キモヲタ男子が超人気「読モ」の“キラキラポエム”を読んでみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
dokumo_140818.jpg
『雨のち晴れでまた明日 立ち止まったとき、ボクらの心をささえる言葉77』(読モボーイズ&ガールズ編集部/KADOKAWA メディアファクトリー)

 なんか最近、みんながやたらポエムというものに心をふるわせているらしい。たしかに、我が家の液晶モニターの向こうに、スマホの液晶に、本屋の平台に、ラーメン屋の厨房に、居酒屋のトイレに、ポエマーたちによるポエムがあふれかえっている。

 さて、そんな世界に、究極の一冊が登場した。先日発売された書籍『雨のち晴れでまた明日 立ち止まったとき、ボクらの心をささえる言葉77』(読モボーイズ&ガールズ編集部/KADOKAWA メディアファクトリー)である。

 Twitterフォロワー総数100万人超の読者モデルによる「同年代の心をささえるフォト&メッセージBOOK」であるという本書。Åsaやこんどうようぢといった、若者やリア充にものごっつい人気を博している原宿系モデルたちが、「夢」「人間関係」「恋愛」について言葉を綴り、読者を感動の渦に巻き込んでいるらしいのだ。

 まあ、基本的には外に出ない、出たくもない、アニメ・マンガ・ゲームが大好きで、知らない人の前に立つと脂汗を出しながら視線を泳がせ、震える身体と震える声で、相手が図ろうとしているコミュニケーションを全力で押し返し、すぐに部屋にひきこもる筆者にとっては、人生で交わることがないと断言できる人々である。

 まあ、どうせあれだろう。読者モデルって、多額の金を服やメイクに注ぎ込み、クラブでらんちき騒ぎをおこして乱交パーティなんかしつつ、怪しげな会員制クラブに入り浸り、そこで成金ベンチャー社長に口説かれてほいほいついていったあげく、ドラッグとかにはまるような連中に決まっている。『闇金ウシジマくん』で見たんだから、間違いないはずだ。

 そんな連中が、心をささえてくれるっていったいぜんたいどのような言葉なのか。怖さ半分でパラパラッとめくってみたところ、なんだろう、このざわつくような、世界にひとりで放り出されたような気持ち。
 
 たとえば、「夢」について、雑誌「Popteen」(角川春樹事務所)で行われた「イケメン王者決定戦SNAP」で「イケメンNo.1」に輝いた実績を誇る大倉士門の言葉を引用してみよう。

「迷って迷って立ち止まったっていいやん。そんなにすぐ答えだしてさ、あとあと後悔するよりも、悩んで悩んで悩むほどほんまにいい答え出るし自分が納得いくようになってんねんて、自然と。遅すぎるってことなんてないんやで。生まれてから何年も何年も一緒にいる自分やろ? 自分がよぉわかってるはず。いっぱい悩もな。」

 どうだろう。こんな言葉が悩んでいる若者の心には、グサッと突き刺さるのだろうか。もし筆者が初対面でこんなことを言われた日には、「悩んだ末に無職になってしまったのですが、まだ悩んでいてもよろしいのでしょうか?」という本音を打ち明けることもできず、拳を握りしめて俯き気味に「はあ……」と言って、財布を置いてそそくさと立ち去ってしまうだろう。

 前述したÅsaの言葉も引用してみよう。ちなみに、雑誌「CHOKi CHOKi girls」(内外出版社)などで読者モデルを務め、ファッションブランド「WE GO」のモデルとしても活躍している方である。名前は「オーサ」と読む。人生でまったく役に立たない知識かもしれないが、一応覚えておこう。

「今の私は泣き虫でさみしがり屋で弱いけど、大人になったら泣けなくなるの? 弱音も吐けなくなるの? だったら今は、がむしゃらに正直にわがままに生きたい!!」

 おっちゃんはな、キミくらいの歳のときは、そりゃあもう奥歯とクチビル噛みしめてたもんや……。『アオハライド』みたいな甘酸っぱい青春おくるやつを怨嗟の混じった目で見つめてたんや。そや、おっちゃんはキミとは違う、いわば“モブキャラ”やったんや。「がむしゃらに正直にわがままに生きたい!!」ができるのも、家の中だけやったんやで……と、なぜか関西弁になり、自分語りしたくなってしまう。ちなみに大人になってからもモブキャラである。週に8回は泣いている。こんな大人もいるということを、ぜひÅsaちゃんは認識してほしいものである。
 
「CUTiE」「CHOKi CHOKi girls」などで活躍し、一部では、かわいすぎる読者モデルとして有名な古関れん。「人間関係」について綴った彼女の言葉を見てみよう。

「全部のものを大事にしたいと思うけど、この考え方こそ人を傷つけ、ひとつも大事にできてないのかもしれないと思った。」

 筆者も、ギャルゲーですべてのキャラを攻略したいと思っているが、この考え方は、彼女たちを傷つけているのだろうか……。八方美人は嫌われる、ということを言いたいのか、まあ正直よくわからないのだが、あえてひとつ言わせていただくとすれば、「思った」で締めるなんて、日記か!ということである。あ、ポエムだからそれで構わないのか。

 同じく「人間関係」についての言葉をご紹介しよう。「CUTiE」やらなんやらの雑誌で活躍しているイケメン読者モデル、とまんによるものである。ちなみに彼と宮崎県産の黒毛和牛「都萬(とまん)牛」は関係がないので注意しておこう。

「トラブルに巻き込まれて落ち込んだときは『これはいずれプラスに変わるマイナス』って、何においても意味のないことなんてないから、このマイナスが自分には必要で いつかプラスに変わるって思ってる!」

 筆者もそれは常々思っている! 炎上しても、陰口たたかれても、若い女子にばい菌を見るような目で見られても、いずれプラスになるって信じている。おそらく来世あたりだとは思うが。

 最後に、テレビや携帯ドラマにも出演経験がある知名度の高い(らしい)読者モデル、こんどうようぢのお言葉を紹介しておこう。

「恋ってなんだろう。好きってなんだろう。まだ俺にはわからないけど、たぶん俺が好きになるときは この人と笑って泣いて ずっと一緒にいたいなんて そんな当たり前のことを考える前に、この世界が2人きりで ずっとぐるぐる回ればいいのになんて ありえないことを考えるんだろうな。だってまだ恋の方法なんて 俺には全然わからないんだもん。2人でぐるぐる回っている間に 恋を見つけられればいいかな、なんて。」

 これは共感できる! だって、筆者もようぢくんと同じで、「まだ恋の方法なんて全然わからないんだもん」。ようぢくんと同じように、この世界がまだ見ぬ恋人と「2人きりでずっとぐるぐる回ればいいい」って思ってるもん。まさか、大人気読者モデルと同じ立ち位置に肩を並べられるとは……。もしかして、童貞をこじらせすぎて魔法使いとなった今、本当に魔法が使えるようになったんじゃないのか。
 
 いや、やめよう。実はわかっているんだ。暗いモニターに写っているのは、妖怪ウォッチではなく、水木しげる先生寄りの、ハゲが進行している妖怪だってことは……。どうやったって、読者モデルのようなイケメンにはなれないってことも。仮に同じ立ち位置だったとしても、“みんなにモテモテだけど、恋という感情がわからないので恋に踏み込めない、恋知らず”と“彼女がほしくてたまらないのに誰にも相手にされない、恋知らず”では天と地レベルの開きがあるってことも。

 ああ。なんか言葉尻をつかまえて自分を励まそうとした反動で、半端じゃない虚無感だ。10時間ほど動けそうにない。

 とまあ、このように、将来的に彼・彼女らの黒歴史として残ること確実なポエムの数々が載せられた本書。タイプしているだけでも指が震えてしまうほどに破壊力は抜群だ。筆者のような、世の中を恨みたっぷりに見上げている非リア充にとっては胸をかきむしりたくなるような内容が満載である。だが、同時に弱い立場である非リア充が、リア充をあざ笑うことができる貴重な書でもあるので、ぜひ読んでいただきたい。

 そうやって彼らをバカにしてる時だけはタイトルにあるように、「ボクらの心をささえ」てくれるかもしれないから。
(オンダヒロ)

最終更新:2014.08.21 08:08

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

雨のち晴れでまた明日 立ち止まったとき、ボクらの心をささえる言葉77

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

キモヲタ男子が超人気「読モ」の“キラキラポエム”を読んでみたのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。オンダヒロポエムモデルの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 「朝生」で田原総一朗よりさきに「下村文科相」名前を出した出演者
2 慰安婦の軍直接関与と強制性を示す公文書を内閣官房が保有! 
3 うずしお搭乗が発覚、麻生財務相が例の女性のクラブに650万円
4 安倍政権が「明治の産業革命遺産」報告書から“朝鮮人の強制労働”を削除
5 田崎史郎のいない素晴らしい世界
6 安倍昭恵が「桜を見る会」にビジュアル系やトンデモスピ仲間を招待
7 徴用工問題で日本の元外務官僚が「韓国に100%の理、日本に100%の非」
8 「桜を見る会」名簿問題で菅官房長官の会見が支離滅裂!
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 三浦瑠麗に自民党山口県連から54万円、田崎史郎にも計38万円
11 中曽根康弘「慰安所つくった」証言と「土人女を集め慰安所開設」文書
12 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
13 安倍の成蹊時代の恩師が涙ながらに批判
14 菅原経産相辞任で田崎史郎不在の『ひるおび!』が政権批判
15 田崎史郎と三浦瑠麗が『朝生』で無理やりすぎる安倍政権擁護連発!
16 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
17 田崎史郎が御用批判に失笑の言い訳
18 安倍官邸が74億円の官房機密費使用!安倍応援団の手にも?
19 安倍首相が「桜を見る会」国会答弁で下劣言い訳を連発
20 「桜を見る会」ジャパンライフ招待問題にマスコミが消極的な理由
1 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4 明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5 『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6 『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7 『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8 文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9 埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10 安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11 菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13 安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16 『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20 『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄