安倍昭恵「桜を見る会」私物化の実態! 自分が入れこむビジュアル系バンドやトンデモスピ仲間も招待、ケータリング業者も昭恵人脈

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
安倍昭恵「桜を見る会」私物化の実態! 自分が入れこむビジュアル系バンドやトンデモスピ仲間も招待、ケータリング業者も昭恵人脈の画像1
2019年の「桜を見る会」(首相官邸HPより)


 安倍首相とジャパンライフ会長の関係は父の代からの付き合いだった──。本サイトでは先日、1984年に安倍晋太郎外相のニューヨーク訪問にジャパンライフの山口隆祥会長が同行した際、当時、晋太郎氏の秘書を務めていた晋三氏も随行していたのではないかと伝えたが、本日、外務省が当時の資料を提出。その記録から、安倍首相をはじめ、晋太郎氏の妻で安倍首相の母である洋子氏らが随行していたことが判明したのだ。

 安倍首相は2日の参院本会議で、山口会長との関係について「過去、私が招待された多人数の会合等の場で同席していた可能性までは否定しないが、山口氏と一対一のようなかたちでお会いしたことはなく、個人的な関係は一切ない」と断言していた。だが、実際には、晋太郎外相が山口会長に会ったというニューヨーク訪問に秘書として同行していたのだ。これにより、約35年前から“家族ぐるみ”の付き合いがあったのではないかという疑惑はさらに濃厚になったと言えよう。

 しかも「桜を見る会」の招待者をめぐっては、安倍首相と同時に「昭恵枠」も世間を騒がせている。

 いま注目が集まっているのは、安倍首相が山口会長を招待した2015年の「桜を見る会」では、昭恵氏が熱を入れるビジュアル系バンドのボーカルが招待されていた件だ。

 その人物はビジュアル系バンド「Versailles」のボーカル・KAMIJO。KAMIJOは2015年4月18日、桜の木の前で安倍首相を中心にして撮られた集合写真をTwitterにアップし、こう投稿していた。

〈安倍総理にお招きいただきまして桜を見る会にお邪魔してきました!まだまだ沢山咲いているんですね。このような貴重な場に参加させていただきとても光栄です。ありがとうございました!〉

 この集合写真では、KAMIJOのほかにもダイアモンドユカイや8.6秒バズーカーといった芸能人も一緒に写り込んでおり、いわゆる「芸能人枠」の招待者のようにも思える。だが、じつはこのKAMIJOは、昭恵氏との深い関係をSNSに投稿していた。

 それは、「桜を見る会」に招待される前年の2014年9月4日にKAMIJOがTwitterに投稿した一枚の写真。『ベルサイユのばら』のオスカルのような派手な軍服衣装に身を包んだKAMIJOが、まるで宮殿のなかのような赤絨毯敷きの階段に足を組んで腰掛けているというもの。いかにも歴史を感じさせるこの階段、どこかで見覚えが……と思ったら、なんと公邸の西階段だった。

 所属レコード会社の投稿によると、KAMIJOは『首相公邸CH.安倍昭恵の幸せのカタチ』なるネット動画の収録のために首相公邸に招かれ、そのときにこの写真を撮影したらしい。そして、KAMIJO の2016年1月のブログでは、その内幕が明かされていた。

〈昭恵さん曰く、やはり首相公邸のあの階段で座って写真を撮ったのは僕以外誰もいないそうで、あらためてお褒めいただいてしまいました。〉

 この公邸の西階段といえば、安倍首相が幻冬舎の見城徹社長や秋元康らと「組閣ごっこ」の写真を撮っていたのと同じ場所。安倍首相がお友だちとごっこ遊びに耽る一方、昭恵氏はお気に入りのV系アーティストを公邸に招待してコスプレ撮影会を開催していたわけだ。

 言っておくが、この西階段は戦前からずっと内閣発足の際に使われてきた日本の憲政史を象徴する場所(2002年9月の以降の組閣時は現官邸で撮影)。そこに立てるのは本来、国会の指名を受けた総理大臣と天皇から認証を受けた国務大臣だけであり、だからこそ首相公邸への改修の際もこの西階段は建築当時の状態に復元された。それを安倍夫妻はお友だちへのサービスとして「組閣ごっこ」をしたりコスプレ撮影会をする場所として「私物化」していたのである。その上、昭恵氏は「あの階段で座って写真を撮ったのは誰もいない」と言って褒めたというのだから、呆れてものも言えない。

 しかも、「Versailles」のYouTubeオフィシャルチャンネルが2016年12月26日に公開した「Special Comment」と題した動画では、「内閣総理大臣夫人 安倍昭恵様」として昭恵氏が紹介され、「KAMIJOさんとは日頃から仲良くさせていただいております」などと述べているのだが、その動画が撮られているのも、やはりこの公邸西階段だった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

安倍昭恵「桜を見る会」私物化の実態! 自分が入れこむビジュアル系バンドやトンデモスピ仲間も招待、ケータリング業者も昭恵人脈のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。Versailles安倍昭恵桜を見る会組閣編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍首相トンデモ答弁「ログ開示はセキュリティ上問題」に政府ぐるみで追随
2 夫婦別姓攻撃ヤジは杉田水脈か!「夫婦別姓はコミンテルンの陰謀」と主張も
3 河井克行前法相と案里議員の違法選挙は安倍首相ぐるみだった
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 辛坊治郎パワハラ疑惑で坂上忍、木村太郎がトンデモ擁護
6 田崎史郎「桜を見る会」名簿問題で“民主党ガー”詐術、羽鳥慎一が思わず…
7 ル・モンドが安倍の歴史修正主義批判
8 詩織さん全面勝訴でも山口敬之氏と安倍首相の関係に触れないテレビ
9 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
10 久米宏が高まる東京五輪同調圧力に徹底抗戦!「大反対の気持ちは変わらない」
11 安倍が日米安保改定60年で祖父自慢連発!でも岸信介の正体は…
12 安倍首相が施政方針演説でフェイク! 地方創生の成功例として
13 安倍首相が東京五輪聖火ランナーの原爆との関わりや平和への思いを無視
14 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
15 安倍の安保法制と岸信介の対米密約
16 河井案里議員の「安倍マネー1億5千万円」はやっぱり違法
17 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
18 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
19 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
20 安倍の成蹊時代の恩師が涙ながらに批判
1久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄