ノーベル平和賞最年少受賞マララの知られざる二つの顔

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 マララの接した社会主義について検討してみよう。そうすれば社会主義の拡がりと、マララの思想の奥行きを知ることができるはずだ。

 一本のペンと一冊の本が人類の未来を切り開くことを訴えた、2013年7月の国連演説に、マララは故ベナジル・ブットが遺した白いショールを頭に巻いてのぞんだ。それはもちろんブットの遺志を継承することを表明したものに他ならない。

 では、ブットとは何者か。ベナジル・ブットは、1988年第二次大戦後イスラム国家ではじめて女性の首相になったが、2007年にイスラム原理主義とみられる勢力のテロによって暗殺されている。彼女が率いていたパキスタン人民党こそが社会主義を掲げる政党なのだ。パキスタン人民党の掲げる社会主義は、イスラム社会主義との解説を加える資料もあり簡単に語りきることは困難だが、参加していた国際組織である社会主義インターナショナルを見れば、その国際的、歴史的位置がわかる。

 社会主義インターナショナルは国際共産主義組織コミンテルンに対抗してつくられたことからもわかるよう反共・反ソ連がひとつの結集軸になっていた。ソ連の影響下にある社会主義国東ドイツが存在していた時代の西ドイツ政権与党である社会民主党も社会主義インターナショナルに加盟していた。いまとなっては日本ではこの程度のこともわからなくなってしまっているだろうから注記しておくと、ソ連が主導する社会主義と異なる社会主義思想があるということだ。こうしたヨーロッパに広く浸透した穏健な社会主義は社会民主主義と呼んだ方が精確だろう。

 このパキスタン人民党の社会民主主義が、マララの社会主義のルーツのひとつであることは間違いない。

 もうひとつの流れは、マララがメッセージを寄せたマルクス主義国際潮流(IMT)だ。

 冒頭に紹介したレーニンとトロツキーの肖像が貼られた演卓もIMT関連の会合に置かれたと推測される。ポスターにこの二人しか登場しないことに、どのようなマルクス主義の系譜に属する組織であるかということが見てとれる。ソ連型社会主義をとっているなら、トロツキーでなくスターリンの肖像でなくてはならない。近隣国ネパールのようにマオ派の影響が強いなら毛沢東でなければならない。トロツキーはレーニンに並ぶロシア革命の立役者でありながらスターリンと対立してソ連を放逐され、後に暗殺された革命家だ。

 IMTは既存の社会主義国家が扼殺してしまった革命の可能性をトロツキー思想に見出すトロツキスト組織なのだ。マララが支持を表明する社会主義とは、既存の社会主義国を超克し、国際的な連帯のなかで新たな革命の像を追求する組織にもつながりを持っている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

わたしはマララ 教育のために立ち上がり、タリバンに撃たれた少女

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

ノーベル平和賞最年少受賞マララの知られざる二つの顔のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ノンフィクション文学編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
2 松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
3 三浦瑠麗の〈#検察庁法改正案に抗議します〉攻撃の間違いを徹底検証
4 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
5 検察は河井克行を逮捕できるのか? 捜査は買収の原資“安倍マネー”に
6 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
7 テラスハウスの出演者がセクハラ告白
8 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
9 河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
10 田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
11 官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
12 窮地の安倍首相が櫻井よしこの「言論テレビ」に逃げ込み嘘八百!
13 葵つかさが「松潤とは終わった」と
14 “番犬”黒川検事長の定年延長で安倍政権がやった犯罪行為を検証
15 検察OB意見書にあったロックの言葉を訳した安倍の大学時代の教授が
16 検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
17 黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
18 自民党がネトサポに他党叩きを指南
19 佐川不起訴の裏に法務省の官邸代理人
20 河井克行前法相と案里議員の違法選挙は安倍首相ぐるみだった
1官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
2窮地の安倍首相が櫻井よしこの「言論テレビ」に逃げ込み嘘八百!
3検察は河井克行を逮捕できるのか? 捜査は買収の原資“安倍マネー”に
4検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
5田崎史郎が「#検察庁法改正に抗議します」で“黒川と安倍は近くない”と嘘
6安倍応援団の攻撃に怯まない「#検察庁法改正に抗議します」の有名人たち
7松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
8検察庁法改正で松尾元検事総長が安倍首相を「中世の亡霊」と批判!
9三浦瑠麗の〈#検察庁法改正案に抗議します〉攻撃の間違いを徹底検証
10検察庁法改正が抗議の声を無視し強行採決へ! 安倍首相は嘘八百会見
11黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
12検察OB意見書にあったロックの言葉を訳した安倍の大学時代の教授が
13内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
14河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
15田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
16安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
17国会で井浦新、宮本亜門の批判を突きつけられた安倍首相が…
18加藤清隆、百田尚樹ら「#検察庁法改正案に抗議します」攻撃のトンデモ
19 百田尚樹と対照的! 橋本愛が「文化・芸術は死んだ心を生き返らせる」
20検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄