『コウノドリ』好調の綾野剛と小栗旬を結ぶ絆とは? 綾野、小栗を見出した伝説のプロデューサーが語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 この映画のオーディションに参加した綾野は、本作のプロデューサーだった山本氏の目にとまり、わざわざ原作にはない役を用意され出演することに。さらに、同じく山本氏に見出され、トライストーン・エンタテイメントに所属していた小栗旬から「綾野くんさぁ、俺と心中してくんね?」「剛みたいなヤツが欲しいんだ。ほんとうに本物の役者しかいない事務所にしたい」と直々に口説かれ、事務所移籍を決めたのだという(TBS『A−Studio』で発言)。

 綾野のその後の活躍はご存じの通りで、山本氏の眼に間違いはなかったというわけだが、ちなみに、小栗に白羽の矢を立て、事務所に引き入れたときのことを山本氏はこのように語っている。当時、小栗はまだ15歳だった。

「学校帰りみたいな黒いパンツに白い半そでのシャツでちょこんと椅子に腰かけて、顔を真っ赤にしながら自分の靴のかかとばっかり見ている少年で、その姿を見て、ピンと来ました。
 何かを秘めた内面性をすごく感じさせる少年。「はい、はい」って言うのではなくて、「はっ、はい」って言う感じだった。この野郎、面白いなあと思ってね(笑)」

 そんな初々しい少年だった小栗は、その後、社長も通さず直に役者を口説き落として移籍を迫る掟破りの役者になるわけだが、これは社長・山本氏あってこそのものなのだろう。

 というのも、山本氏は“逸話”に事欠かない人物。弱冠30歳にして、『シェルブールの雨傘』や『ロシュフォールの恋人たち』で知られるフランスの巨匠ジャック・ドゥミ監督に『ベルサイユのばら』の実写版を撮らせるというとんでもない荒技をやってのけ、一方で、沢田研二が原発から盗んだプルトニウムで原爆をつくって政府を脅迫するという伝説のアクション映画『太陽を盗んだ男』(監督/長谷川和彦)と、いしいひさいちの4コママンガ『がんばれ!!タブチくん!!』をアニメ映画化。同じ年に奇想天外な3本の映画を世に放つという、鮮烈な映画プロデューサーデビューを果たした。まさかの高倉健主演『ゴルゴ13』のプロデューサーも、この山本氏だ。

 そんな映画界の山師というべき山本氏をもってしても公開にいたらなかったのが、日本未公開の幻の映画『ミシマ:ア・ライフ・イン・フォー・チャプターズ』だ。フランシス・コッポラとジョージ・ルーカスが製作総指揮をとった同作は日本でも公開される予定だったが、三島由紀夫の同性愛描写に遺族が反対したこと、そして右翼団体からの抗議が予想されたため、日本ではお蔵入りとなった。

 このとき、第1回東京国際映画祭で『ミシマ』を上映しようと奮闘した山本氏は、「『ミシマ』なんかやったら右翼が反対して騒ぎ、第1回目から大混乱になる」と反対した日本映画製作者連盟会長で後の東映会長・岡田茂氏に、こう反論したのだという。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

綾野剛 写真集 『 胎響 』

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

『コウノドリ』好調の綾野剛と小栗旬を結ぶ絆とは? 綾野、小栗を見出した伝説のプロデューサーが語るのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。大方 草の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
2 Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
3 維新の野党共闘ディスが悪質!吉村知事も“暴言王”足立康史と一緒に
4 安倍晋三が杉田水脈の名簿順位を上げ、あの初村元秘書の公認ゴリ押し
5 有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
6 甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
7 岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
10 コロナ感染が再拡大するなか安倍首相が有名人とステーキ会食!
11 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
12 『ひるおび!』出演者のバービーが番組の野党の扱いに疑問!
13 ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
14 検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
15 辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
16 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
17 すぎやまこういち死去報道で封印された歴史修正主義と性差別肯定発言
18 首相官邸のSNSはやはり電通が仕切っていた! 高橋まつりさんも母親に
19 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
20 忘れるな、福島原発事故の主犯は安倍だ
1Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
2有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
3甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
4『ひるおび!』出演者のバービーが番組の野党の扱いに疑問!
5甘利幹事長に「闇パーティ」広告塔疑惑
6ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
7Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
8岸田首相の解散直前『報ステ』単独出演に「放送の中立性欠く」と批判殺到!
9辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
10岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
11安倍晋三が杉田水脈の名簿順位を上げ、あの初村元秘書の公認ゴリ押し
12維新の野党共闘ディスが悪質!吉村知事も“暴言王”足立康史と一緒に
13すぎやまこういち死去報道で封印された歴史修正主義と性差別肯定発言

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄