キモヲタ男子が超人気「読モ」の“キラキラポエム”を読んでみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
dokumo_140818.jpg
『雨のち晴れでまた明日 立ち止まったとき、ボクらの心をささえる言葉77』(読モボーイズ&ガールズ編集部/KADOKAWA メディアファクトリー)

 なんか最近、みんながやたらポエムというものに心をふるわせているらしい。たしかに、我が家の液晶モニターの向こうに、スマホの液晶に、本屋の平台に、ラーメン屋の厨房に、居酒屋のトイレに、ポエマーたちによるポエムがあふれかえっている。

 さて、そんな世界に、究極の一冊が登場した。先日発売された書籍『雨のち晴れでまた明日 立ち止まったとき、ボクらの心をささえる言葉77』(読モボーイズ&ガールズ編集部/KADOKAWA メディアファクトリー)である。

 Twitterフォロワー総数100万人超の読者モデルによる「同年代の心をささえるフォト&メッセージBOOK」であるという本書。Åsaやこんどうようぢといった、若者やリア充にものごっつい人気を博している原宿系モデルたちが、「夢」「人間関係」「恋愛」について言葉を綴り、読者を感動の渦に巻き込んでいるらしいのだ。

 まあ、基本的には外に出ない、出たくもない、アニメ・マンガ・ゲームが大好きで、知らない人の前に立つと脂汗を出しながら視線を泳がせ、震える身体と震える声で、相手が図ろうとしているコミュニケーションを全力で押し返し、すぐに部屋にひきこもる筆者にとっては、人生で交わることがないと断言できる人々である。

 まあ、どうせあれだろう。読者モデルって、多額の金を服やメイクに注ぎ込み、クラブでらんちき騒ぎをおこして乱交パーティなんかしつつ、怪しげな会員制クラブに入り浸り、そこで成金ベンチャー社長に口説かれてほいほいついていったあげく、ドラッグとかにはまるような連中に決まっている。『闇金ウシジマくん』で見たんだから、間違いないはずだ。

 そんな連中が、心をささえてくれるっていったいぜんたいどのような言葉なのか。怖さ半分でパラパラッとめくってみたところ、なんだろう、このざわつくような、世界にひとりで放り出されたような気持ち。
 
 たとえば、「夢」について、雑誌「Popteen」(角川春樹事務所)で行われた「イケメン王者決定戦SNAP」で「イケメンNo.1」に輝いた実績を誇る大倉士門の言葉を引用してみよう。

「迷って迷って立ち止まったっていいやん。そんなにすぐ答えだしてさ、あとあと後悔するよりも、悩んで悩んで悩むほどほんまにいい答え出るし自分が納得いくようになってんねんて、自然と。遅すぎるってことなんてないんやで。生まれてから何年も何年も一緒にいる自分やろ? 自分がよぉわかってるはず。いっぱい悩もな。」

 どうだろう。こんな言葉が悩んでいる若者の心には、グサッと突き刺さるのだろうか。もし筆者が初対面でこんなことを言われた日には、「悩んだ末に無職になってしまったのですが、まだ悩んでいてもよろしいのでしょうか?」という本音を打ち明けることもできず、拳を握りしめて俯き気味に「はあ……」と言って、財布を置いてそそくさと立ち去ってしまうだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

雨のち晴れでまた明日 立ち止まったとき、ボクらの心をささえる言葉77

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

キモヲタ男子が超人気「読モ」の“キラキラポエム”を読んでみたのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。オンダヒロポエムモデルの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍晋三が「東京五輪」語るも、1年延期の理由は大嘘 歴史改ざん
2 検察審査会「不起訴不当」は当然!桜前夜祭の損失補填に安倍本人関与の根拠
3 感染3000人超でもテレビは五輪一色、加藤浩次が“五輪無罪”を主張
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 感染3177人で小池百合子が会見トンズラ!「一人暮らしは自宅を病床」暴言も
6 久米宏が終了決定のTBSラジオで田中真紀子と
7 五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
8 IOC幹部の発言で安倍の責任が明白に…「1年以内延期」「再延期なし」ゴリ押し 
9 川島なお美が近藤誠の診断を告発
10 ネトウヨ落語家・桂春蝶が不倫相手にDV
11 菅首相「五輪中止ない」の理由「人流減った」「新たな治療薬確保」は大ボラ
12 五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
13 大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
14 感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
15 セカオワSaoriの壮絶いじめ体験
16 安倍晋三前首相会見で馬脚!“桜”原資はポケットマネーで疑惑再燃
17 自民党がネトサポに他党叩きを指南
18 不倫?谷亮子の意外な肉食遍歴
19 小池百合子都知事が東京アラート解除のため陽性者数を操作していた疑惑
20 組織委は「復興」ないがしろ!被災3県の子どもの深夜動員にも批判 
1大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
2検察審査会「不起訴不当」は当然!桜前夜祭の損失補填に安倍本人関与の根拠
3 平井大臣の株売却益隠しの裏!タニマチIT企業がオリパラアプリを高額受注
4五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
5菅首相「五輪中止ない」の理由「人流減った」「新たな治療薬確保」は大ボラ
6 検査数少ないのに感染1387人 東京で医療逼迫が起き始めた!
7感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
8五輪入場行進にすぎやまこういちの曲、杉田水脈のLGBT差別に同調
9南ア、チェコ選手の感染、イギリス選手の濃厚接触も隠していた政府と組織委
10五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
11五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
12五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
13感染3177人で小池百合子が会見トンズラ!「一人暮らしは自宅を病床」暴言も
14安倍晋三が「東京五輪」語るも、1年延期の理由は大嘘 歴史改ざん
15組織委は「復興」ないがしろ!被災3県の子どもの深夜動員にも批判 
16感染3000人超でもテレビは五輪一色、加藤浩次が“五輪無罪”を主張
17五輪入場行進曲の作曲者名カットはすぎやまこういち隠し?それとも
18NHKが開会式前日に放送『いだてん』が突きつける東京五輪への疑問

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄