ロフトプラスワン20周年+1特別企画

あの人たちが壇上で乱闘、流血、失神…“サブカルの殿堂”ロフトプラスワン20年間のトラブル事件簿(前編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
loftplusone_01_160305.jpg
20+1周年を迎えた新宿ロフトプラスワン(左・加藤梅造氏/右・平野悠氏)


 新宿歌舞伎町のど真ん中。ゴジラヘッドがシンボルの新宿東宝ビルから目と鼻の先にある雑居ビル。その地下一階に、まるで魔窟のように口を開けているのが、昨年、開店20周年を迎えたトークライブハウスの先駆け「新宿ロフトプラスワン」だ。

「サブカルチャーの殿堂」とも称されるこの空間は、20年にわたって、政治や社会問題についての激論から、宗教、カルチャー、性、事件の真相など、テレビでは絶対に放送できないような企画を「タブーなし」でつくり続けてきた。

 そのようなイベントで登壇するのは、うるさ型の作家、怖いもの知らずのジャーナリスト、右翼左翼の活動家、元犯罪者、ヤクザ、AV監督、宗教団体幹部……etcと、一癖も二癖もある人物ばかり。こんな人選でイベントを行って平和に終わるはずがない。

 あの壇上ではいったいどれほど血なまぐさいトラブルが巻き起こってきたのか。まさに20周年“プラスワン”にあたる2016年、特別企画として、ロフトプラスワンの創始者である平野悠氏と、現場でイベントを統括してきた加藤梅造氏にインタビューを敢行。20年間に起きたトラブルの思い出を振り返っていただいた。そのなかには、聞いているだけで血の気の引くような紛れもない流血沙汰から、思わず笑ってしまうしょうもない言い争いまであるが、いずれのエピソードにせよ、ロフトプラスワン以外のハコでは絶対に起こり得ないものだ。

 是非、楽しんで読んでいただきたい。

……………………………………………

その1 全国から右翼・民族派が!映画「靖国」試写会事件
ドキュメンタリー映画『靖国 YASUKUNI』をめぐる、怒号が飛び交った世にも珍しい映画試写会

 まずご紹介するのは、日本の右翼運動史にも残るであろうイベントから。事件は2008年、日本在住の中国人映画監督である李纓によるドキュメンタリー映画『靖国 YASUKUNI』の上映中止騒動の中で起こった。当時、「週刊新潮」(新潮社)がこの映画を「反日」と報じたことから、ネットを中心としたバッシングが巻き起こり、ついには上映予定の映画館への自称右翼の街宣や抗議などによって公開が中止になったのだ。ちなみに映画館に街宣をかけた右翼は週刊誌の記事を読んだだけで、肝心の映画の方は観ていなかったらしい。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

あの人たちが壇上で乱闘、流血、失神…“サブカルの殿堂”ロフトプラスワン20年間のトラブル事件簿(前編)のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。インタビューロフトプラスワン平野悠新田 樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
5 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
6 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
7 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
10 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
11 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
13 葵つかさが「松潤とは終わった」と
14 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
15 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
16 麻生太郎が愛人の店に2360万円
17 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
18 杉田水脈議員が「保育所はコミンテルンの陰謀」
19 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
20 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画