作家の東野圭吾が元少年A 『絶歌』めぐり幻冬舎に激しい抗議!? 出版断念の原因か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
zekka_01_150610.jpg
『絶歌 神戸連続児童殺傷事件』(太田出版)

 いまなお余波が続いている神戸連続児童殺傷事件の加害者・元少年A の手記『絶歌』(太田出版)の出版問題。この手記が、じつは太田出版ではなく、幻冬舎から刊行されるはずだったことは本サイトでもすでに報じた。また、幻冬舎が出版を断念した背景には、手記の仕掛人である見城徹・幻冬舎社長が安倍首相や官邸との関係を深め、フィクサー化していった問題があるではないかという分析も指摘した。見城氏が世間の顰蹙を買う本を出版することで、自分が築き上げた立場が揺らぐことを恐れ、太田出版に押し付けたのではないか、と。

 しかし、ここにきて、幻冬舎が『絶歌』出版を断念した理由がもうひとつあったとの情報が流れてきた。それが人気作家・東野圭吾氏の存在だ。東野氏は加賀恭一郎シリーズやガリレオシリーズ、『白夜行』など数多くのヒット作を連発し続けている売れっ子作家で、作品の多くが映像化もされている。そんな東野氏と元少年Aの手記に一体どんな関係があるのか。

 じつは今年初めの段階で、幻冬舎が元少年Aの手記を出す計画をもっていることを、「週刊新潮」(新潮社)がすっぱ抜いているが、これを東野氏が読んで反応したのだという。

「『新潮』が出た後に東野さんから幻冬舎の担当に連絡が入り、『そんなものを出したら今後、幻冬舎との付き合いを考える』と言われたらしいんです。しかも、自身の版権引き上げについてもほのめかしたようで、その事実は幻冬舎の幹部にも報告されたようです」(大手文芸編集者)

 東野氏は幻冬舎から2010年に『プラチナデータ』を刊行している。これは瞬く間にミリオンセラーという大ヒットになり、13年には二宮和也主演で映画化もされた大ヒット作だ。幻冬舎にとって東野氏はドル箱作家であり、幹部たちは真っ青になったという。

「東野さんは、神戸に近い大阪出身ですし、神戸連続児童殺傷事件にも大きな関心を寄せていました。それは『手紙』(毎日新聞社)や『さまよう刃』(朝日新聞出版)などの作品にも投影され、少年法は誰のためにあるのかといった問題提起を続けてきた。そのため、元少年Aによる手記を出すことを許せなかったんでしょう」(前同)

 しかし、曲がりなりにも東野氏は作家であり言論人だ。過去には日本推理作家協会の理事長を務めたこともある。いくら自分の信念にあわないからといって、他者の言論や出版の権利を妨害するというのは、にわかには信じがたい。

 だが、東野氏は過去においても、今回と同様に出版社の記事に圧力を加えたことがある。

 それは10年末から「週刊現代」(講談社)で連載されていたジャーナリスト・岩瀬達哉氏の記事「かい人21面相は生きている──グリコ森永事件の真実」を巡ってのものだった。この記事には名指しこそされていないものの、事件の真犯人として作家の黒川博行氏を類推させる記述があったもので、これを読んだ黒川氏が激怒し、「週刊文春」(文藝春秋)で反論手記を掲載。また、講談社と岩瀬氏に対して名誉毀損で提訴する事態に発展した(その後、裁判で黒川氏の勝訴が確定)。

 そして、この一件になぜか反応したのが東野氏だった。東野氏は「週刊文春」の黒川手記を見るや講談社の担当者に連絡をした上で、「講談社の対応を注意深く見守る」との書面を送ってきたのだ。当時、東野氏は日本推理作家協会の理事長であり、黒川氏とも旧知の仲。この際、黒川氏は講談社に対し「週刊現代」編集長と記事担当者の更迭を求めていたが、講談社はそれを拒否していたために、東野氏が怒ったと言われていた。

 このときも、いくら記事が間違いだったとはいえ、売れっ子作家が自分の立場を利用して無関係の記事にまで介入するのはやりすぎではないか、という声があがったが、今回も同じ構図のことが起きたということだろうか。

 もちろん、幻冬舎が東野氏の抗議だけが原因で『絶歌』の出版を見送ったということはないだろう。しかし少なくとも、その意向がいくつかの理由のなかのひとつとして“反映”されたことは想像に難しくない。

 同じ幻冬舎から出版された『殉愛』の騒動では、出版社系週刊誌が百田尚樹氏批判をタブーにしてしまったが、やはり売れっ子作家の威力は出版社にとって絶対的なものなのである。
(時田章広)

最終更新:2015.07.12 06:04

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

作家の東野圭吾が元少年A 『絶歌』めぐり幻冬舎に激しい抗議!? 出版断念の原因かのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。タブー幻冬舎時田章広の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 「五輪子ども動員」強行のために東京都が“キャンセル案内文書”を隠蔽!
2 “G7でぼっち”菅首相フォローのため甘利明やFNNが妄想ストーリー
3 五輪の有観客開催強行のため菅首相が会見で空疎な嘘を連発!
4 組織委が五輪取材の海外メディアに「隔離0日」になる“抜け穴”例文を提示!
5 G7で“借りてきたネコ”状態の菅首相をヨイショするためNHKがフェイク!
6 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
7 国会延長拒否の菅政権が「土地規制法案」だけ強行採決へ!その危険な中身
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 JOC経理部長の飛び込み自殺で囁かれる「五輪招致買収」との関係,
10 東京五輪のディレクター人件費は1日42万円 パソナの募集は1万2000円
11 吉村知事の大阪府は「時短協力金」支給も大幅遅れでダントツ最下位! 
12 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
13 平井卓也のヤクザ並み恫喝はオリパラアプリのデタラメ発注をごまかすため! 
14 「大阪の自宅死が全国最多」でも吉村知事を追及できないマスコミ 朝日も…
15 植村隆の名誉毀損裁判で不当判決!櫻井よしこの捏造を無視
16 五輪組織委の現役職員が異常な人件費と中抜きの実情を告発!
17 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
18 五輪映画監督の河瀨直美が露骨な五輪礼賛発言、反対の声を八つ当たり扱い!
19 高須院長が田中事務局長と鈴木宗男に超法規的なリコール期限延長を陳情
20 代々木公園で木々を剪定し東京五輪のパブリックビューイング会場 電通が落札
1 JOC経理部長の飛び込み自殺で囁かれる「五輪招致買収」との関係,
2 五輪組織委の現役職員が異常な人件費と中抜きの実情を告発!
3 炎上、竹中平蔵がYouTubeで「一部の既得権者が利益」とおまゆう発言
4 「大阪の自宅死が全国最多」でも吉村知事を追及できないマスコミ 朝日も…
5 変異株クラスター発生のなか…政府は病床使用率の変更
6 組織委が五輪取材の海外メディアに「隔離0日」になる“抜け穴”例文を提示!
7 「五輪子ども動員」強行のために東京都が“キャンセル案内文書”を隠蔽!
8 G7で“借りてきたネコ”状態の菅首相をヨイショするためNHKがフェイク!
9 平井卓也のヤクザ並み恫喝はオリパラアプリのデタラメ発注をごまかすため! 
10 国会延長拒否の菅政権が「土地規制法案」だけ強行採決へ!その危険な中身
11 吉村知事の大阪府は「時短協力金」支給も大幅遅れでダントツ最下位! 
12 高須院長が田中事務局長と鈴木宗男に超法規的なリコール期限延長を陳情
13 五輪の有観客開催強行のため菅首相が会見で空疎な嘘を連発!
14 “G7でぼっち”菅首相フォローのため甘利明やFNNが妄想ストーリー
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄