大和くんに松本人志が「反省してない」太田光が「ちゃんと叱れ」…道徳ファシズムで失われるトム・ソーヤー的精神

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 ドビンズ先生は「かなわぬ夢を抱いたまま中年」になり、子どもに厳しくするのは、たとえば「参観日に立派な教育の成果を披露したいから」などという自分の見栄のためだったりする。「ドビンズ先生の暴虐ぶりはいよいよ本性を顕し、ほんの些細な落ち度にも執念深く罰を与えて楽しんでいるよう」とすら描写される。

 だから、この行方不明事件の少しあと夏休み前に、トムたちは、いつも鞭打ちしてくるドビンズ先生に仕返しを計画。ドビンズ先生のヅラをとってハゲ頭をさらして笑い者にして、見事復讐を果たす。そして夏休みが始まり、ドビンズ先生は物語の後半からは退場。先生の正しいしつけによってトムが反省するどころか、鞭打ち先生のほうが子どもたちに退治させられてしまうのだ。

 つまり『トム・ソーヤーの冒険』は、太田が語ったような「正しいしつけ」とか「反省」とは無縁の世界。というより、しつけとか、道徳とか、公序良俗とかのバカバカしさを暴き出し、教訓めいた子ども向け小説のアンチテーゼとして書かれたものだ。

 件の行方不明葬式事件でも、それまで「鞭打ちでは甘いくらいだ」と怒ってばかりいた大人たちが葬式になったとたん、少年たちの美徳や愛すべき性格を回顧するという“手のひら返し”をおもしろおかしく描いている。いたずらっ子のトムは、いたずらっ子なまま、むしろ悪ガキだからこそ、財宝を手に入れ、そして大人にならないまま物語は終わる。

 アメリカの文芸評論家レスリー・A・フィドラーは『アメリカ小説における愛と死』(新潮社)のなかで、トムの弟シドのような品行方正のいわゆる良い子をgood good boy、トムのような悪ガキをgood bad boyとして、以下のように論じている。

「グッド・グッド・ボーイは母親が彼にやって欲しいと望んでいるふりをしていることをやる、つまり、親の言うことをよく聞き、従うのであり、それに対して、グッド・バッド・ボーイは母が本当に彼にやって欲しいと思っていることをやる、つまり、噓をついて、親の胸を少し痛ませ、許してもらうのである」

 また、翻訳者の土屋京子氏は、good bad boyについて、こう解説している。

「グッド・バッド・ボーイは親の深い欲望や社会の偽善を見ぬく。すなわちグッド・バッド・ボーイは反抗を通じて、空虚な道徳を拒否し、より人間として本物であろうとするのだ。そしてグッド・グッド・ボーイよりも、まんまと周囲に愛されるのである」(『トム・ソーヤーの冒険』(光文社古典新訳文庫)解説より)

 トム・ソーヤーは「成熟して大人になることは必ずや社会との妥協を伴う以上、堕落であり、最高の人生とは生涯、少年の心を保ち続けることにある」(土屋氏)という、いまだにアメリカで根強い価値観を体現した存在なのだ。

 だからこそ、作者のマーク・トウェインはこの作品を「かつて子どもだった大人にも読んでほしい」と巻頭で宣言している。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

大和くんに松本人志が「反省してない」太田光が「ちゃんと叱れ」…道徳ファシズムで失われるトム・ソーヤー的精神のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。サンデージャポンワイドナショー子ども教育松本人志酒井まどの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 「拝謁記」昭和天皇は「反省」していたか 改憲再軍備、沖縄切り捨ても
2 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
4 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
5 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
6 くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 山本太郎が安倍の対韓国強硬姿勢を「小学生並み」と批判した理由
9 嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない
10 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
11 『なつぞら』が宮崎駿・高畑勲も闘った「東映動画・労使紛争」を矮小化
12 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
13 自衛隊スパイ事件、官邸が解禁の理由
14 「あおり運転」警察の過剰捜査とワイドショーの異常報道
15 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
16 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
17 ウーマン村本がよしもと社長からの圧力を激白!
18 吉川晃司が「俺は現政権がでえっ嫌い」
19 秋元康の東京五輪に椎名林檎が危機感
20 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
1安倍首相と省庁幹部の面談記録が一切作成されなくなった!
2くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
3金融庁報告書で厚労省年金局課長の驚愕無責任発言
4産経新聞コラムが「引きこもりは自衛隊に入隊させて鍛え直せ」
5安倍首相が「老後2000万円」追及に逆ギレ!
6菅官房長官が望月衣塑子記者への“質問妨害”を復活
7金融庁「年金下がるから資産運用」報告書で麻生太郎が開き直り!
8F35捜索打ち切りと大量購入続行でNHKが「背景に政治性」と報道
9金融庁炎上の裏で安倍政権が「年金」の“不都合な事実”を隠蔽!
10防衛省イージス・アショア失態 、玉川徹が原因を喝破!
11長谷川豊が部落差別発言「謝罪文は馬場幹事長が作った」
12講談社「ViVi」の自民党広告は公選法違反か!
13映画『主戦場』上映中止要求の右派論客に監督が徹底反論!
14渡辺謙が語った『ゴジラ』出演と震災、原発、戦争
15マンガ『スシローと不愉快な仲間たち』第1話
16田崎史郎「65歳から年金もらってます」
17川崎殺傷事件「不良品」発言こそ松本人志の本質だ!
18 香港市民はデモの力示したが、日本は…
19松本人志が「不良品」発言問題で謝罪も説明もなし!
20農水元次官子ども殺害正当化は、橋下徹、竹田恒泰、坂上忍も

カテゴリ別ランキング


人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄