作家の東野圭吾が元少年A 『絶歌』めぐり幻冬舎に激しい抗議!? 出版断念の原因か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
zekka_01_150610.jpg
『絶歌 神戸連続児童殺傷事件』(太田出版)

 いまなお余波が続いている神戸連続児童殺傷事件の加害者・元少年A の手記『絶歌』(太田出版)の出版問題。この手記が、じつは太田出版ではなく、幻冬舎から刊行されるはずだったことは本サイトでもすでに報じた。また、幻冬舎が出版を断念した背景には、手記の仕掛人である見城徹・幻冬舎社長が安倍首相や官邸との関係を深め、フィクサー化していった問題があるではないかという分析も指摘した。見城氏が世間の顰蹙を買う本を出版することで、自分が築き上げた立場が揺らぐことを恐れ、太田出版に押し付けたのではないか、と。

 しかし、ここにきて、幻冬舎が『絶歌』出版を断念した理由がもうひとつあったとの情報が流れてきた。それが人気作家・東野圭吾氏の存在だ。東野氏は加賀恭一郎シリーズやガリレオシリーズ、『白夜行』など数多くのヒット作を連発し続けている売れっ子作家で、作品の多くが映像化もされている。そんな東野氏と元少年Aの手記に一体どんな関係があるのか。

 じつは今年初めの段階で、幻冬舎が元少年Aの手記を出す計画をもっていることを、「週刊新潮」(新潮社)がすっぱ抜いているが、これを東野氏が読んで反応したのだという。

「『新潮』が出た後に東野さんから幻冬舎の担当に連絡が入り、『そんなものを出したら今後、幻冬舎との付き合いを考える』と言われたらしいんです。しかも、自身の版権引き上げについてもほのめかしたようで、その事実は幻冬舎の幹部にも報告されたようです」(大手文芸編集者)

 東野氏は幻冬舎から2010年に『プラチナデータ』を刊行している。これは瞬く間にミリオンセラーという大ヒットになり、13年には二宮和也主演で映画化もされた大ヒット作だ。幻冬舎にとって東野氏はドル箱作家であり、幹部たちは真っ青になったという。

「東野さんは、神戸に近い大阪出身ですし、神戸連続児童殺傷事件にも大きな関心を寄せていました。それは『手紙』(毎日新聞社)や『さまよう刃』(朝日新聞出版)などの作品にも投影され、少年法は誰のためにあるのかといった問題提起を続けてきた。そのため、元少年Aによる手記を出すことを許せなかったんでしょう」(前同)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

作家の東野圭吾が元少年A 『絶歌』めぐり幻冬舎に激しい抗議!? 出版断念の原因かのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。タブー幻冬舎時田章広の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 ジャニーズに弱いワイドショーが手越祐也を批判した理由
2 安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
3 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
6 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
7 テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
8 検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
9 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
10 安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
11 安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
12 木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
13 松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
14 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
15 河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
16 自民党がネトサポに他党叩きを指南
17 恩知らずはメリー! 飯島マネの功績
18 橋下が「人格障害」名誉毀損裁判で敗訴
19 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
20 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
1検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
2官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
3 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
4安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
5安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
6松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
7安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
8 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
9黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
10検察OB意見書にあったロックの言葉を訳した安倍の大学時代の教授が
11内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
12河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
13田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
14検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
15テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
16検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
17木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
18岡村隆史問題で松本人志の逃げ方、古市憲寿のスリカエがひどい
19箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
20ジャニーズに弱いワイドショーが手越祐也を批判した理由

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄