吉村洋文知事がリテラへの反論ツイートで馬脚! 「大阪・兵庫間の往来自粛」が厚労省文書の誤読でないなら、もっと悪質な意図的歪曲だ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
吉村洋文知事がリテラへの反論ツイートで馬脚! 「大阪・兵庫間の往来自粛」が厚労省文書の誤読でないなら、もっと悪質な意図的歪曲だの画像1
吉村洋文(大阪府知事)Twitterより


 吉村洋文・大阪府知事と松井一郎・大阪市長が19日午後に唐突に発表、両府県民をおおいに戸惑わせた「大阪・兵庫間の往来自粛」。この問題をめぐって、なんと吉村知事が本サイト記事をあげつらうツイートをした。

「新型コロナと必死で闘っている」と強調する割に、知事自らメディア攻撃とは、「おまえは実は暇なのか」とつっこみたくなるが、せっかくなので、そのインチキを検証しておこう。

 吉村知事が問題にしたのは、本サイトが20日に配信した記事。この記事で、本サイトは「大阪・兵庫間の往来自粛」について、国はそんな要請などしておらず、吉村知事と松井市長の誤読による、まったく意味のない誤った施策であると主張した。

 その最大の理由は、20日15時44分、吉村知事自身が批判を受け、「厚労省から受けた提案」の証拠として自分のツイッターにあげた文書だった。 

 この文書は、〈大阪府・兵庫県における緊急対策の提案(案)〉と題されたものだが、実際は、大阪府と厚労省の意見交換の場でその場にいなかった「ひとりの専門家の個人的メモ」を紹介しただけで、国の正式な提案文書でも要請文書でもなかった。

 さらに、もっと決定的なのは、そこに提案として書かれている文言が〈大阪府・兵庫県内外の不要不急な往来の自粛を呼びかける〉というものだったことだ。つまり、提案文書が求めていたのは、大阪、兵庫それぞれの、府内・県内も含めた全般的な往来の自粛であり、大阪府・兵庫県の間の往来自粛など、どこにも書いていなかったのだ。

 ところが、吉村知事は、この重大な過ちを認め修正するどころか、21日朝放送の『ウェークアップ!ぷらす』(読売テレビ)でも、実際にとった対策とまったく違うことが記されているこの文書をドヤ顔で披露し、さらに同日のお昼前(午前11時18分)にはリテラの記事をリツイートし、こう反論したのだ。

〈このレベルのことは僕が19日最初に記者発表した段階で記者が聞いてるよ。国の提案は大阪兵庫間だけなく、その他の府内外も含む。要請期間も3週間の長期。緊急事態宣言もない中で、連休3日間に絞り込み、大阪兵庫間に絞り込みをかけた。国の試算値を重視し、対応は政治判断。〉

 ようするに、吉村知事は19日の会見で、厚労省の提案文書と内容が違うことを記者から質問されており、それを承知で「政治判断」で連休3日間、大阪兵庫間の往来自粛を呼びかけたと主張したのだ。

 だとしたら、これ、「誤読」よりもっと悪質だろう。なぜなら、吉村知事は「国の提案は大阪・兵庫間だけなく、その他の府内外も含む」つまり、国の提案と大阪府の実際の呼びかけはまったく異なる、ということを認識していながら、大阪府民にきちんと説明していなかったからだ。

 実際、報道ベースで紹介されている吉村の会見での発言は「国の専門家から、大阪府そして兵庫県における緊急の対策の提案の案というものをいただきました」「これを踏まえまして、大阪そして兵庫間の往来につきましては、この3連休については、不要不急の往来を控えていただきたいと思います」といった内容。大阪府庁のHP を見ても、吉村知事が今回の措置と厚労省の提案との違いを説明した発言は見つからない。吉村知事は19日18時半から囲み会見を開いており、記者から質問を受けたとすれば、このときの質疑応答だと思われるが、その部分の動画や会見記録も見当たらない。大阪府はなぜこんな重要な会見を誰でも簡単にアクセスできるところに公開していないのか。

 20日、ツイッターで根拠となる「厚労省からの提案文書」を公開した際も同様だ。吉村は「国の提案はその他の府内外も含む」なんてことは一言もいわず、こう説明していた。

〈厚労省から受けたこの提案を重視し、方針を決定した。単なる有識者やコメンテーターが作成したものじゃない。国がこの書類を持って大阪府と兵庫県にわざわざ説明に来て提案された。〉

吉村知事も松井市長も大阪府市民に対して嘘の根拠を説明していた

 松井一郎・大阪市長にいたってはもっと露骨だった。退庁時のぶらさがり会見で松井は番記者に向かってこう語ったのだ。

「大阪府と兵庫県の不要不急の往来を自粛するよう通知があった」
「国から爆発的に患者が増えることを抑えるため、できるだけ大阪と兵庫の往来を自粛するように呼びかけてほしいと通知があった」
「この3連休、みなさんが協力して感染対策の行動をとってほしい」

 前述のように、厚労省の文書は一人の専門家の見解を紹介しただけのものなのだが、それを松井市長は「国から通知があった」から、大阪と兵庫間の往来自粛を呼びかけると断言していたのである。ここまでくると、もはや捏造というしかない。

 いずれにしても、吉村知事も松井市長も大阪府民に対しては、厚労省の提案が大阪・兵庫間の往来自粛ではないことを一切まともに説明していない。それどころか、厚労省の提案(要請)を受けての措置だと言い切っていたのだ。

 行政の長が住民の行動の制限につながるこんな重要な方針の根拠を「意図的」に隠し、結論をすりかえる──こんなことが許されていいはずがないだろう。

 さらに問題なのは、吉村知事と松井市長がこの措置をとった目的が、どうみても感染拡大防止のためだったとは考えられないことだ。

 実際、2府県間だけの往来自粛に科学的根拠がないということはすでにこの間、多くの専門家が指摘している。厚労省や専門家会議の委員も、感染防止の観点から提案したのは一般的な往来の自粛であって、2府県間の往来でないと断言している。

 それはそうだろう。大阪府も兵庫県もすでにそれぞれの府県内で感染者が急増しているのだ。専門家の提案書の言うように、府県内を含む往来を控えれば感染拡大防止に確実につながるだろうが、大阪と兵庫の県境を越えることだけ自粛を呼びかけても、なんの意味もない。それは小学生でもわかる話だ。

「大阪・兵庫間の」往来自粛に根拠なし、吉村、松井だけで決定か

 吉村は本サイトへの反論で、〈緊急事態宣言もない中で、連休3日間に絞り込み、大阪・兵庫間に絞り込みをかけた〉などと強弁しているが、これはあきらかなゴマカシだ。大阪・兵庫間の往来に絞り込みをかけたところで、緊急事態宣言がなければ自粛の強制ができないことに変わりはない。実際、吉村知事が今回やったことも自粛の「呼びかけ」にすぎなかった。

 それならば、わざわざ絞り込む必要はなく、提案文書に書かれているとおり、もっと広く「大阪府内外の不要不急な往来の自粛」を呼びかけておけばいいだけの話ではないか。

 実際、兵庫県の井戸敏三知事は、提案文書のとおり、兵庫県とその他の地域の往来、県内での外出の自粛を呼びかけている。

 今回、リテラの記事に対して、維新支持者が「誤読だとしても何もしない兵庫県の井戸よりまし」などと吉村知事を擁護していたが、事実は逆で、井戸知事の呼びかけのほうがはるかに範囲が広く、厳しいものだったのだ。

 感染拡大防止という観点から見ても、どちらが真っ当かは明らかだろう。大阪・兵庫間の往来だけに矮小化した吉村知事、松井市長の呼びかけは、府民に「兵庫県以外なら出かけても大丈夫」という誤ったメッセージを与え、逆に感染を拡大させたおそれさえある。

 しかも、吉村知事や松井市長は、他県を巻き込むこんな方針を打ち出しながら、他の自治体との連携をまったくしていない。兵庫県とも関西広域連合とも事前協議をしていなかったことがわかっている。

 いや、他府県だけではない。この決定は、大阪府の専門家や担当部署にも知らされていなかった。吉村の会見にしばしば同席している大阪府の藤井睦子・健康医療部長も、吉村の会見直前、記者が確認したところ、この決定を知らなかったという。

「周辺を取材しても、動きを知らされていた人間がほとんどいない。今回の大阪・兵庫間の往来自粛呼びかけは、直前に、松井市長と吉村知事の二人だけで突然決めた、そうとしか思えない」(大手紙大阪府政担当記者)

兵庫県をスケープーゴートにした背景に、兵庫県の井戸知事と維新の対立

 とにかく今回の大阪・兵庫間の往来自粛は、何から何まで支離滅裂で整合性が微塵も感じられないのだ。いったい吉村知事と松井市長はなぜ、わざわざ専門家の提案文書を捻じ曲げ、勝手にこんなトンデモ方針を打ち出したのか。

 吉村知事はいまにいたるまで、専門家の提案とは違う対応をとったことについて、説得力のある説明は何一つしていない。会見でも、リテラへの反論でも、肝心な理由は「政治判断」という一言でごまかしている。

 松井市長にいたっては、不透明な意思決定に疑問を呈した立憲民主党・尾辻かな子衆院議員に〈無責任な国会議員は国難時においても言葉遊びでお気楽なもんです〉と噛みついたり、大阪府に問いあわせをして国からの通知がなかったことを指摘した一般のTwitterユーザーに〈政治的思惑があるのかもしれませんが、国難状況なのでデマはやめてなさい〉と逆ギレする始末だった。

 しかし、こういう反応になるのも当然だろう。そもそも彼らは、まともに説明できる理由をもっていないのだ。

 実は、在阪メディアの記者たちの間でも、今回の往来自粛については「松井・吉村による政治目的のパフォーマンス」という見方が大勢を占めている。

「吉村知事はライブハウスのクラスターを制圧できたなどとアピールに必死ですが、大阪では水面下で感染が拡大している可能性が高く、いつ感染爆発が起きてもおかしくない。そこに、厚労省から感染爆発の可能性を指摘されて、何かやらないとまずいとなったんでしょう。しかし、吉村氏や松井氏の最近の方針は、逆に自粛を解除する方向なので、外出自粛を呼びかけると、矛盾が生じる。そこで、同じように感染爆発の危険性を指摘された兵庫県をスケープゴートにしたんじゃないでしょうか」(前出・大手紙府政担当記者)

 兵庫県をターゲットにした背景には、兵庫県の井戸知事と、吉村知事、松井市長ら維新との敵対関係があるとの見方も広がっている。

 井戸知事は、橋下時代から、維新の政策や政治手法に反対してきた。都構想について「膨張主義だ。ムードだけで制度を変えるのが一番いけないこと」と発言し、2013年には、堺市長選で維新の対立候補の支援を表明。当時、大阪市長だった橋下徹が「越権だ」と反発する一幕もあった。

 維新が進めるカジノについても「地域振興のために手段を選ばないという姿勢そのものが、基本的に間違っている。人が集まって金さえ使えばいいのか」「日本はすでに相当のギャンブル国家。それを助長するカジノをなぜ解禁するのか」「依存症が兵庫県内にも出てくる。行政的な取り締まりが必要になり、裏社会の活動も予想される」と、当時の橋下大阪市長や松井知事のカジノ誘致を厳しく批判してきた。

「兵庫との往来自粛をぶちあげたのは、天敵だった井戸知事への嫌がらせという側面もあるんじゃないか。兵庫の実効再生産数が大阪より悪いことに目をつけ、兵庫との往来に絞って自粛を呼びかけ。大阪より兵庫のほうが感染がひどいと印象付けようとしたんだろう」(在阪ジャーナリスト)

松井市長の誤読による暴走デマ発表を正当化するための説も

 この見方が正しければ、新型コロナの政治利用というしかないが、しかし、このトンデモ政策には、もうひとつもっと間抜けな理由もささやかれている。それは、松井市長の誤読による暴走を正当化するためだったという説だ。

 実は、この大阪府・兵庫県間の往来自粛は、吉村知事より早く、大阪市の松井市長が公表していた。大阪府の政策をなぜ、大阪市長が先に公表するのか意味不明だが、松井市長は19日午後16時ごろ、退庁時のぶら下がり会見で、前述したように記者団に対して、「国から爆発的に患者が増えることを抑えるため、できるだけ大阪と兵庫の往来を自粛するように呼びかけてほしいと通知があった」などと語った。

 この発言は明らかな間違いだったが、松井市長の忠実な子分である吉村知事は、松井の暴走をフォローするため、実際に松井の言うとおり大阪府・兵庫県間の往来自粛で押し切ってしまったのではないかというのだ。

 実際、吉村知事はその日の午後、読売テレビの『情報ライブ ミヤネ屋』に出演したが、そこでは大阪府・兵庫県間の往来自粛については、何も語っていなかった。
 
 ところが、そのあと、同じ読売テレビのローカル番組『かんさい情報ネットten.』に出演した際、松井市長の発言が取り上げられ、コメントを求められると、吉村知事はここではじめて大阪府・兵庫県間の往来自粛の方針を示唆。それと前後して、府政クラブに大阪府から「府庁で吉村知事が緊急記者会見をする」と通知が入る。そして、18時30分から吉村知事が会見を開き、正式に大阪府・兵庫県間の往来自粛の呼びかけを行った。

 たしかに、この経緯を見ると、松井の発言で慌てて吉村が大阪府・兵庫県間の往来自粛呼びかけの方針を決め、緊急会見を開いたというドタバタぶりが伝わってくる。

「もちろん、この発表の流れ自体は、話題を煽るため、松井市長と吉村知事の間で役割を割り振り、シナリオどおりに進めた可能性もあります。ただ、そうだとしても、松井市長が内容について“誤読”して、そのまま虚偽の内容を先に発表してしまったのは事実で、もし吉村市長が提案文書の内容をきちんと理解していたのであれば、松井市長の発言を修正したはず。それをしなかったということからも、誤読をフォローするために、吉村知事が発表内容を歪めたという可能性は十分あります」(前出・大手紙府政担当記者)

 兵庫県をスケープゴートにした政治的パフォーマンスなのか、松井市長の誤読による暴走を正当化するためか、あるいはその両方か。今回の決定は吉村知事と松井市長の間の密室で決定されているため、これ以上の真相を暴くことは難しい。

 しかも、意図的な歪曲への批判が出てきたからか、毎日新聞によると、吉村市長が改めて経緯説明のために23日に開いた会見では、本サイトへの反論を翻して、提案文書について「普通の日本人が読めば大阪、兵庫間の往来と読める」と語ったらしい。「普通の日本人が」ってネトウヨワードを平気で使う感覚もどうかしていると思うが、小学生が読んでもわかる差に気がつかないなんて、やっぱり誤読ということじゃないか。

 いずれにしても、今回の大阪・兵庫間の往来自粛呼びかけが、まともな目的から出てきていないことはたしかだろう。吉村・松井両氏は、専門家にも、役所内の担当者にも、他の自治体にも相談せずに、独断で、専門家の見解を捻じ曲げ、こんな何の根拠もない方針を強行したのだ。

 しかも、連中はネットでそのことを指摘されると、新型コロナ対策そっちのけで、ウソとゴマカシだらけの反論をがなりたてている。

 ほんとうにこんな連中に、行政を任せていていいのか。大阪府民はそろそろ維新の正体に気がつくべきではないか。

最終更新:2020.03.25 12:35

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

吉村洋文知事がリテラへの反論ツイートで馬脚! 「大阪・兵庫間の往来自粛」が厚労省文書の誤読でないなら、もっと悪質な意図的歪曲だのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。井戸敏三厚生労働省吉村洋文感染新型コロナウイルス緊急事態宣言編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
2 中曽根元首相の合同葬「1億円税金」はやっぱりおかしい!
3 菅首相が『ひるおび』で安倍政権批判をしていた政治記者を首相補佐官に!
4 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
5 菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
6 杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
7 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
8 山口達也の事件をNHKが隠蔽していた
9 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
10 中曽根元首相が慰安所開設の証拠
11 悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
12 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
13 報道特集が中曽根の慰安所作りを報道
14 『スシローと不愉快な仲間たち』第10話 安倍首相の「布マスク2枚」にあの人が…
15 首相官邸のSNSはやはり電通が仕切っていた! 高橋まつりさんも母親に
16 東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
17 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
18 菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
19 菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
20 五輪、選挙…電通社員が黒い手口暴露
1 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
2 菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
3 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
4 中曽根元首相の合同葬「1億円税金」はやっぱりおかしい!
5 デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
6 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
7 ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
8 東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
9 悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
10 菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
11 菅政権の官房長官に決定 加藤勝信厚労相がコロナ対応で見せた無能
12 菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
13 大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
14 河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
15 菅首相が『ひるおび』で安倍政権批判をしていた政治記者を首相補佐官に!
16 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
17 菅内閣が「第三次安倍政権」化! 6月の時点で密約説
18 杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
19 『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
20 ネトウヨ局アナ・小松靖がテレ朝看板ニュース番組のメインキャスターに!

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄