ジャニーズに弱いワイドショーが今回、「手越祐也」を批判した理由! 金塊事件容疑者との交遊や未成年飲酒もスルーしていたのに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ジャニーズに弱いワイドショーが今回、「手越祐也」を批判した理由! 金塊事件容疑者との交遊や未成年飲酒もスルーしていたのにの画像1
芸能活動自粛が発表された手越祐也


 ジャニーズ事務所所属のNEWS手越祐也が緊急事態宣言下に女性らと飲み会を開いていた問題で、芸能活動を自粛することになった。

 手越についてはまず、「週刊文春」(5月13日発売号)が緊急事態宣言下の4月下旬にパーティを開いていたことを報道。ジャニーズ事務所がコロナ感染防止のチャリティ企画「Twenty☆Twenty」への参加見合わせを発表していた。ところが、今度は5月23日未明にも飲み会をしていたことが「文春オンライン」(5月23日付)にすっぱぬかれ、とうとうジャニーズ事務所が芸能活動の全面自粛という処分を下したのだ。

「今回の措置は完全にジャニーズ事務所の主導です。手越についてはこれまでもさまざまな不祥事やスキャンダルを引き起こしていたが、“女帝”メリー喜多川副社長の寵愛を受けていたため、事務所内でもその行動を誰も諌めることができなかったし、すべてなかったことにしてきた。しかし、メリーさんが第一線を退いて影響力を低下させていることに加え、滝沢秀明副社長の方針で、タレントの不祥事に厳しい対応をし始めていますからね。たとえば、ジュニアのHiHi Jetsメンバーのプライベート画像流出問題や、売り出し中のSnowMan岩本照のラブホ合コン・未成年飲酒問題で活動自粛処分にしています。こうした流れで、手越も今回、処分をすることになったのでしょう。テレビ局もジャニーズ事務所の意向を受けて、すぐにレギュラー番組『世界の果てまでイッテQ!』などの出演見合わせを決めました」(スポーツ紙ジャニーズ担当記者)

 出演見合わせだけではない。驚いたことに、ワイドショーも一斉にこの手越問題を報道。「社会人として自覚が足りない」「さすがに今回はまずい」などと苦言を呈している。

 まったくどういう神経をしているのか。断っておくが、これ、手越に対する言葉ではない。芸能マスコミに対して言っているのだ。

 先のコメントでもあったように手越についてはこれまでも、さまざまなスキャンダルや不祥事が明らかになってきた。しかし、手越がどんな事件を起こそうが、ワイドショーもスポーツ紙も一切報じることはなかったし、手越自身も一度も謹慎などすることなくテレビに出続けてきた。

 たとえば、今回2回立て続けに報じられたコロナ禍での飲み会報道だが、手越はそれ以前、政府が不要不急の外出を自粛するよう国民に呼びかけている最中の3月下旬に参加していた。

 安倍首相の妻・昭恵氏が芸能人らに囲まれて花見を楽しんでいたことを「週刊ポスト」(小学館)と「NEWSポストセブン」が写真とともに3月下旬に報じたが、掲載された写真にはライトアップされ美しく咲き誇る桜の木をバックに、ニッコリと満面の笑みを浮かべる昭恵氏の前方では、手越が親指を立てて微笑んでいた。

 この昭恵氏の“花見”については国会でも取り上げられ安倍首相が逆ギレ反論するなど大きな話題となり、テレビでも花見写真が大々的に報じられた。

 しかし、ワイドショーは手越の“手”すら口するにことはなく、問題の花見写真を紹介する際も、手越の顔の部分にはぼかしが入れる始末だった。安倍首相はこの集まりについて「知人と会合」と国会で説明しており、手越の参加はこの会合が不要不急なのか否かを知る上でも重要な材料なはずなのに、その存在をなかったことにしてしまったのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

ジャニーズに弱いワイドショーが今回、「手越祐也」を批判した理由! 金塊事件容疑者との交遊や未成年飲酒もスルーしていたのにのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズ事務所ワイドショー手越祐也時田章広の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
2 吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
3 「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
4 マキタスポーツ「安倍は何の魅力もない」
5 古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 国会審議で「総理は嘘つき」が“侮辱罪”にあたる可能性を政府は否定せず
8 岸田政権の“改憲”の本命「緊急事態条項」はこんなに危ない!
9 ロシア入国禁止リストに“安倍元首相の名前なし”で「やっぱり」の声!
10 坂上忍『バイキング』打ち切りはフジ上層部による政権批判潰し
11 北ミサイル対策CMに茂木健一郎が批判
12 ミスチル新曲に小林武史への憎悪が?
13 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
14 吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
15 大阪のオミクロン死者急増も松井市長はウザ絡みに夢中、水道橋博士に訴訟恫喝
16 蓮舫“二重国籍”報道は卑劣な差別攻撃だ!
17 【2020年読まれた記事】菅首相に飛ばされた元総務官僚が語った恐怖支配!「あそこまでひどい人は…」
18 ゼレンスキー大統領を非難する日本のネトウヨの言い分がプーチンとそっくり!
19 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に
20 吉村知事肝いりの大規模入院施設の利用率が最大7%で閉鎖
1「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
2自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
3ロシア入国禁止リストに“安倍元首相の名前なし”で「やっぱり」の声!
4古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
5維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄