SKY-HIが日本の“精神的、文化的鎖国”に危機感! 社会的メッセージがタブーの状況は「まさに監獄」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
SKY-HIが日本の精神的、文化的鎖国に危機感! 社会的メッセージがタブーの状況は「まさに監獄」の画像1
SKY-HI『JAPRISON』2018年12月12日リリース


「クイーンは、世界に先駆けて日本が見出した」「韓国のレーダー照射は日本に嫉妬しているから」……相変わらず日々新たな「日本スゴイ」が量産される日本。一方で、司法制度や外国人労働者の問題などで、人権について後進性を指摘されても見て見ぬフリ、「韓国の陰謀」「国連は反日」などとトンデモ陰謀論でフタをしてしまう。精神的な鎖国状態がどんどん進行する日本だが、SKY-HIがこうした状況を鋭く批評する作品を発表したのをご存知だろうか。

 SKY-HIは昨年12月にアルバム『JAPRISON』をリリースしているが、その制作の背景には、日本全体にまん延する「鎖国感」「閉塞感」があると語っている。

「『2018年の東京に住むというのは、緩やかな自殺行為だ。人間が病んでいく要素しかそこにはない』っていうことを言ってる人がいたんですけど、それに対して全面的に同感という訳ではないものの、『わかるな』というのはあって。あと、日本を客観的に見た時に、精神的、文化的な鎖国感みたいなことは、すごく感じていて。それは息苦しさであると同時に危機感なんです」(「ROCKIN’ON JAPAN」2019年1月号/ロッキング・オン)

 アルバムタイトルの『JAPRISON』は、「JAPAN+PRISON」と「Japanese rap is on」の意味が込められたダブルミーニングの造語だが、「日本+監獄」という過激な表現が生まれたのは、東アジアのなかで日本だけがひたすら内に内にこもっていき、自家中毒的なガラパゴスになっている絶望感があるからだ。

 日本国内のメディアだけを追っているとほとんど実感することがないが、実は2018年は全世界的に東アジアのポップカルチャーが大ブレイクした年だった。

 その象徴がBTSだ。BTSは『LOVE YOURSELF 轉 'Tear'』と『LOVE YOURSELF 結 'Answer'』で2作連続ビルボード総合アルバムチャートの1位を獲得。また、BTSはニューヨークの国連本部にて開かれた、すべての若者に質の高い教育、技能研修、雇用を与えるための新たなパートナーシップ「Generation Unlimited(無限の可能性を秘めた世代)」の発足イベントでスピーチを行うなど、社会的にも高い注目を集めるグループへと成長した。

 K-POPの躍進はBTSだけにとどまらない。BLACKPINKはミニアルバム『SQUARE UP』でビルボード総合アルバムチャート40位に、また、NCT 127はアルバム『NCT #127 Regular-Irregular』でビルボード総合アルバムチャート86位を記録した。

 本国アメリカ版「Billboard」のウェブサイトでは、最新ニュースを扱うカテゴリーに「R&B/Hip-Hop」「Pop」「Rock」「Country」「Latin」といった項目に加えて「K-Pop」が追加された。これはK-POPが一時的なブームではなく、アメリカの音楽業界において完全にひとつのジャンルとして定着したことを示している。

 そういった動きは音楽だけではない。シンガポールを舞台にしたラブコメ映画『クレイジー・リッチ!』は、ハリウッド映画にも関わらず主要キャストをアジア系の俳優だけで固めるという試みを行い、しかもそれが3週連続で1位を獲得し、興行収入も1億ドルを突破するという前代未聞の快挙を成し遂げた。

 だが、こういった大きい波のなかに日本はまったく入っていない。それどころか、昨年末に起きたBTSのTシャツ騒動など逆に足を引っ張ろうという動きすら見られる。一時期さかんに叫ばれた「クールジャパン」なる掛け声も、最近では金の無駄遣いや内紛、計画失敗など聞こえてくるのは不祥事ばかり。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

SKY-HIが日本の“精神的、文化的鎖国”に危機感! 社会的メッセージがタブーの状況は「まさに監獄」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。BTSSKY-HIの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 
2 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
3 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
4 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
5 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
6 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
7 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
8 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
11 西野、梶原、又吉ら意識高い系芸人が吉本上層部を全面擁護
12 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
13 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
14 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
15 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
16 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
17 キンコン西野批判こそ「お金の奴隷」だ
18 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
19 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
20 木梨憲武個展が大盛況の“理由”
1 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
2菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
3ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
4菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
5吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
6特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
7河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
8 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
9蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
10 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
11バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
12信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄