紀夫の同性愛描写に遺族が反対したこと、そして右翼団体からの抗議が予想されたため、日本ではお蔵入りとなった。

 このとき、第1回東京国際映画祭で『ミシマ』を上映しようと奮闘した山本氏は、「『ミシマ』なんかやったら右翼が反対して騒ぎ、第1回目から大混乱になる」と反対した日本映画製作者連盟会長で後の東映会長・岡田茂氏に、こう反論したのだという。

「文化的なイベントとしての国際映画祭は右翼に屈服してはいけない。日本は法治国家だから、右翼が来るなら警察を呼んで守ってもらえばいいんです」

 萎縮するな、そうでなければ映画界は衰退する──。こうした山本氏の態度は、小栗の姿勢にも相通じる。本サイトで既報の通り、小栗は昨年、「クイック・ジャパン」(太田出版)vol.115に掲載された鈴木亮平との対談で「僕らの同世代でも上の世代でも「この人、何も考えてないのによく生き残ったな」っていう人はいますから。事務所の力もありますし」と、堂々と芸能界批判を展開。さらに、俳優の労働条件を改善するべく、俳優のための労働組合づくりを「ぼちぼち本格的にやるべきだなと思っています」と口にした。

 しかも、小栗は芸能界の暗部ともいえる大手プロダクションの権力をほのめかすように、こうも話した。

「「自分は誰かに殺されるかもしれない」くらいの覚悟で戦わないと、日本の芸能界を変えるのは相当難しいっすね」

 殺される覚悟ででも芸能界を変えたい。それはスキルのある役者がきちんと評価され、勝負できる環境に変えたいという小栗の強い信念の表れだ。山本氏は「自分の力で映画一本を支えられるスターを育てる」という思いから芸能プロダクションを設立したが、そんな山本氏の心意気のなかで育てられた小栗だからこそ、最近の芸能人にはあまりない“改革心”を抱くようになったのだろう。

 山本氏の熱さが小栗に伝播し、それが綾野をはじめ、小栗を慕う鈴木亮平や山田孝之らにも流れていく。そう考えると、山本氏の豪気さが、芸能界に小さな風を生み出しつつあるのかもしれない。
(大方 草)

最終更新:2015.11.06 11:07

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

綾野剛 写真集 『 胎響 』

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

『コウノドリ』好調の綾野剛と小栗旬を結ぶ絆とは? 綾野、小栗を見出した伝説のプロデューサーが語るのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。大方 草の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 維新の野党共闘ディスが悪質!吉村知事も“暴言王”足立康史と一緒に
2 Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
3 Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
4 大阪に看護師不足は維新のせい!橋下徹は看護師の給料を「バカ高い」と攻撃
5 安倍晋三が杉田水脈の名簿順位を上げ、あの初村元秘書の公認ゴリ押し
6 吉村知事の大阪府は「時短協力金」支給も大幅遅れでダントツ最下位! 
7 甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
8 『ひるおび!』出演者のバービーが番組の野党の扱いに疑問!
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
11 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
12 有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
13 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
14 ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
15 眞子内親王をPTSDにした小室圭さんバッシングの裏にある差別的本質!
16 辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
17 岸田首相の解散直前『報ステ』単独出演に「放送の中立性欠く」と批判殺到!
18 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
19 すぎやまこういち死去報道で封印された歴史修正主義と性差別肯定発言
20 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
1 Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
2 有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
3 甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
4 『ひるおび!』出演者のバービーが番組の野党の扱いに疑問!
5 甘利幹事長に「闇パーティ」広告塔疑惑
6 ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
7 Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
8 岸田首相の解散直前『報ステ』単独出演に「放送の中立性欠く」と批判殺到!
9 辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
10 維新の野党共闘ディスが悪質!吉村知事も“暴言王”足立康史と一緒に
11 岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
12 安倍晋三が杉田水脈の名簿順位を上げ、あの初村元秘書の公認ゴリ押し
13 すぎやまこういち死去報道で封印された歴史修正主義と性差別肯定発言

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄