高樹沙耶インタビュー

高樹沙耶が最後の独占告白! 医療大麻解禁、メディアバッシングへの思い「今の日本は異なる価値観を断罪する」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

自分と違う価値観を断罪するマスコミと『グッディ』での “謝罪”“反省”圧力

——ここ最近、覚せい剤など事件を起こして逮捕された芸能人たちは、取材陣に向かってお辞儀するだけだったり、一言だけお詫びのコメントを出すだけでしたが、しかし高樹さんはきちんと囲み取材に応じました。にもかかわらずそれがバッシングの材料にされてしまった。さらにそんな状況下でも、『直撃LIVEグッディ!』(フジテレビ)の密着インタビューにも応じ、結果、さらにマスコミの餌食にされてしまいました。

高樹 『グッディ』は最初、中立めいたかたちでやるとおっしゃってくれていて……。まあ私もこの世界は長いから、だいたい結果は見えていたんですけどね(苦笑)。それでも密着取材に応じたのは、判決後の会見が短すぎて、自分の真意が十分に伝わらなかったと思ったからです。これまで大麻に関わり、また事件にもなった以上、きちんと説明したかったし、その責任もある。放送後、意外にも批判だけでなく賛同してくださる方も多かったんですよ。病気で苦しんでいる人たちのために使えるのであれば、それに有効な病に効くのであれば、使ってもらいたい。それはいまでも本当に思っています。

——『グッディ』では現行法を犯したことは申し訳ないけれど、そもそも現行法がおかしい、その信念はバッシングされても変わられない、曲げられない、という発言もありました。しかし気になったのは、番組の構成、つくり方です。ナレーションも悪意がありましたし、質問する記者も執拗に“謝罪”や“反省”を求めるものでした。それに対して、「十分法律を犯したことについては謝罪しているし、社会的制裁を受けている」「それ以上、なぜ毎日、毎日、みんなに謝らなくちゃいけないのか」と高樹さんは発言しました。医療用大麻の存在すら無視しようとする理不尽なマスコミに対して、正直だし、その勇気はすごいものがあると。

高樹 私の事件だけでなく、いまの日本全体に顕著だと思いますが、自分の価値観と違うということを断罪するんでしょうね。それに抗するのは、覚悟していたとはいえ、もちろん怖いですよ。でも、それでも「ごめん」とは謝れない。怖いけど、でも嘘はつけない。その気持ちを、正直に表してしまったんです。芸能界やマスコミ批判とも取られる発言もしたので、芸能村からはハブんちょだな、とは思いましたけど(笑)、でも正直な気持ちとして裁判でも同じようにお話をさせていただきました。法律を犯したことは反省するけれども、海外と比較してみてくださいと。日本と海外の解離を考えると、日本はやはりおかしいと思っていますし。先ほどもお話したように、今後は先頭に立って活動することは考えていませんが、でもこれまで大麻解禁を訴えてきた責任もある。人から医療大麻について聞かれることもあるでしょう。そのときに「もう関係ない」なんて言えない。これからも質問されたら医療用大麻の素晴らしさについて答えてしまうし、二度と使わないなんて約束もできない。医療として解禁される夢はまだもっていますし、そうなれば私自身も使いたい。そういう意味でも謝れないんです。今回の事件で、マスコミからバッシングを受けましたが、しかし医療大麻という存在の“種”を世の中に蒔けたとは思います。昨年の参院選では、東京だけだったかもしれませんが、今回の事件が大きく報じられたことで、日本国中が医療大麻の存在を知ってくれた。私の逮捕は、ある意味日本での第一歩かなと思う。確実にみんなの脳裏に、医療大麻って何?とインプットされた。あとは専門家が正しい情報を伝えてくださり、議論がはじまることを期待したいです。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

高樹沙耶が最後の独占告白! 医療大麻解禁、メディアバッシングへの思い「今の日本は異なる価値観を断罪する」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。インタビューバッシング編集部高樹沙耶の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 吉村洋文知事「命の選別」発言は事実! “治療を高齢者から若者に”
2 『スシローと不愉快な仲間たち』12 安倍首相の寒すぎるポエム
3 安倍が宇野教授を任命拒否したのは宇野教授の父から批判された逆恨みか
4 検察がつかんだ「桜」前夜祭の公選法違反証拠!費用補填800万円の明細
5 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
6 中居がすべらない話でJのタブーに!
7 小田嶋隆・武田砂鉄対談 前編 ツイッターで安倍政権とどう向き合うか?
8 菅首相に飛ばされた元総務官僚が語った恐怖支配!「あそこまでひどい人は…」
9 学術会議任命拒否 宇野重規教授が書評「暴君」論で菅首相批判か
10 安倍政権御用ジャーナリスト5位〜大賞発表!
11 『あさが来た』は籾井の機嫌取り企画
12 葵つかさが「松潤とは終わった」と
13 植村隆の名誉毀損裁判で不当判決!櫻井よしこの捏造を無視
14 橋下徹がコロナ対策過剰論を主張するため「熱中症ではそんな対策してない」
15 大阪都構想住民投票に58億円 吉村知事「イソジン会見」の裏側も発覚
16 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
17 大阪のコロナおざなり対策が酷すぎる!重症病床使用率もごまかし
18 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
19 トランプ的どっちもどっち論横行の日本
20 THE MANZAIウーマン村本のもう一つの凄さ
1菅首相が生出演『ニュースウオッチ9』めぐり内閣広報官がNHKに圧力
2菅首相に飛ばされた元総務官僚が語った恐怖支配!「あそこまでひどい人は…」
3 安倍晋三が調子に乗っている! 極右集団「創生日本」再始動
4菅首相の遅すぎる「GoTo見直し」はキャンセル料補填しないためか!
5大阪のコロナおざなり対策が酷すぎる!重症病床使用率もごまかし
6菅、安倍、森がバッハ来日で…コロナ隠しにGoTo続行、NHKに圧力
7コロナ再拡大の最大の戦犯は菅首相!専門家の指摘無視「静かなマスク会食」
8吉村洋文知事「命の選別」発言は事実! “治療を高齢者から若者に”
9検察がつかんだ「桜」前夜祭の公選法違反証拠!費用補填800万円の明細
10 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
11安倍が宇野教授を任命拒否したのは宇野教授の父から批判された逆恨みか
12 学術会議任命拒否 宇野重規教授が書評「暴君」論で菅首相批判か
13『スシローと不愉快な仲間たち』12 安倍首相の寒すぎるポエム
14小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
15小田嶋隆・武田砂鉄対談 前編 ツイッターで安倍政権とどう向き合うか?

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄