紅白出場のKing Gnu・井口理のリベラルな姿勢に注目! 米イラン緊張でマイケル・ムーアをRTし日本の戦争加担に危機感

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
紅白出場のKing Gnu・井口理のリベラルな姿勢に注目! 米イラン緊張でマイケル・ムーアをRTし日本の戦争加担に危機感の画像1
King Gnu・井口理Twitterより


 米国とイランの戦争危機はひとまず回避されたようにみえるが、一触即発の緊張状態は決して解消されたわけではない。テロの危険性はむしろ高まっているし、トランプがまたぞろ突発的な軍事行動を起こす可能性も十分ある。しかし、日本のメディアやSNSなどをみていると、そんな危機感はほとんど感じられない。イラン問題などすっかりなかったことのようだ。

 いや、実は日本の無関心は事態が収束したようにみえるからではない。そもそも、米国によるソレイマニ司令官殺害直後、Twitterで世界的に「WWIII」がトレンドになるほど、戦争の危機が高まっていても、日本だけは“お正月ネタ”がトレンドになっていた。

 そんななか、意外な人物が、米・イラン緊張に関連してツイートしていたのをご存知だろうか。「King Gnu」(キング・ヌー)の、井口理だ。

 King Gnuといえば、昨年のメジャーデビューから大ブレイクした飛ぶ鳥を落とす勢いのミクスチャーバンド。ドラマ主題歌になった「白日」が大ヒットし、年末には『NHK紅白歌合戦』にも出場、今月15日に発売されたばかりのニューアルバム『CEREMONY』も大ヒット中の若手実力派4人組だが、そのツインボーカルのひとりである井口理が、自身のTwitterで「#WWIII」のハッシュタグをつけて、こんな投稿をしていた。

〈ここでムーア氏が言う「我々」という言葉、おれも他人事ではないんだろうな。自分みたいな若者が政治に無関心でいないこと、起きている出来事に疑いを持つことで何かを変えていきたいと思う。日本が後に続かないためにも。#WWIII〉(1月8日)

 井口は、この大戦争へ傾く世界情勢について、「自分みたいな若者が政治に無関心ではいけない」「起きている出来事に疑いをもって、何かを変えなければ」という意思を表明したわけだが、これには少し説明が必要だろう。

 まず、「ムーア氏」というのは映画監督のマイケル・ムーアを指し、井口が言及しているのはムーアが今月4日にPodcastで緊急公開した声明「— Trump Assassinates Soleimani — “An Act of War”」のことだ。井口はこれを翻訳した一般ユーザーの連続ツイートを読んで、それをリツイートしながら上の投稿をしたのだ。

 アメリカはこれまで敵国や敵対組織のリーダーを何度も殺害し、自国民には「その人物が巨悪である」とプロパガンダをうった。そうすることで犯罪を正当化したり、大統領のスキャンダルから目を逸らさせてきた。トランプもまた自身への弾劾裁判を控えているなか、ソレイマニを殺害した。こんな愚かなことのために、罪のないアメリカの人々の血を流さなければいけないのか。アメリカの歴史は他国の選挙・政治への介入の繰り返しだ。イランとイラクもそうだった──。

 ムーアはPodcastのなかで、トランプ大統領がイランのソレイマニ司令官を殺害したことに関して、このような調子で、アメリカの中東を含めた他国への軍事・政治的介入と自国民へのプロパガンダの歴史を語っていた。井口が引用している「我々」というのは、ムーアのこういったセリフにかかっているのだろう。

「あの戦争で失われた命は、我々が奪った命だ。『我々』というのはね、忘れないでほしい、税金を払っていたら『我々』になってしまう。たとえ戦争に反対したとしても、抗議デモをしたとしても、アメリカという『我々』の名のもとに戦争が行われたのだとしたら。私たちは戦争を止められなかった、私たちの税金が使われた。だから『我々』なんだ」(訳:編集部)

 King Gnuの井口が、ムーアのいう「我々」という言葉に「おれも他人事ではないんだろうな」と反応したのは、米国とイランの緊張の高まりの先にある全面戦争を意識したとき、はたして日本で生活している自分のような若者が無関係でいられるのか、という問いだ。

 日本はアメリカの同盟国であり、アメリカは日本を安全保障・軍事の面で利用している。そして、日本の政府は自分たちが納めた税金でアメリカの軍隊の支援をしており、数日後には自衛隊を中東に派遣することを決めた。私たちは戦争を起こそうとしている「我々」に含まれないのか。

 中東で戦争が始まって、たとえ日本人が殺されたり、直接的にイランの人々を殺したりしなかったとしても、「我々」の税金が戦争に使われる。いかに政治に無関心であったとしても、「我々」がいまの政権を選んでいることによって、日本はその戦争に加担してしまう。

 そうした思考回路を経て、井口は〈自分みたいな若者が政治に無関心でいないこと、起きている出来事に疑いを持つことで何かを変えていきたいと思う。日本が後に続かないためにも〉とツイートしたのだろう。

 実際、井口はこの投稿の後も、一般ユーザーからの〈もう安倍さんが自衛隊を中東に派遣するって勝手に閣議決定しちゃいましたけどね 井口さんみたいな影響力ある方がどんどん発信して戦争なくなればいいです〉というツイートを受けて、〈中東派遣のことも考えるとこれからどうなるか怖いですよね。ただ、こうしておれが発信しただけでは何も変わらないので、どう行動するか含め、ちゃんとみんなで自分の中に答えを出していけたらいいなと思います〉と返信していた。

 前述したように、国際的な問題への想像力、King Gnuという、いま音楽シーンでもっとも勢いのある若手バンドのボーカルが「他人事じゃない」「無関心ではいけない」というメッセージを発信したのは、大きな意味がある。同世代のリスナーも含め、多くの人に目の前に迫る戦争について、等身大で考えるきっかけを与えたはずだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

紅白出場のKing Gnu・井口理のリベラルな姿勢に注目! 米イラン緊張でマイケル・ムーアをRTし日本の戦争加担に危機感のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。King Gnuイラントランプ大統領マイケル・ムーア井口理京都アニメーション安田純平本田コッペの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 維新の野党共闘ディスが悪質!吉村知事も“暴言王”足立康史と一緒に
2 Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
3 Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
4 安倍晋三が杉田水脈の名簿順位を上げ、あの初村元秘書の公認ゴリ押し
5 甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
6 有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
7 岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
10 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
11 コロナ感染が再拡大するなか安倍首相が有名人とステーキ会食!
12 『ひるおび!』出演者のバービーが番組の野党の扱いに疑問!
13 ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
14 辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
15 IR汚職“起訴”の企業会長夫人と同姓同名の人物が進次郎、鈴木道知事に献金も
16 岸田首相の解散直前『報ステ』単独出演に「放送の中立性欠く」と批判殺到!
17 「朝日、死ね」足立議員のトンデモぶり
18 検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
19 『ZERO』降板の村尾、安倍首相ブチギレ事件
20 すぎやまこういち死去報道で封印された歴史修正主義と性差別肯定発言
1Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
2有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
3甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
4『ひるおび!』出演者のバービーが番組の野党の扱いに疑問!
5甘利幹事長に「闇パーティ」広告塔疑惑
6ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
7Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
8岸田首相の解散直前『報ステ』単独出演に「放送の中立性欠く」と批判殺到!
9辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
10岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
11安倍晋三が杉田水脈の名簿順位を上げ、あの初村元秘書の公認ゴリ押し
12維新の野党共闘ディスが悪質!吉村知事も“暴言王”足立康史と一緒に
13すぎやまこういち死去報道で封印された歴史修正主義と性差別肯定発言

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄