声を捨てても言葉がある…つんく♂の歌詞の凄さを作家の朝井リョウが大絶賛!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
tsunku_150407.jpg
『HELLO! PROJECT COMPLETE ALBUM BOOK』(音楽出版社)

「いちばん大事にしてきた声を捨て、生きる道を選びました」──。つんく♂が公表した声帯摘出のニュースは、世間に大きな衝撃を与えた。喉頭がん治療のためとはいえ、つんく♂はボーカリスト。2009年に逝去した忌野清志郎は同じく喉頭がんを患いながらも、声帯摘出手術を選ばず、声を残すことを選んだ。つんく♂にとっても非常に重大な決断だったと思われるが、そんな彼の発表に、小室哲哉をはじめとするミュージシャン仲間やハロプロメンバーとそのOG、そして数多くのリスナーからエールが贈られている。

 そんななか、ぜひ多くの人に読んでほしいのが、つんく♂のアイドルプロデューサーとしての偉業がまとめられた『HELLO! PROJECT COMPLETE ALBUM BOOK』(音楽出版社)だ。ライター陣の並々ならぬ熱量が感じられる一冊だが、ひときわ、つんく♂への愛とリスペクトに溢れているのが、ふたりの人気小説家による、つんく♂の歌詞をめぐる対談である。

 その“ふたりの作家”とは、朝井リョウと柚木麻子。ご存じの通り、朝井は映画化もされた『桐島、部活やめるってよ』(小学館)で華々しくデビューを飾り、13年に『何者』(新潮社)で直木賞を史上最年少で受賞した人気作家。一方、柚木も『伊藤くん A to E』(幻冬舎)『本屋さんのダイアナ』(新潮社)が直木賞候補に挙がった実力派で、本日19時に発表される「本屋大賞2015」でも『本屋さんのダイアナ』がノミネートされている。じつはこのふたり、「青山ブックセンターでトーク・イベントがあった時に〈愛の軍団〉(モーニング娘。)を踊りながら入場したんです」(柚木)、「我々、カラオケに行くと必ず〈肉体は正直なEROS〉(メロン記念日)を歌うんです」(朝井)と話すほどの、筋金入りのハロヲタであるらしい。

 まず、小説家という言葉を生業にするふたりが絶賛するのは、つんく♂詞に見られる「瞬間最大風速ワード」というもの。ふたりはそれを「1曲に必ず“えっ、今の何だったの!?”みたいな言葉がある」(朝井)「引っかかり、ざらつきみたいな」(柚木)というのだが、たとえばこんなものだ。

“宇宙のどこにも見当たらないような 約束の口づけを原宿でしよう”(モーニング娘。「Do it! Now」)

 この歌詞に対し、朝井は「宇宙のどこにもないものが原宿にあんの!?」とツッコむが、決してバカにしているわけではないはずだ。これは筆者の考察だが、“約束の口づけ”という深刻で神聖さを湛えたそれを原宿で果たそうという思考回路は、恋愛を至上命題として捉え、地方者にとっては夢の街である原宿をその大舞台に選ぶという、多くの10代の女の子たちがもっているであろうアンバランスなリアリティを見事に表現しているのではないだろうか。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

HELLO! PROJECT COMPLETE ALBUM BOOK (CDジャーナルムック)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

声を捨てても言葉がある…つんく♂の歌詞の凄さを作家の朝井リョウが大絶賛!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。つんく♂ハロープロジェクト大方 草朝井リョウの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 古市憲寿「平成くん、さようなら」と「終末期医療打ち切れ」論
2 日露外相会談の大失態を必死で隠す安倍政権
3 松本人志が指原莉乃に悪質セクハラ差別発言! 
4 封印されたAKB48盗撮事件
5 東京五輪が日中戦争でなくなる?
6 追悼!市原悦子が生前語った安倍政権への怒り、反戦の思い
7 JOC竹田会長が女性死なせる交通事故
8 つんく♂が秋元のメンバー差別に
9 純烈・友井報道で芸能マスコミジャニーズ御用体質 
10 NGT48問題でも秋元康の“無責任”
11 産経と菅官房長官が「辺野古赤土投入問題」追及の望月記者を攻撃
12 文春が東京五輪を!電通元専務に金
13 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
14 古舘の後任に浮上!安住紳一郎の悪評
15 安倍政権の反韓煽動が酷い!「韓国へ渡航禁止」まで主張
16 収賄疑惑の甘利大臣がバンダイとも
17 仏司法当局が東京五輪誘致汚職で竹田恒和JOC会長の捜査開始!
18 古市憲寿と落合陽一「終末医療やめろ」論の酷さ
19 安倍首相の“サンゴ移植した”嘘を追及しない本土メディア
20 AKBと電通のシークレット飲み会
1安倍首相が辺野古の土砂投入で「サンゴを移した」と大嘘
2安室、上田、芸能人よく言った大賞前編
3 消費増税反対の内閣官房参与“退職”の裏に官邸の圧力
4クイーンのB・メイ辺野古署名に『ボヘラプ』鑑賞の安倍首相は…
5追悼!市原悦子が生前語った安倍政権への怒り、反戦の思い
6元日『相棒』が今年も安倍政権批判!
7ローラ、村本、りゅうちぇる芸能人よく言った大賞後編
8所ジョージが沖縄米軍基地反対ソング! 
9ウーマン村本、ローラ…権力批判芸能人を排除する醜悪メディア
10安倍首相の“サンゴ移植した”嘘を追及しない本土メディア
11早野龍五・被曝論文に重大誤り!お墨付き与えた糸井重里の責任
12たけしの性差別発言はなぜ問題にならない?
13安倍首相の改憲キャンペーンに松本人志、小藪千豊らが協力?
14 仏司法当局が東京五輪誘致汚職で竹田恒和JOC会長の捜査開始!
15産経と菅官房長官が「辺野古赤土投入問題」追及の望月記者を攻撃
16 ゴーン前会長出廷で露呈した特捜部の無理スジ国策捜査
17 バカリズム、指原莉乃が外国人労働者問題で差別丸出し
18日露外相会談の大失態を必死で隠す安倍政権
19安倍政権の反韓煽動が酷い!「韓国へ渡航禁止」まで主張
20平沢勝栄だけじゃない自民党の性差別 

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄