吉村洋文知事がリテラへの反論ツイートで馬脚! 「大阪・兵庫間の往来自粛」が厚労省文書の誤読でないなら、もっと悪質な意図的歪曲だ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

松井市長の誤読による暴走デマ発表を正当化するための説も

 この見方が正しければ、新型コロナの政治利用というしかないが、しかし、このトンデモ政策には、もうひとつもっと間抜けな理由もささやかれている。それは、松井市長の誤読による暴走を正当化するためだったという説だ。

 実は、この大阪府・兵庫県間の往来自粛は、吉村知事より早く、大阪市の松井市長が公表していた。大阪府の政策をなぜ、大阪市長が先に公表するのか意味不明だが、松井市長は19日午後16時ごろ、退庁時のぶら下がり会見で、前述したように記者団に対して、「国から爆発的に患者が増えることを抑えるため、できるだけ大阪と兵庫の往来を自粛するように呼びかけてほしいと通知があった」などと語った。

 この発言は明らかな間違いだったが、松井市長の忠実な子分である吉村知事は、松井の暴走をフォローするため、実際に松井の言うとおり大阪府・兵庫県間の往来自粛で押し切ってしまったのではないかというのだ。

 実際、吉村知事はその日の午後、読売テレビの『情報ライブ ミヤネ屋』に出演したが、そこでは大阪府・兵庫県間の往来自粛については、何も語っていなかった。
 
 ところが、そのあと、同じ読売テレビのローカル番組『かんさい情報ネットten.』に出演した際、松井市長の発言が取り上げられ、コメントを求められると、吉村知事はここではじめて大阪府・兵庫県間の往来自粛の方針を示唆。それと前後して、府政クラブに大阪府から「府庁で吉村知事が緊急記者会見をする」と通知が入る。そして、18時30分から吉村知事が会見を開き、正式に大阪府・兵庫県間の往来自粛の呼びかけを行った。

 たしかに、この経緯を見ると、松井の発言で慌てて吉村が大阪府・兵庫県間の往来自粛呼びかけの方針を決め、緊急会見を開いたというドタバタぶりが伝わってくる。

「もちろん、この発表の流れ自体は、話題を煽るため、松井市長と吉村知事の間で役割を割り振り、シナリオどおりに進めた可能性もあります。ただ、そうだとしても、松井市長が内容について“誤読”して、そのまま虚偽の内容を先に発表してしまったのは事実で、もし吉村市長が提案文書の内容をきちんと理解していたのであれば、松井市長の発言を修正したはず。それをしなかったということからも、誤読をフォローするために、吉村知事が発表内容を歪めたという可能性は十分あります」(前出・大手紙府政担当記者)

 兵庫県をスケープゴートにした政治的パフォーマンスなのか、松井市長の誤読による暴走を正当化するためか、あるいはその両方か。今回の決定は吉村知事と松井市長の間の密室で決定されているため、これ以上の真相を暴くことは難しい。

 しかも、意図的な歪曲への批判が出てきたからか、毎日新聞によると、吉村市長が改めて経緯説明のために23日に開いた会見では、本サイトへの反論を翻して、提案文書について「普通の日本人が読めば大阪、兵庫間の往来と読める」と語ったらしい。「普通の日本人が」ってネトウヨワードを平気で使う感覚もどうかしていると思うが、小学生が読んでもわかる差に気がつかないなんて、やっぱり誤読ということじゃないか。

 いずれにしても、今回の大阪・兵庫間の往来自粛呼びかけが、まともな目的から出てきていないことはたしかだろう。吉村・松井両氏は、専門家にも、役所内の担当者にも、他の自治体にも相談せずに、独断で、専門家の見解を捻じ曲げ、こんな何の根拠もない方針を強行したのだ。

 しかも、連中はネットでそのことを指摘されると、新型コロナ対策そっちのけで、ウソとゴマカシだらけの反論をがなりたてている。

 ほんとうにこんな連中に、行政を任せていていいのか。大阪府民はそろそろ維新の正体に気がつくべきではないか。

最終更新:2020.03.25 12:35

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

吉村洋文知事がリテラへの反論ツイートで馬脚! 「大阪・兵庫間の往来自粛」が厚労省文書の誤読でないなら、もっと悪質な意図的歪曲だのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。井戸敏三厚生労働省吉村洋文感染新型コロナウイルス緊急事態宣言編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
2 悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
3 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
4 自民党がネトサポに他党叩きを指南
5 『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
6 山口達也の事件をNHKが隠蔽していた
7 菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
8 東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
9 河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
10 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
11 大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
12 山口敬之氏が詩織さんに卑劣すぎる反論
13 菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
14 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
15 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
16 安倍首相が昨晩、フルコースを完食しワイン、ゴルフの約束まで! 
17 デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
18 安倍政権が消費者庁のジャパンライフ立入検査ツブシ、内部文書が
19 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
20 ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
1 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
2菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
3菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
4安倍首相は本当に病気だったのか? 辞任表明以降一度も病院に行かず
5デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
6ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
7菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
8安倍首相が昨晩、フルコースを完食しワイン、ゴルフの約束まで! 
9東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
10菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
11悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
12菅政権の官房長官に決定 加藤勝信厚労相がコロナ対応で見せた無能
13菅義偉“総理”誕生で権力のために不正を働く「忖度官僚」だらけに
14大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
15大坂なおみの黒人差別抗議マスクに冷ややかなマスコミとスポンサー
16河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
17菅内閣が「第三次安倍政権」化! 6月の時点で密約説
18『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
19三浦瑠麗が特別講師「N高政治部」で麻生太郎が民主主義否定の暴言
20杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄