大分旅行どころでない昭恵夫人と安倍首相の新疑惑! 「桜を見る会」参加の悪質マルチ商法経営者が“安倍後援会のバス”に乗っていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
大分旅行どころでない昭恵夫人と安倍首相の新疑惑! 「桜を見る会」参加の悪質マルチ商法経営者が安倍後援会のバスに乗っていたの画像1
しんぶん赤旗 日曜版(4月19日号)より


 またしても、あの人の行動に大きな批判が集まっている。安倍首相の妻・昭恵氏が大分県への“スピ旅”を楽しんでいたことを、本日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が報じたからだ。

 記事によると、昭恵氏は3月15日、総勢50人ほどの団体で大分県にある宇佐神宮や宇佐神宮の元宮・大元神社を参拝。目撃した人によると昭恵氏はマスクも付けず、お祓いや祈祷の際も密着して着席していたという。そして、昭恵氏が参加したのは、「ドクタードルフィン」「変態ドクター」などと自称し、ヘイト出版社である青林堂からも『神ドクター』『神医学』などの著書を出版している医師の松久正氏によるツアーだったというのだが、その松久氏は「週刊文春」の取材に対し、こう語っているのだ。

「どこでツアーをお知りになったのかは分かりませんが、昭恵さんから『コロナで予定が全部なくなっちゃったので、どこかへ行こうと思っていたんです。宇佐神宮へは前から行きたかった。私も参拝していいですか』とご連絡をいただきました。ツアーそのものには参加しておらず、参拝だけ合流した形です」

 言わずもがな、政府は「不要不急の外出は控えて」と国民に呼びかけ、昭恵氏が宇佐神社を訪れた3月15日の前日には、夫である安倍首相が「いま私たちにできることは、まず感染の爆発的な拡大を抑えること」「引きつづき、おひとりおひとりのご協力をお願いいたします」と会見で訴えていた。だが、昭恵氏は政府の呼びかけなどどこ吹く風で、「コロナで予定が全部なくなっちゃったので、どこかへ行こうと思っていたんです」などと言って大分行きを決行したというのである。

 昭恵氏といえば、3月の下旬にもNEWSの手越祐也やモデルの藤井リナなど十数名でライトアップされ美しく咲き誇る桜の木をバックに撮影した“花見写真”が報じられたばかり。安倍首相はこの問題を国会で問われると、「レストランで知人と会合を持った際に桜を背景にみんなで記念写真を撮っただけで、東京都が自粛を求めている公園で花見をおこなっていた事実はない」と強弁し、「レストランに行ってはいけないのか」などと逆ギレ。この時点ですでに政府の専門家会議は立食パーティや飲み会を避けるように呼びかけていたのだが、そうしたことは無視して、安倍首相は妻の振る舞いを“何が悪い”と言わんばかりに擁護したのである。

 しかし、都内での会食どころか、「コロナで予定が全部なくなっちゃった」「前から行きたかった」などという理由で東京から大分県まで旅に出ていたとは……。というか、安倍首相は国民に何か言う前に自分の妻を止めろよ、という話だろう。

 だが、安倍首相に、昭恵氏の“行動是正”を求めることなどできるはずはない。安倍首相はむしろ、昭恵氏のとんでもない行動を、権力を使って後押ししているのが実情なのだ。

 じつはここにきて、その安倍夫妻による公私混同連携プレーを決定づけるスキャンダルが飛び出した。安倍首相夫妻との関係が疑われているマルチ企業・48(よつば)ホールディングス(以下、48HD)の淡路明人社長(当時)が、なんと、「桜を見る会」に参加した際、「安倍晋三後援会」のバスに乗車して会場に入場していたことを、「しんぶん赤旗 日曜版」4月19日号が掴んだからだ。

昭恵夫人が経営参画「ウズハウス」に出資していたマルチ商法「48HD」の淡路社長

 まず、簡単におさらいすると、48HDは独自の仮想通貨「クローバーコイン」を「購入すれば1カ月半後には10 倍に値上がりする」「3カ月で128倍の価値になる」などと嘘を騙って販売をおこなったとして、2017年には特定商取引法違反(不実告知など)にあたるとして消費者庁から3カ月の一部取引停止が命じられた。

 だが、この48HDの淡路社長をめぐっては、2016年の「桜を見る会」や安倍晋三後援会主催の「前夜祭」に出席し、安倍首相と昭恵氏との写真や「桜を見る会」で撮った菅義偉官房長官とのツーショット写真を勧誘に使用していたことが発覚。実際、「写真を見て信用し、コインを買った」という被害者の証言もある。

 まさに安倍首相夫妻がマルチの広告塔になっていたわけだが、今回、「しんぶん赤旗 日曜版」編集部は新たに、複数の関係者から“友人”に限定して公開されている淡路氏のFacebookを確認。そして、そこで公開されていた2016年4月9日の投稿では、〈「桜を見る会 安倍晋三後援会」のプレートがついたバスや、バスに乗る淡路氏らの写真が掲載〉されていたというのだ。

 さらに、同日に淡路氏は「安倍首相 御到着 感動」と記し、安倍首相が会場に車で到着した際に参加者が拍手で出迎えた場面の動画も投稿。ちなみに首相動静によると、この年、安倍首相は午前7時46分に会場に到着し、その後、後援会関係者らと記念撮影をおこなっている。一方、「桜を見る会」に入場するための受付時間は午前8時30分。つまり、淡路氏は「安倍晋三後援会」のツアー参加者らと同様に、正式な受付前に入園するという“特別扱い”を受けていた、というわけだ。

 このように、安倍首相から地元後援会関係者並みの“厚遇”を受けていた淡路社長。そして、その背景にあるのが、昭恵氏と淡路社長との関係だ。

 本サイトでも既報のとおり(https://lite-ra.com/2020/02/post-5278.html)、淡路社長は安倍首相の地元・下関市で昭恵氏が経営に参加する複合型ゲストハウス「uzuhouse」(ウズハウス)に出資していた。ウズハウスは、2016年1〜4月にかけてクラウドファンディングで開業支援募の出資を公募。昭恵氏がその呼びかけをおこなっていたのだが、そこに淡路社長が出資していたのだ。

 淡路社長は、その見返りとして同年8月のオープニングパーティにも参加。ここでも安倍首相は淡路社長とツーショット写真を撮っており、これも勧誘に使われていたことがわかっている。

 淡路社長がウズハウスに資金提供したのは2016年1〜4月、淡路社長が招待された「桜を見る会」が開催されたのも2016年4月。これはどう見ても、昭恵夫人がウズハウス資金提供の見返りに、「桜を見る会」に招待するよう、安倍首相に働きかけたとしか思えないのだ。

48HDは刑事告発されていたのに財務省北海道財務局が調査をストップしていた

 しかも、今回判明したように、昭恵夫人はたんに淡路社長を招待しただけではなく、後援会関係者と同様の“特別扱い”で厚遇していたのである。

 総理大臣夫人が自分の私的なビジネスへの出資の見返りに、税金で開催された国の行事を悪用し、総理大臣もその悪用を認めた上で特別にもてなしていた……これはれっきとした背任行為ではないか。

 いや、それだけではない。48HDをめぐっては、一昨年に刑事告発されていたにもかかわらず、告発を受けた財務省北海道財務局が調査をおこなっていなかったことを、3月30日にHTB北海道テレビがスクープしている。しかも、財務局の担当者は、調査に動こうとしたのに上司と金融庁から止められた、ということを被害者の代理人弁護士に告白していたというのだ。

 ご存知のとおり、「桜を見る会」の問題では、「総理枠」で会長が招待されていた悪徳マルチ商法のジャパンライフに対する消費者庁の立入検査を政治圧力で取り止めていたという疑惑がある。この48HDについても同様で、安倍首相・昭恵氏をはじめとした政界官界人脈との関係への忖度が、行政処分を遅らせ、被害を拡大させたのではないか──。

 新型コロナによって世間の関心もすっかり失われてしまった「桜を見る会」問題だが、この非常事態だからこそはっきりさせなければならない問題だ。総理大臣が事実を隠蔽したり、さらには国民を「自分の支持者か否か」で切り分けて特別扱いするということを繰り返しかねないという、根本的な信用にかかわる問題だからだ。

 同時に、総理大臣の妻という権力に守られ、あまたの騒動を引き起こしてきたというのにまったく反省がない昭恵氏の傍若無人な振る舞いにも、国民は「またか」と呆れているだけではいけないだろう。

最終更新:2020.04.16 10:29

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

大分旅行どころでない昭恵夫人と安倍首相の新疑惑! 「桜を見る会」参加の悪質マルチ商法経営者が“安倍後援会のバス”に乗っていたのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。48HDしんぶん赤旗 日曜版安倍夫妻安倍昭恵桜を見る会淡路明人編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
2 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
3 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
4 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
5 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
8 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
9 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
10 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
11 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
12 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
13 統一教会が安倍トランプ会談を仕掛けた
14 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
15 DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
16 「詩織さん全面勝訴」で証明された警察と検察のおかしさ! 
17 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
18 堀江、竹中だけじゃない 菅首相に「がんばった」と同情論寄せる世論
19 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
20 青木理に官邸の仕掛けで不倫情報
1 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
3 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
4 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
5 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
6 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7 河野太郎がワクチンを総裁選に利用!はじめしゃちょー相手にデマも
8 「政治のせいで命失う」正論を口にした野々村真が炎上させた自民党応援団!
9 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
10 河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
11 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
12 自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
13 高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
14 DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄