伊藤美誠、白井健三、池江璃花子…五輪選手の親はみんな“毒親”なのか? 感動物語の裏で虐待スレスレの英才教育

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
itoumima_160820.jpg
五輪卓球女子団体で銅メダルを獲得した伊藤美誠選手(スターツグループホームページより)


 日本選手たちの期待以上の活躍、メダルラッシュに、日本中が湧き返っているリオ五輪。マスコミも五輪一色で、朝から晩まで感動物語を伝え続けている。

 その盛り上がりに水をさすつもりはないが、一方で、どうしても違和感がぬぐえないのが、メダリストが誕生するたびに報じられるあの“親と子の絆”の話題だ。「5歳の頃から父親が徹底的に鍛え上げてきた」「小学生の頃から母親と二人三脚で夢に向かってきた」……親による英才教育エピソードがやたら美談として垂れ流されているのを見ていると、思わず「大丈夫かよ」とつぶやいてしまいたくなるのだ。

 たしかに、リオでメダルを取ったり活躍をしている選手は、親が小さい頃からつきっきりで英才教育をしていたケースが多い。体操の内村航平、卓球の福原愛、レスリングの吉田沙保里、重量挙げの三宅宏美など、五輪の常連選手はもちろん、今大会ではじめて注目されたニューフェイスもほとんどがそうだ。

 たとえば、15歳で卓球女子団体の代表選手に選ばれ、銅メダルを取った伊藤美誠選手は、元実業団選手だった母親が妊娠中から胎教で卓球の試合実況中継を聞かせ、3歳の頃から毎日7時間ものスパルタ訓練をさせていたという。

 16歳という若さで6位入賞の快挙となった水泳の池江璃花子選手も、元陸上選手だった母親から徹底的な幼児英才教育を受けてきたことで有名だ。0歳から運動能力向上のためうんていにぶら下げ、2歳には逆上がりができるようになった。

 女子レスリング63キロ級で金メダルをとった川井梨紗子選手は、両親とも競技経験者でレスリング選手という一家だ。とくに母親は全日本で優勝経験もあり現役時代五輪を目指したが、当時、レスリングは正式種目ではなかった。川井は小学2年生のときから母のその思いを引き継いだというエピソードが大々的に報じられた。

 体操男子団体で金メダル、種目別で銅メダルを獲った若手のホープ・白井健三選手も両親が元体操選手で父親はジュニア体操クラブを運営していた。幼少期に特注のトランポリンをつくり、両親と二人三脚でひねりの才能を開花させたというエピソードが紹介されていた。

 また、体操に関しては、今回のリオ五輪に出場した団体選手5人のうち実に4人は実家が体操教室を営んでおり、同じように幼い頃から英才教育を受けていたという。

 とにかくどの選手も、「小さい頃から親と……」のオンパレード。親が同じ競技種目をやっていた元アスリートで、徹底した英才教育を行っていたケースもかなりある。

 でもこれって、本当に美談として賞賛されるような話なのだろうか。むしろ「3歳の頃から毎日7時間トレーニング」とか「0歳から運動能力向上のためにうんていをさせる」とか、一歩間違えば“毒親による幼児虐待”ではないのか。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

伊藤美誠、白井健三、池江璃花子…五輪選手の親はみんな“毒親”なのか? 感動物語の裏で虐待スレスレの英才教育のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。エンジョウトオル五輪の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 百田尚樹『日本国紀』に“Yahoo!知恵袋コピペ疑惑”
2 直木賞受賞『宝島』が突きつけた「沖縄問題」の本質
3 三浦大知が歌う歌は天皇皇后の沖縄への想い
4 櫻井よしこは嘘つきだ!小林節が告発
5 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
6 稀勢の里「ナショナリズムのアイコン」の相撲人生
7 DA PUMPがEXILEに挑戦状
8 “バンクシー”のネズミはOKで安倍首相の顔写真にヒゲはNG?
9 沖縄県民投票“不参加”指南の背後に安倍官邸の存在か!
10 三浦瑠麗が松本人志の悪質セクハラ発言を「問題ない」と擁護
11 百田尚樹の「改憲PR映画」がトンデモ!
12 つんく♂が秋元のメンバー差別に
13 安倍応援団やネトウヨの「バッシング」を検証!!
14 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
15 古市憲寿「平成くん、さようなら」と「終末期医療打ち切れ」論
16 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
17 竹田恒泰が父の五輪汚職捜査に「フランスは皇室がないからひがんでる」
18 国連も「組み体操」の危険性を指摘!
19 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
20 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
1追悼!市原悦子が生前語った安倍政権への怒り、反戦の思い
2クイーンのB・メイ辺野古署名に『ボヘラプ』鑑賞の安倍首相は…
3所ジョージが沖縄米軍基地反対ソング! 
4竹田恒泰が父の五輪汚職捜査に「フランスは皇室がないからひがんでる」
5ウーマン村本、ローラ…権力批判芸能人を排除する醜悪メディア
6安倍首相の“サンゴ移植した”嘘を追及しない本土メディア
7早野龍五・被曝論文に重大誤り!お墨付き与えた糸井重里の責任
8産経と菅官房長官が「辺野古赤土投入問題」追及の望月記者を攻撃
9 仏司法当局が東京五輪誘致汚職で竹田恒和JOC会長の捜査開始!
10日露外相会談の大失態を必死で隠す安倍政権
11沖縄県民投票“不参加”指南の背後に安倍官邸の存在か!
12 ゴーン前会長出廷で露呈した特捜部の無理スジ国策捜査
13外務省が日米地位協定のウソ説明をコッソリ修正
14 バカリズム、指原莉乃が外国人労働者問題で差別丸出し
15安倍政権の反韓煽動が酷い!「韓国へ渡航禁止」まで主張
16三浦瑠麗が松本人志の悪質セクハラ発言を「問題ない」と擁護
17三浦大知が歌う歌は天皇皇后の沖縄への想い
18“バンクシー”のネズミはOKで安倍首相の顔写真にヒゲはNG?
19直木賞受賞『宝島』が突きつけた「沖縄問題」の本質
20松本人志が指原莉乃に悪質セクハラ差別発言! 

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄