大分旅行どころでない昭恵夫人と安倍首相の新疑惑! 「桜を見る会」参加の悪質マルチ商法経営者が“安倍後援会のバス”に乗っていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
大分旅行どころでない昭恵夫人と安倍首相の新疑惑! 「桜を見る会」参加の悪質マルチ商法経営者が安倍後援会のバスに乗っていたの画像1
しんぶん赤旗 日曜版(4月19日号)より


 またしても、あの人の行動に大きな批判が集まっている。安倍首相の妻・昭恵氏が大分県への“スピ旅”を楽しんでいたことを、本日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が報じたからだ。

 記事によると、昭恵氏は3月15日、総勢50人ほどの団体で大分県にある宇佐神宮や宇佐神宮の元宮・大元神社を参拝。目撃した人によると昭恵氏はマスクも付けず、お祓いや祈祷の際も密着して着席していたという。そして、昭恵氏が参加したのは、「ドクタードルフィン」「変態ドクター」などと自称し、ヘイト出版社である青林堂からも『神ドクター』『神医学』などの著書を出版している医師の松久正氏によるツアーだったというのだが、その松久氏は「週刊文春」の取材に対し、こう語っているのだ。

「どこでツアーをお知りになったのかは分かりませんが、昭恵さんから『コロナで予定が全部なくなっちゃったので、どこかへ行こうと思っていたんです。宇佐神宮へは前から行きたかった。私も参拝していいですか』とご連絡をいただきました。ツアーそのものには参加しておらず、参拝だけ合流した形です」

 言わずもがな、政府は「不要不急の外出は控えて」と国民に呼びかけ、昭恵氏が宇佐神社を訪れた3月15日の前日には、夫である安倍首相が「いま私たちにできることは、まず感染の爆発的な拡大を抑えること」「引きつづき、おひとりおひとりのご協力をお願いいたします」と会見で訴えていた。だが、昭恵氏は政府の呼びかけなどどこ吹く風で、「コロナで予定が全部なくなっちゃったので、どこかへ行こうと思っていたんです」などと言って大分行きを決行したというのである。

 昭恵氏といえば、3月の下旬にもNEWSの手越祐也やモデルの藤井リナなど十数名でライトアップされ美しく咲き誇る桜の木をバックに撮影した“花見写真”が報じられたばかり。安倍首相はこの問題を国会で問われると、「レストランで知人と会合を持った際に桜を背景にみんなで記念写真を撮っただけで、東京都が自粛を求めている公園で花見をおこなっていた事実はない」と強弁し、「レストランに行ってはいけないのか」などと逆ギレ。この時点ですでに政府の専門家会議は立食パーティや飲み会を避けるように呼びかけていたのだが、そうしたことは無視して、安倍首相は妻の振る舞いを“何が悪い”と言わんばかりに擁護したのである。

 しかし、都内での会食どころか、「コロナで予定が全部なくなっちゃった」「前から行きたかった」などという理由で東京から大分県まで旅に出ていたとは……。というか、安倍首相は国民に何か言う前に自分の妻を止めろよ、という話だろう。

 だが、安倍首相に、昭恵氏の“行動是正”を求めることなどできるはずはない。安倍首相はむしろ、昭恵氏のとんでもない行動を、権力を使って後押ししているのが実情なのだ。

 じつはここにきて、その安倍夫妻による公私混同連携プレーを決定づけるスキャンダルが飛び出した。安倍首相夫妻との関係が疑われているマルチ企業・48(よつば)ホールディングス(以下、48HD)の淡路明人社長(当時)が、なんと、「桜を見る会」に参加した際、「安倍晋三後援会」のバスに乗車して会場に入場していたことを、「しんぶん赤旗 日曜版」4月19日号が掴んだからだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

大分旅行どころでない昭恵夫人と安倍首相の新疑惑! 「桜を見る会」参加の悪質マルチ商法経営者が“安倍後援会のバス”に乗っていたのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。48HDしんぶん赤旗 日曜版安倍夫妻安倍昭恵桜を見る会淡路明人編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
2 自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
3 「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
4 マキタスポーツ「安倍は何の魅力もない」
5 吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
6 古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 国会審議で「総理は嘘つき」が“侮辱罪”にあたる可能性を政府は否定せず
9 岸田政権の“改憲”の本命「緊急事態条項」はこんなに危ない!
10 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
11 ゼレンスキー大統領を非難する日本のネトウヨの言い分がプーチンとそっくり!
12 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に
13 維新応援団・野村弁護士が懲戒、橋下徹にも請求が
14 吉村知事肝いりの大規模入院施設の利用率が最大7%で閉鎖
15 ロシア入国禁止リストに“安倍元首相の名前なし”で「やっぱり」の声!
16 ミスチル新曲に小林武史への憎悪が?
17 【2020年読まれた記事】菅首相に飛ばされた元総務官僚が語った恐怖支配!「あそこまでひどい人は…」
18 蓮舫“二重国籍”報道は卑劣な差別攻撃だ!
19 大阪のオミクロン死者急増も松井市長はウザ絡みに夢中、水道橋博士に訴訟恫喝
20 乙武洋匡の本質をマツコが見抜いていた
1「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
2自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
3ロシア入国禁止リストに“安倍元首相の名前なし”で「やっぱり」の声!
4古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
5維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄