紅白出場のKing Gnu・井口理のリベラルな姿勢に注目! 米イラン緊張でマイケル・ムーアをRTし日本の戦争加担に危機感

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

京都アニメーションの放火殺人事件に見せた「他者への想像力」と「包摂」という価値観

 井口といえば、その美しい歌声とは裏腹に、ファンからはSNSやラジオ番組では“おふざけ愛されキャラ”として知られているが、実は戦争についてツイートするのははじめてのことではない。
 
 たとえば、昨年の広島の原爆の日に〈平和ボケしながら、悲しみに目を向けながら生きてくよ。母ちゃん父ちゃんありがとう〉(2019年8月6日)とツイート。2018年の8月6日にはこのように綴っている。

〈過去に起きてしまった出来事を、そのうち資料や伝承でしか知ることは出来なくなっても、おれたちは想像することができる。それが自分や、自分の大切な人の身に降りかかるかもしれないって。だから「歴史は繰り返さない」し、繰り返そうとしてる奴がいたら間違いだよと言える井口でありたい。〉

 井口が政治や社会問題にコミットすることは決して多くはないが、発言を丹念に追っていくと、その考え方が表層的なものではなく、深いところで、平和、包摂、多様性といった価値観を大事にしていることがよくわかる。

 その典型が、2019年7月に起きた京都アニメーションの放火殺人事件のときのラジオだ。井口は、『オールナイトニッポン0(ZERO)』木曜日のパーソナリティを務めているが、昨年京アニの事件が起きた7月18日深夜の放送で、事件について語った。

「僕らも音楽をつくっていて、京都アニメーションで働いている方々もアニメをつくっている。同じ状況だったら、もしかしたら僕らにも降りかかっていた事件かもしれない」と同時代のクリエイターとして被害者たちに思いを寄せて語り出した井口だが、その後、繰り返し語ったのは、犯人への非難でなく、他者への想像力と包摂の重要性だった。

「犯人がどういう経緯でそこに至ったかはわからないけれども、俺はやっぱり、なんか、なんだろう。たとえば、電車で席を譲る、とかね、っていうことが、もしかしたら譲られた側にしたらたいしたことないかもしれないし、でもその人はものすごく救われるかもしれないし。逆に体が当たってしまって、舌打ちをされた。された側はその日、ものすごくネガティブな気持ちになるかもしれないし、ずっと絶望の淵にあった人がそれをされたら、もしかしたら、何かそれがきっかけで悪いほうに転じてしまうかもしれないし。ていう、なんだろう、俺が今日席を譲って、それが巡り巡って、もっとこう遠い人、その人じゃなくて、その人を取り巻く環境の人のもっと外側に届いてしまうかもしれないなあとか。やさしさが届いてくれるかもしれないし」
「もしかしたら、できたことがあるかもしれないって思うのは、今日の事件に対してね、すごい驕りだとは思うんだけど。でもなんか、明日を生きるとか、そうしていくうえで、できることってあるんじゃないかなって俺はすごい思ったので。こうしてほしいってわけではないんだけど、みなさんに」

 また井口の話を聞いたリスナーからの「多様性を認めることが大事なんじゃないか」というメールに答える形で、こう語った。

「やっぱり人間の尊いところって想像ができるっていうことだから、人の気持ちがわかるとか、その人の置かれた状況は自分には起きたことないけどでも自分だったらこうだろうっていう考え方ができる生き物だから。すごく多様性を認めるっていうのはすごく大事なことだと思うし、それが平等につながると思うし、平和につながるのかなと、僕も常々そう思ってますね」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

紅白出場のKing Gnu・井口理のリベラルな姿勢に注目! 米イラン緊張でマイケル・ムーアをRTし日本の戦争加担に危機感のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。King Gnuイラントランプ大統領マイケル・ムーア井口理京都アニメーション安田純平本田コッペの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
2 八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
3 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
4 高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
5 河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
6 「詩織さん全面勝訴」で証明された警察と検察のおかしさ! 
7 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
8 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
11 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
12 黒人差別問題でK-POPファンが差別主義者を撃退!
13 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
14 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
15 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
16 山口敬之氏が詩織さんに卑劣すぎる反論
17 共謀罪で小林多喜二の悲劇が再び現実に
18 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
19 室井佑月の『ひるおび!』降板で麻木久仁子が滝川クリステルに疑問
20 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
1安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
3山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
4八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
5高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
6総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
8河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
9高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
10 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
11河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
12自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
13安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
14倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
15DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄