リテラの新年特別企画◎御用ジャーナリスト大賞(前編)

コロナと五輪で悪質ぶり発揮した御用コメンテーター10位〜6位発表! いつもの顔ぶれに夏野剛、谷原章介、ブラマヨ吉田&小杉も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
コロナと五輪で悪質ぶり発揮した御用コメンテーター10位〜6位発表! いつもの顔ぶれに夏野剛、谷原章介、ブラマヨ吉田&小杉もの画像1
左・谷原氏(『めざまし8』HP/右・夏野氏(公式Twitter)


“政権に尻尾をふる犬”の皆さんにリテラ が毎年、贈呈している「御用ジャーナリスト大賞」。2021年は安倍首相に続いて、菅首相もコロナ対策で完全にボロが出て撃沈。御用ジャーナリスト、政権応援団コメンテーターのみなさんもさすがに恥ずかしくておとなしくなるかと思っていたのだが、そんなことはまったくなかった。
 菅首相のコロナ対策軽視、経済・東京五輪優先を全面擁護した学者や芸能人コメンテーター、菅首相が辞任するや、岸田新首相に乗り換えた評論家、“我らが安倍様”が推す高市早苗に媚びまくる政治記者、さらには、吉村洋文知事人気に乗っかった維新御用コメンテーターも多数現れた。
 新しい年、彼らに騙されないためにも、そのトンデモ言動をもう一度振り返り、その悪質な体質、思想を再認識していただきい! ということで、前編ではまず10位から6位をお届けしよう。

【10位】谷原章介(俳優/『めざまし8』MC)
 人畜無害なフリをして政権批判・体制批判を「雑音」よばわり! 「批判=悪」になったいまのメディア状況象徴するニューカマー

 年々、政権忖度がひどくなっているテレビのワイドショーだが、2021年はタチの悪いニューカマーが現れた。小倉智昭の『とくダネ!』(フジテレビ)の後番組として2021年3月末から始まった『めざまし8』のMCに就任した俳優の谷原章介だ。
「さわやか」なイメージで、発言も「人畜無害」な印象のある谷原だが、その本質は“隠れ権力応援団”でしかない。
そのことがよくわかったのが、東京五輪をめぐる発言だろう。谷原はもともと聖火リレーの代替イベント・トーチキスに参加するなど東京五輪開催に前のめりだったのだが、大会が近づくにつれて、開催を不安視し五輪優先を批判する声を封殺する役割まで演じ始めた。
 たとえば、7月7日放送の『めざまし8』で「富岳」がはじきだした有観客の場合の感染シミュレーション結果が紹介されると、谷原は「人数の問題ではなくて、もうオリンピックは開催されます」とコメント。感染者が何人だろうと関係ない、という姿勢を見せた。
 さらに、中止を求める声を「雑音」呼ばわりしたこともある。開会式まで10日を切った7月14日の同番組では、東京五輪開催是非をめぐるアンケートで6割近くの人が中止してほしいという結果が出たことが紹介されたのだが、これについてコメンテーターらが「中止してほしいという言葉を選手に聞かせたくない」「開催が決まった以上応援してあげないと」(3時のヒロイン・福田麻貴)などと言うと、谷原はわが意を得たりとばかりに、こう宣言したのだ。
「本当ですね。競技場で僕らは応援することはできないけれども、せめて、そういう雑音は耳に入れたくないですし、メディアを通して、オリンピック頑張ろうとしている選手たちを後押ししたいと思います」
 言うまでもないが、東京五輪の開催に反対する意見が多かったのは、感染拡大や医療提供体制の逼迫に東京五輪が追い打ちをかけるのではないかという心配や不安が大きかったためだ。実際、こうした危惧は現実のものとなり、五輪を強行した今夏の第5波では新規感染者数は急増し過去最多、各地で医療崩壊状態となり多くの犠牲者を出した。
 ところが、谷原は国民のこうした切実な声を「雑音」などと簡単に切り捨ててしまったのである。「五輪反対派は反日的な人」という安倍元首相の発言も想起されるが、谷原という人はおそらくヒーロー、光の当たっているものだけが大好きで、その裏で苦しんでいる弱い人々のことは一顧だにしないのだろう。
 そういえば、あの「吉村知事はタイプ?」発言もそうだった。大阪で入院率10%、東京を超える死者を出すという凄惨な状況が起きていた5月の放送で、谷原はなんと、3時のヒロイン・福田麻貴らと「吉村さんは(男性として)タイプかどうか」話で盛り上がり、「肌がきれい」などと発言。「全部背負いすぎている」「頑張ってください!」と吉村にエールを送ったのだ。
 大阪では医療崩壊によって救えたはずの命が救われず、自宅で亡くなる人が多数出ているのに、ルッキズム丸出しで容姿を褒めそやすって、いったいどういう見識をしているのか。
 しかし、谷原が悪質なのは冒頭でも書いたように、そのさわやかイメージでこうした本質を隠し、むしろ政権を批判している側が「悪」であるかのように価値観を転倒させてしまうことだ。
 そういう意味では、谷原の登場は「批判ばかりじゃ意味がない」というロジックで権力のやりたい放題を応援する昨今のメディア状況を象徴しているともいえる。今後とも、その人畜無害イメージに騙されず注視していく必要があるだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

コロナと五輪で悪質ぶり発揮した御用コメンテーター10位〜6位発表! いつもの顔ぶれに夏野剛、谷原章介、ブラマヨ吉田&小杉ものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ブラックマヨネーズ三浦瑠麗夏野剛岩田明子御用ジャーナリスト大賞谷原章介の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 生稲晃子がアンケートで「9条改憲」だけ回答していた理由!
2 自民・茂木幹事長「消費減税なら年金3割カット」と物価高に苦しむ庶民を恫喝
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 年末年始も吉村知事を大スター扱いの在阪テレビ!東野&ブラマヨ吉田も…
5 岸田自民党政権が政府広報を使って事実上の選挙活動!
6 山本太郎・れいわ新選組の当選した2人をネトウヨが卑劣な差別攻撃
7 維新の不祥事が止まらない! 猪瀬直樹セクハラ、新たに部落差別
8 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
9 大阪感染者100人越えでも吉村知事と松井市長が都議選の応援に東京へ
10 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
11 自民・吉川議員“パパ活”問題と細田議長のセクハラめぐるワイドショーの忖度
12 ロシア入国禁止リストに“安倍元首相の名前なし”で「やっぱり」の声!
13 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
14 “ネトウヨの尊師”青山繁晴と『虎ノ門ニュース』の醜すぎるケンカ!
15 日本城タクシー坂本社長が橋下徹を再び論破!「アホな議論」と一刀両断
16 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
17 星野源がエッセイで明かしていた音楽が政治に利用される危険性
18 ZOZO田端が「過労死は自己責任」で炎上
19 未成年飲酒疑惑の手越が日テレW杯番組に
20 安倍首相とマスコミが作り出す自民党“勝利”は嘘!
1自民・茂木幹事長「消費減税なら年金3割カット」と物価高に苦しむ庶民を恫喝
2岸田自民党政権が政府広報を使って事実上の選挙活動!
3維新の不祥事が止まらない! 猪瀬直樹セクハラ、新たに部落差別
4生稲晃子がアンケートで「9条改憲」だけ回答していた理由!

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄