松本人志や吉本上層部に異を唱えた「友近」「近藤春菜」に相次いでバッシング記事! 吉本が反乱分子に報復、粛清開始か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
松本人志や吉本上層部に異を唱えた「友近」「近藤春菜」に相次いでバッシング記事! 吉本が反乱分子に報復、粛清開始かの画像1
『ゴゴスマ』『スッキリ』などで正論を言った2人に…


さっそく、反乱分子の粛清が始まったらしい。先週発売の「週刊新潮」 (8月29日号)が友近の「パワハラ」を報じた一件だ。

 記事は、友近のマネージャー同社の幹部宛てに、友近のパワハラを訴える嘆願書が2通提出されたというもの。嘆願書には友近から「こんなできへんやつ初めて見たわ」「向いてないから辞めろ」といった罵詈雑言を浴びせられたことや、深夜まで説教されたことなどが書かれていたという。また、友近のマネージャーは、過去10年で20人近く入れ替わっており、その多くがパワハラを会社に訴えているとの記述もあった。

 これを受けて「日刊ゲンダイ」も、後追い。問題がこじれるようなら、現在、友近が持っている8本のレギュラーも安泰ではないとして、テレビ関係者のこんな恫喝めいたコメントを掲載した。

「コメンテーターを務める『ゴゴスマ』などではパワハラ問題を扱うが、自分が“当事者”なのにどうコメントするのか。テレビ各局のコンプライアンスでパワハラはNGですから」(前出のテレビ関係者)

 だが、友近がマネージャーに厳しいという話は昔から有名で、自らテレビでネタにしていたことも何度かあるほど。しかも、ベテランや売れっこ芸人のマネージャーへのパワハラは友近に限った話ではない。また、記事によれば、嘆願書が出されたのは「今年に入ってから」。それがなぜ、今頃になって報道されたのか。

 どう見ても、吉本問題での一連の発言が関係しているとしか思えないだろう。周知のように、友近は騒動のさなか、松本人志の上層部支持の姿勢に敢然と異を唱え、大崎洋会長・岡本社長体制の刷新を求めていた。

 岡本社長会見後、松本人志が〈でもプロ根性で乗り越えましょう。私達は生まれつきオモロイ〉とツイートしたことについて、友近はまず、『ゴゴスマ〜GO GO! Smile!〜』(CBCテレビ)でこう違和感を表明した

「松本さんは今の大崎、岡本体制で会社をみんなでやっていこうって考えを持っていらっしゃる方で、お二人との絆がすごく強いと思うので」
「でも、私はまだここの気持ちまで追いついてない。芸人と社長との信頼関係というのが成り立ってない関係で、あの会見を見て余計に不信感を抱いてしまったので、まだこの気持ちにはならない」
「ちょっと松本さん待ってくださいって思ってしまいますね」

 さらに、加藤浩次の「この体制が続くんだったら僕は吉本興業を辞める」という意見と近いのかと聞かれると「それはあります」と明言。吉本側がロンブー亮との交渉で口にしたという「在京5社在阪5社が株主だから大丈夫」発言に絡んで、こう語った。

「在京・在阪の株主の方々は、昨日の会見を見て、どう思われたかっていうのを、すごく私は生の意見が聞きたいですね」
「視聴者とか世論が、もう気持ちが、会見を見て一緒になったというか、『あ、やっぱり会社って、吉本ってこういう会社なんだ』ってわかったいま、どういう決断を下すのか、これからもその代表取締役として支えていくのか、不信任するのか。そこはほんとうに、水面下ではなくて、表立ってちゃんと意見が聞きたいです」

 また、その数日後には松本の『ワイドナショー』の裏番組である『サンデー・ジャポン』(TBS)に出演。松本の現体制支持について、あらためて「気持ちが追いついていないのは本当」と、自分の思いを率直に告白したうえ、ギャラの不透明さ、さらには、吉本がいろんなことに手を出しすぎて赤字事業が山ほどあると指摘し、「そこの赤字を、憶測ですよ、私たちの給料からやってんじゃないかって思われても仕方ないんです」と批判した。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

松本人志や吉本上層部に異を唱えた「友近」「近藤春菜」に相次いでバッシング記事! 吉本が反乱分子に報復、粛清開始かのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。24時間テレビ伊勢崎馨友近吉本興業大崎洋日刊ゲンダイ近藤春菜週刊新潮の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 桜前夜祭で安倍事務所が有権者に大量の酒、サントリーが無償提供
2 極右ヘイトの企業経営者総まくり(後)
3 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
4 不正入札、リニア新幹線はアベ友利権だ
5 泉ピン子“五輪聖火リレー検討委”の裏
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 吉村知事への批判がテレビでも…北村教授、日本城タクシー社長、小木博明も
8 極右ヘイトの企業経営者総まくり(前)
9 町山、ロマン、水道橋、春日、豪の論戦
10 維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
11 自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
12 「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
13 古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
14 『女が嫌いな女』アンケートの噓を暴く
15 川島なお美が近藤誠の診断を告発
16 ICANノーベル賞授賞式を日本マスコミが無視
17 大阪カジノ構想に誘致否決の「和歌山以上」の問題が!カジノ業者言いなりの実態 
18 水道橋博士を訴訟恫喝、松井市長が感染者入力を外注、委託料は言い値の1億円
19 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
20 THE MANZAIウーマン村本のもう一つの凄さ
1桜前夜祭で安倍事務所が有権者に大量の酒、サントリーが無償提供
2自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
3維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
4 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄