能年玲奈はやっぱり天然じゃなかった! 計算もしていた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
nounen_01_140814.jpg
映画「ホットロード」オフィシャルサイトより 宮市和希役の能年玲奈


 主演映画『ホットロード』の公開を16日に控え、プロモーション活動がつづいている能年玲奈。8日には『嵐にしやがれ!』(日本テレビ系)に出演し、嵐の5人とともに能年が憧れる美大でTシャツづくりを楽しんでいたが、そこでの発言が物議を醸した。

 その発言とは、相葉雅紀に「芸術とは?」と訊かれた際の、「芸術とは……疳(かん)の虫だ!」という一言。ネット上では「なんか奥深い」「きれてる」と絶賛コメントの一方で、「意味がわからない」「マジで意図を解釈できる方いたら教えて下さい」と困惑する声も。結果、“天然・不思議ちゃん”ぶりに拍車をかける結果となった。

 テレビに出ても他のタレントたちのように即レスポンスができず、たどたどしく喋る能年。その姿は、一部メディアが“放送事故級の沈黙”と評するほど。さらに口さがない人たちは「コミュ障だろ」「いや、計算の天然」などと揶揄するが、ここにきて“じつは能年はすごく頭がいい”という主張が出てきた。

 それは、現在発売中の「すばる」(集英社)9月号に掲載されている能年へのインタビュー記事。聞き手と文はアイドル評論家の中森明夫氏だが、これが能年の“独特の間”を活かしたインタビューで、「……(間)……」が多用されためずらしい構成だ。一見すると「能年ちゃん、やっぱりテレビと同じで喋りが苦手なんだな」と感じさせるが、しかしこの記事では、能年の“意外な一面”が引き出されているのだ。

 というのは、中森が『ホットロード』を観て「いや、もうホントに能年さんが(原作マンガの)和希としか見えなかった、それぐらい、憑依っていうんですか」と感想を述べると、能年は表情を変え、こう語り始めるのだ。

「私……(間)……あの……時々、そう言われるんですけど、私自身はすごく台本を読み込んで、役を解釈していって組み立てているので、なんか、そういうふうに言われると、まだまだだな〜と思って……がんばらなきゃな……と思うんです」

 憑依という“褒め言葉”は、評論家だけでなく俳優自身が口にすることも多々ある。「役が降りてくる」「自然と役になりきってしまう」と、よく聞くアレだ。だが、能年は「憑依だとすごく……簡単?……な感じがして」と言い、「もっとがんばらなきゃなって、思います」と受け止めている。『あまちゃん』で見せたイノセントな演技を“能年ちゃんの素”なのだと感じていた視聴者は多いと思うが、中森が〈「解釈」「想像」「組み立てる」等の言葉で自身の演技プランを語る〉と綴るように、じつは分析・検討型の女優なのだ。こうした能年の態度に対して、中森は〈能年玲奈はきわめてクレバーな女優だ〉と賛辞を贈っている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ホットロード OFFICIAL BOOK 能年玲奈&登坂広臣

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

能年玲奈はやっぱり天然じゃなかった! 計算もしていた!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。サニーうどん能年玲奈の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 東京の感染者は7月1日から100人超、発表67人を139人に修正
2 安倍政権がコロナ増税の動き! 新会議に震災で復興税導入を主張した経済学者
3 香港問題で安倍首相と自民党の二枚舌
4 年金積立金が1~3月期で18兆円マイナス! 国民の年金を溶かした安倍政権の責任
5 小池百合子都知事が東京アラート解除のため陽性者数を操作していた疑惑
6 大谷医師が明かしたネトウヨの電凸攻撃!「反日」と怒鳴り込まれたことも
7 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 三浦瑠麗の〈#検察庁法改正案に抗議します〉攻撃の間違いを徹底検証
10 小池百合子が当選後、コロナ対応担う都立病院の合理化計画
11 東京都の感染者100人超で小池知事、加藤厚労相、安倍首相の仰天言動
12 吉村洋文知事がコロナワクチン開発でもペテン手口!
13 小池百合子、小野泰輔の“ヘイト”に津田大介が切り込んだ
14 官製デマによる『モーニングショー』一斉攻撃はやはり安倍官邸の指示
15 嵐の暴露本出版!メンバーの不仲話も
16 『テラスハウス』木村花さんへの「やらせ指示」はやはりあった!
17 山本太郎を評価せよ!
18 古舘伊知郎が激白“テレビは噓ばかり”
19 PCR検査拡大を訴える大谷クリニック院長がテレビから消えた!
20 河井事件でバービーが「安倍首相の名前で金を受け取らせたのは圧力」
1東京の感染者は7月1日から100人超、発表67人を139人に修正
2小池百合子都知事が東京アラート解除のため陽性者数を操作していた疑惑
3 年金積立金が1~3月期で18兆円マイナス! 国民の年金を溶かした安倍政権の責任
4小池百合子が当選後、コロナ対応担う都立病院の合理化計画
5安倍首相秘書が案里陣営とともに溝手陣営切り崩しに動いていた!
6橋下徹の政権批判はポーズ!安倍首相とAbema対談でアシスト
7大谷医師が明かしたネトウヨの電凸攻撃!「反日」と怒鳴り込まれたことも
8「安倍さんからと言われた」河井前法相から現金を受け取った町議が証言!
9「専門家会議廃止」の裏に緊急事態宣言の解除をめぐる安倍官邸と専門家の対立
10東京都の感染者100人超で小池知事、加藤厚労相、安倍首相の仰天言動
11吉村洋文知事がコロナワクチン開発でもペテン手口!
12安倍首相がイージス・アショア停止を悪用して「敵基地攻撃能力」保有へ
13 安倍政権がコロナ増税の動き! 新会議に震災で復興税導入を主張した経済学者
14河井事件でバービーが「安倍首相の名前で金を受け取らせたのは圧力」
15小池百合子、小野泰輔の“ヘイト”に津田大介が切り込んだ
16『テラスハウス』木村花さんへの「やらせ指示」はやはりあった!
17香港問題で安倍首相と自民党の二枚舌
18久米宏がTBSラジオの最終回で何も語らなかったのはなぜか?
19渡部建が妻や相方に謝罪する一方、被害者である相手女性に謝罪せず
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄