高樹沙耶インタビュー

高樹沙耶が最後の独占告白! 医療大麻解禁、メディアバッシングへの思い「今の日本は異なる価値観を断罪する」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
判決から1カ月、高樹沙耶がメディアバッシング、医療大麻解禁への思いを告白「今の日本は異なる価値観を断罪する」の画像1
撮影/編集部

 医療大麻解禁を訴え、大麻取締法違反で逮捕された高樹沙耶。有罪判決後、マスコミ取材に応じていた高樹だが、それから1カ月あまり、彼女はいま、どうしているのか。
 
 これまで高樹は、世間やマスコミと必死に闘ってきた。懲役1年、執行猶予3年の判決が下された4月27日、マスコミの囲み会見に応じた高樹は改めて医療大麻への思いを涙ながらに語り、また『直撃LIVE グッディ!』(5月4日放送/フジテレビ)の独占密着インタビューでも同様の姿勢を貫いている。そうした高樹の真摯な思いにもかかわらず、マスコミは信念を変えない高樹をバッシングし、“反省がない”と責め立てた。

 その後、高樹はプツリと表舞台から姿を消したが、その間、本サイトでは報道の悪質さを指摘、「ほとんどの芸能人はひたすら頭を下げて嵐の通り過ぎるのを待つところを、医療用大麻を解禁すべきというのは譲れない」との高樹の覚悟や、高樹の主張する医療用大麻解禁論はけっして常識はずれなものではないことを紹介してきた。

 だが、いくつかの疑問は残ったままだ。なぜ大麻を使用したのか。裁判では無罪を主張したのに、有罪判決を受け入れたのか。バッシングがわかっていながらマスコミの取材に応じたのか。そして今後の医療大麻解禁への取り組みは――。

 そんな折、本サイトの記事を読んだという高樹本人から「話がしたい」とコンタクトがあった。そこでこれまでの高樹の思いを改めて聞くため、事件後初めて上京していた高樹に急遽取材を申し込み、今回の独占インタビューが実現した。事件や、マスコミ、そして大麻への高樹の真意と赤裸々な思いとは——。(編集部)

高樹が「あまりに辛すぎた」と語ったマスコミによる“報道リンチ”の内実

——事件後、初めて上京されたということですが。

高樹 判決後、はじめて自由な時間をいただいたので、両親に会ったり、いろいろな関係各所にご挨拶周りをするために数日前から、こっそり上京していたんです(笑)。

——そもそも昨年10月25日の逮捕からして異様なものでしたね。関東信越厚生局麻薬取締部など複数の麻取が30人もの陣営で、わざわざ石垣島まで出向くという狙い撃ち、かつ大規模な捜査でした。しかも逮捕から3カ月もの間、釈放が認めらないという異例なものです。

高樹 そうですね。長かったです。3カ月拘留されて、さらに3カ月くらい裁判で拘束されましたから、結局半年ですね。逮捕当初から大麻の使用は認めていたのですが、所持や所有は本当にしていなかったので否認しました。それが事実なのですが、証拠隠滅の恐れがあるからと保釈が認められなかったのです。

——マスコミ報道も異様でした。逮捕直後から、ワイドショーは高樹さんの私生活、石垣島での共同生活ばかりをセンセーショナルにクローズアップしていましたし、それは判決後も続いています。

高樹 あまりに辛すぎたので、逮捕当時の報道は見ていないですが、判決後の報道は録画でいくつか見ました。かつて一緒にお仕事をしたこともある方々のコメントが、とてもヒステリックでショックでした。しかも大麻への活動や事件とは関係ないところで人間性までを罵倒する。報道リンチという言葉がぴったりくるぐらいの出来事だったかな。大麻を面白く思っていない人たちの格好のターゲットだったのかな。ですからいま、どんなに医療大麻について訴えてもテレビ報道はあの状態なので(苦笑)、非常に難しい。なかでも、大麻についての議論がないことが一番残念でした。医療大麻のことなど考えたくない、お上がダメだ、法律違反だと言っている以上、それに疑問ももたないし、検証も検討もしないということなのでしょう。これ以上、私が何を言っても向こうはまた相変わらず泥を塗ってくる。ですから今後は医療大麻の効用について、気がついた専門家の方が立ち上がってくださるのが、一番クリーンでいいのかなと思っています。私は今回の有罪判決で、より説得力を失うという状況になってしまった(笑)。私はいまイタイ存在かもしれませんが、会見でも言ったように、決してふざけた気持ちで大麻草に向き合ってきたわけではないんです。実際、いままでタブーとされてきたことに対して、突っ込んでいった。その勇気だけは賞賛してくださる方もいるんです。リテラさんとか幾つかのメディアや中部大学の武田邦彦教授などに評価を頂けただけで、私ができることはやり切ったかなとも思っています。

世界では医療大麻解禁は潮流だが、日本では未だ不条理な政策が!

——高樹さんの事件を前後して、大麻に関してはいくつかの“事件”が起こっています。首相の妻である昭恵夫人が医療用大麻の解禁を訴えたり、彼女が支援していた大麻栽培・加工業者が逮捕されたり。高樹さんも昨年の参院選に出馬され大麻解禁を訴えた。そうした動きが当局をナーバスにさせたとの見方もあります。

高樹 確かに大麻に関しては、私が参院選に出た2016年頃から風当たりが強くなったと感じていました。選挙中には、大阪大学が大麻の脳への悪影響についての研究を発表したり、相模原で起こった障害者施設の事件でも、その原因に大麻があるような報道まであって。その後も、産業大麻関連での逮捕者も続きました。日本は、ずいぶんと大麻のことを表に出したくないのかな。これは大麻の法改正の活動に関わって以降、すごく感じたことです。私が逮捕された後の報道でもそれは実感しました。そのなかで、リテラさんだけが唯一きちんとジャーナリズムとして報道されていた。今回のことで、私は自分が住んでいる国に対してとても疑問をもってしまったのです。大麻に関して、一般の人々が普通に情報を入手できる時代です。なのに、ここまで無視して、タブーのようにしか扱わない。

——判決直後の会見でもおっしゃっていましたが、医療大麻への思いは変わらないが、しかし活動からは一線を引くと。その真意はどんなものなのでしょう。

高樹  私個人のレベルで活動をしても、とても難しいということです。逮捕されたことで、その裏にはいろいろなカラクリもあるんだなと、ボンヤリとですが感じました。記者会見で「逮捕されたこと、ありがたく思っております」と言ったのは、一度立ち止まって、自分の活動に一区切りつける、いいきっかけになったと思ったからです。私は性格上、何かやり始めたら成果を出したい性格なので、医療大麻に突っ込んだ以上、結果が出るまでやり通したかった。がんばろうと思っていたのですが、でも実際は本当に大変でした。ですからこれ以上、大麻のことに自分の人生を費やしていてはもったいないし、無力感も感じてしまって。判決の数日前、国会で自民党の藤井基之議員が世界の大麻合法化の流れを質問していましたが、結局は、大麻をはじめとする薬物事犯の取り締りを強化するという結論にいたっただけで。これは大麻の合法化を目指す人たちへのひとつメッセージだったと思うんです。「我が国は合法化なんてやる気なんかないよ」と。研究もさせない、触れてもいけない。こんな現実を見て、私はもうこの世界にクビを突っ込むのは一旦やめようと。

——確かに日本では覚せい剤のようなハードドラッグ、そして危険ドラッグ、大麻を同じレベルで、全部ごっちゃにして盲目的に「危険だ」「違法だ」と叫ぶだけで、その区別もなければ、議論もありません。

高樹 そうなんですよね。世界では医療大麻が合法化され、私自身、日本でも病に苦しむ人たちのために使えないか、とがんばってきました。私がいま、一番心配しているのは、大麻についての正しい知識、情報までもが封殺されてしまうことです。大麻には60種類以上の成分がありますが、精神活性作用のあるTHC(テトラヒドロカンナビノール)は陶酔成分が強く、逆にCBD(カンナビジオール)には抗炎症性や抗不安作用があり、医療に適していることが明らかになっています。CBDだけ抽出すれば本当に人々の役に立つ。しかしそうした研究さえも日本は無視しているんです。

——1964年以降、イスラエルで進んだ研究ですね。

高樹 そうです。そのためCBDを多く含んだ医療用大麻の研究が進んでいる。でも一方では、農業でいうなら遺伝子組み換えのように、人間が操作しすぎた大麻もいっぱい出てきているんです。ですから、医療ではなく質の悪いものを嗜好用としてずっと続けてしまえば、なんらかの弊害は絶対に出てきます。薬物として指定されるような特殊な植物だから、使い方にはすごく気をつけなくてはいけない。強いものを毎日摂っていたら、脳にも障害が起こるだろうし。ですから、覚せい剤や脱法ドラックはどんなものなのか、大麻とはどう違うのかなど、「ダメ、ダメ!」と言わずに、まず正しい情報開示が必要なんです。世界でもアメリカの多くの州で、またカナダ、チェコ、フィンランド、ドイツ、オーストリアなどでも大麻は合法化されています。若い方は旅に行って興味をもつこともあるでしょう。でも日本の子どもたちは、大麻の知識もなく、覚せい剤と同等に「絶対だめ」と教えられる。それはより危険なことです。合法化とか非犯罪化と言う前に、まずは正しい情報を開示し、研究して、それを伝えることから始めないと。いまのように、国民が大麻を“麻薬”だと思っている以上、議論にならない。いくら医療目的だと訴えてもね。国が率先して正しい情報を開示してくださり、マスコミもそれを伝えていただきたい。いまでも、それを本当に望んでいます。

高樹は医療大麻の解禁を訴えながら、なぜ自ら使用したのか。その真相とは!?

——そうしたなか、高樹さん自身が大麻を使用した。医療大麻解禁を訴え、活動する身として、軽率だったとの批判もあります。その経緯については、どういうものだったのでしょう。

高樹 そもそもは、同居していたM氏(石垣島で生活を共にし、大麻取締法違反で一緒に逮捕された人物)が狭心症を患っていて“死”についても身近に感じていたようです。でも本人は西洋医療がイヤで、病院にも行きたがらなくて。そのため終末医療として自分が研究している大麻が、どれだけ効果があるのか、身体を張って実験したいとの思いがあったようです。私としては、死の宣告を受けた人が自分の治療を自由に選択したいというのは幸福権の追求だし、人権の問題で“しょうがないこと”と思っていました。「ご自分の判断なのだからご自由に」と。まあ、許すという感じですね。実際のところ、私の家でしたが、私自身はソレの入手先や保管場所すら知らなくて、彼は『自分が責任をもつから大丈夫だ』とよくおっしゃってました。そんななか、2014年夏の頃だったと思いますが、私自身が親不知の抜歯をしてから、体調にものすごく不具合が出るようになってしまった。人生初めてというほどの不調で、みるみるうちに体がガタガタと音を立てて崩れる感じでした。しかも原因も不明で大変な状態になり、それで私も医療として使わせてもらうようになって。

——裁判でも高樹さんは使用については認めていました。しかし所持は一貫して否定したにもかかわらず、判決では「自宅への大麻の持ち込みを許可し、管理し得る状態にあったことは明らか」として共同所持で有罪が下されました。その判決を受け入れた真意はどのようなものだったのでしょう。

高樹 それは法律家の判断に任せるしかないので、「仕方がないですよね」ということです。日本は“所持”は違法ですが、“使用罪”はない。そして所持についてはM氏が認めています。それでも私の自宅だったことから管理責任を問われてしまった。さらに大きかったのが政治活動をしていたことだと思います。もし私を不起訴や無罪にしてしまうと、世間が許さない。なにより大麻解禁を叫んでいたのですから、見せしめという部分が大きかったと思っています。本当のことを言えば、実は少し期待していたんです。厚労省の麻取とか警察ではなく、司法、裁判の世界では、もしかしたら世界の情勢を汲み取ってくれて、医療大麻の問題について踏み込んでくれるんじゃないか。司法が三権分立の機能を果たしているのならそんな期待もあったんですけど、残念ながらそうではなかった。しかも医療用として使っている現実があるにもかかわらず、そこはないものとして扱われてしまって。とにかく“麻薬”を使っている人というレッテルを貼りたいという意思を感じました。医療だろうとなんだろうと、わが国では大麻は“麻薬”なんだからと。司法でも議論や検討の余地もなかった。逆らう人間はノーなんでしょうね。世界の大麻解禁の流れや、状況と比較したとき、やはり人権侵害だなと、思ってしまいます。

自分と違う価値観を断罪するマスコミと『グッディ』での “謝罪”“反省”圧力

——ここ最近、覚せい剤など事件を起こして逮捕された芸能人たちは、取材陣に向かってお辞儀するだけだったり、一言だけお詫びのコメントを出すだけでしたが、しかし高樹さんはきちんと囲み取材に応じました。にもかかわらずそれがバッシングの材料にされてしまった。さらにそんな状況下でも、『直撃LIVEグッディ!』(フジテレビ)の密着インタビューにも応じ、結果、さらにマスコミの餌食にされてしまいました。

高樹 『グッディ』は最初、中立めいたかたちでやるとおっしゃってくれていて……。まあ私もこの世界は長いから、だいたい結果は見えていたんですけどね(苦笑)。それでも密着取材に応じたのは、判決後の会見が短すぎて、自分の真意が十分に伝わらなかったと思ったからです。これまで大麻に関わり、また事件にもなった以上、きちんと説明したかったし、その責任もある。放送後、意外にも批判だけでなく賛同してくださる方も多かったんですよ。病気で苦しんでいる人たちのために使えるのであれば、それに有効な病に効くのであれば、使ってもらいたい。それはいまでも本当に思っています。

——『グッディ』では現行法を犯したことは申し訳ないけれど、そもそも現行法がおかしい、その信念はバッシングされても変わられない、曲げられない、という発言もありました。しかし気になったのは、番組の構成、つくり方です。ナレーションも悪意がありましたし、質問する記者も執拗に“謝罪”や“反省”を求めるものでした。それに対して、「十分法律を犯したことについては謝罪しているし、社会的制裁を受けている」「それ以上、なぜ毎日、毎日、みんなに謝らなくちゃいけないのか」と高樹さんは発言しました。医療用大麻の存在すら無視しようとする理不尽なマスコミに対して、正直だし、その勇気はすごいものがあると。

高樹 私の事件だけでなく、いまの日本全体に顕著だと思いますが、自分の価値観と違うということを断罪するんでしょうね。それに抗するのは、覚悟していたとはいえ、もちろん怖いですよ。でも、それでも「ごめん」とは謝れない。怖いけど、でも嘘はつけない。その気持ちを、正直に表してしまったんです。芸能界やマスコミ批判とも取られる発言もしたので、芸能村からはハブんちょだな、とは思いましたけど(笑)、でも正直な気持ちとして裁判でも同じようにお話をさせていただきました。法律を犯したことは反省するけれども、海外と比較してみてくださいと。日本と海外の解離を考えると、日本はやはりおかしいと思っていますし。先ほどもお話したように、今後は先頭に立って活動することは考えていませんが、でもこれまで大麻解禁を訴えてきた責任もある。人から医療大麻について聞かれることもあるでしょう。そのときに「もう関係ない」なんて言えない。これからも質問されたら医療用大麻の素晴らしさについて答えてしまうし、二度と使わないなんて約束もできない。医療として解禁される夢はまだもっていますし、そうなれば私自身も使いたい。そういう意味でも謝れないんです。今回の事件で、マスコミからバッシングを受けましたが、しかし医療大麻という存在の“種”を世の中に蒔けたとは思います。昨年の参院選では、東京だけだったかもしれませんが、今回の事件が大きく報じられたことで、日本国中が医療大麻の存在を知ってくれた。私の逮捕は、ある意味日本での第一歩かなと思う。確実にみんなの脳裏に、医療大麻って何?とインプットされた。あとは専門家が正しい情報を伝えてくださり、議論がはじまることを期待したいです。

大麻を上手に活用してクオリティの高い生活を! 昭恵夫人も解禁を語る医療大麻と高樹の今後

——高樹さんと同様に、安倍首相夫人も同時期に大麻解禁を訴えていました。

高樹 ファーストレディでこの問題に初めて言及してくれた人ですから、とても勇気のある女性だなと思っていました。逮捕前には私のツイッターで昭恵夫人の話題が出たことがあり、「彼女の勇気にリスペクト」とつぶやいたこともあります。一度彼女が経営する「UZU」でお会いしたこともありますが、実際のところ、大変な御身分の方なので、ご挨拶程度の会話をした記憶しかありません。「週刊現代」(講談社)の小池百合子都知事との対談でも大麻について語っていて、援護射撃をしてくれたのかなとも勝手に思っていました。もし森友学園問題がなかったら、違う展開もあったのかな。そう思うと少し残念です。

——芸能界を離れ、今後はどのような生活をしていく予定なのでしょう。

高樹 逮捕後は、それぞれの道を行きましょうとM氏は沖縄を離れ、私は石垣島に残り、宿泊施設を運営していくことで人生を成り立たせようと思っています。そもそも、ハワイでの生活の後、環境活動に目が向き千葉でオーガニックの農業をやっていましたが、震災と原発事故が起こって。オーガニックの野菜をつくりたかったのに、放射能でしょ。起きてはいけないことが起こったことで、とカーッとなって『相棒』もやめてやる!と(笑)。仕事を全部やめて石垣島に行った。でも今回の事件で、これまでのスタッフは離れたりして、総入れ替えです。これから石垣島に帰り、営業準備に取り掛かろうと思っています。ワイドショーでは地元の人が私たちのことを「怪しい」なんてコメントしていたようですが、でも本当はやさしいんですよ。お店の人たちも「人生いろいろあるさ~」「大丈夫さぁ~」と応援してくれて、世間の目線は意外と暖かくて。でも日本も本当に変わるといいですよね。この世界を知って実感していますが、大麻を上手に活用できれば病気になってもクオリティの高い生活を保つことができる。イスラエルでは緑内障や認知症の予防にも使われているんですよ。そして、とっても残念です。みんながヘルシーで健康な生活をできればいいじゃない。そんな気持ちでやってきたのにこんな結果となってしまって。自分の得とか快楽とかではなく、まじめに医療大麻に向き合って活動してきましたが、さすがの私もヘロヘロでズタボロです。ただ、今回の事件で、私が人身御供になったとしても、この後の議論が活発になればなと本当に願っています。そういう意味では一定の成果があったと思いたい。多くの人が正しい情報と興味をもってほしい。でも、いまは静かにしていろということでしょう。出ると叩かれてしまうでしょうし、このリテラのインタビューを最後にしばらくの間、石垣島での静かな暮しを取り戻したいと思います。

最終更新:2017.12.04 06:40

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

高樹沙耶が最後の独占告白! 医療大麻解禁、メディアバッシングへの思い「今の日本は異なる価値観を断罪する」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。インタビューバッシング編集部高樹沙耶の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
2 検察がつかんだ「桜」前夜祭の公選法違反証拠!費用補填800万円の明細
3 安倍がインスタで星野源とのコラボ動画アップもコメント欄に批判殺到
4 小田嶋隆・武田砂鉄対談 前編 ツイッターで安倍政権とどう向き合うか?
5 菅首相の遅すぎる「GoTo見直し」はキャンセル料補填しないためか!
6 安倍「桜を見る会前夜祭」で会費を払っていない有権者、買収罪に相当
7 橋下が「人格障害」名誉毀損裁判で敗訴
8 学術会議任命拒否 宇野重規教授が書評「暴君」論で菅首相批判か
9 中居がすべらない話でJのタブーに!
10 大村知事リコールに高須克弥、百田尚樹、有本香らが勢揃い…
11 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
12 自殺した赤木さんの妻が『バイキング』生放送中にLINEで…
13 大阪のコロナおざなり対策が酷すぎる!重症病床使用率もごまかし
14 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
15 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
16 コロナ再拡大の最大の戦犯は菅首相!専門家の指摘無視「静かなマスク会食」
17 菅、安倍、森がバッハ来日で…コロナ隠しにGoTo続行、NHKに圧力
18 『あさが来た』は籾井の機嫌取り企画
19 菅首相が生出演『ニュースウオッチ9』めぐり内閣広報官がNHKに圧力
20 菅首相に飛ばされた元総務官僚が語った恐怖支配!「あそこまでひどい人は…」
1 菅首相が生出演『ニュースウオッチ9』めぐり内閣広報官がNHKに圧力
2 菅首相に飛ばされた元総務官僚が語った恐怖支配!「あそこまでひどい人は…」
3 安倍晋三が調子に乗っている! 極右集団「創生日本」再始動
4 北海道感染拡大も菅政権は…加藤官房長官がGoTo北海道ツアーのクラスター隠し
5 菅首相の遅すぎる「GoTo見直し」はキャンセル料補填しないためか!
6 大阪のコロナおざなり対策が酷すぎる!重症病床使用率もごまかし
7 菅、安倍、森がバッハ来日で…コロナ隠しにGoTo続行、NHKに圧力
8 コロナ再拡大の最大の戦犯は菅首相!専門家の指摘無視「静かなマスク会食」
9 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
10 検察がつかんだ「桜」前夜祭の公選法違反証拠!費用補填800万円の明細
11 学術会議任命拒否 宇野重規教授が書評「暴君」論で菅首相批判か
12 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
13 小田嶋隆・武田砂鉄対談 前編 ツイッターで安倍政権とどう向き合うか?

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄