大和くんに松本人志が「反省してない」太田光が「ちゃんと叱れ」…道徳ファシズムで失われるトム・ソーヤー的精神

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 この太田の話に、杉村太蔵は「いい話だなあ」などと大げさに感心し、ネットでも「トム・ソーヤーの話よかった」「太田さん、さすが」などと称賛されていた。

 9日発売の「週刊文春」(文藝春秋)も、男児の普段の行いなどを関係者コメントであげつらったあげく、太田と同じ『トム・ソーヤーの冒険』を持ち出し、こう説教していた。

〈名作「トム・ソーヤーの冒険」にこんなエピソードがある。父親に叱られた親友と家出し、行方不明事件を起こしたトムは、自分たちの葬式を行う教会に忍び込み、人々と涙の再会を果たす。だがその後、教師は英雄然としたトムの尻を鞭で打ち、反省を促すのだ。〉

 しかし、太田も「文春」も完全に誤読というか、勘違いしている。たしかに『トム・ソーヤーの冒険』にはトムが家出をして行方不明になり、自分たちの葬式にあらわれ町のみんなをびっくりさせる、というエピソードがある。

 しかし、このエピソードに教師からお尻を鞭打ちにされるなどというオチは存在しない。トムを育てているポリーおばさんに「一年分よりもっと多くのゲンコツとキスをもらった」うえ、「なかなかいい冗談だったけど、私をこんなに心配させるなんて。せめて私だけには、死んでない、家出してるだけって知らせてくれたらよかったのに」と愚痴られるくらいだ。

 そして、トムはまったく反省などせず、そのあとも学校でヒーロー然としてふんぞり返りパイプをふかしながら武勇伝を披露する。学校のみんなはそんなトムに羨望のまなざしを向けており、とがめる教師やほかの大人はいない。調子に乗ったトムはおばさんにさらに噓をついたりもするが、結局おばさんのほうが「許すよ、許すとも。百万の悪さをしでかしても、これであの子を許せるよ!」と号泣してこのエピソードは終わる。

 行方不明事件のあと教師に鞭打ちにされるというのは、1980年代に放送されたアニメの『トム・ソーヤーの冒険』と混同したのかもしれない。といっても、アニメ版でも鞭打ちにされたあと、トムは反省なんかしていなくて学校でヒーロー扱いだった。

 断っておくが、太田の細かい記憶まちがいをあげつらいたいわけではない。問題は、太田が『トム・ソーヤーの冒険』の訴えたいことを180度正反対のものとして読み替えていることだ。

 たしかに『トム・ソーヤーの冒険』では、ドビンズ先生という中年男性教師が、トムら子どもたちが悪いことをするといつものように何十回も鞭打ちにするというのが物語のお決まりになっている。

 でも、それは太田が語ったような“正しいしつけ”として描かれているわけでなく、「大人」「偽善」の象徴だ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

大和くんに松本人志が「反省してない」太田光が「ちゃんと叱れ」…道徳ファシズムで失われるトム・ソーヤー的精神のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。サンデージャポンワイドナショー子ども教育松本人志酒井まどの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 維新が「ヒトラー」抗議で橋下と一体認める馬脚! 吉村知事は批判封じ条例
2 橋下徹は石原慎太郎からも「ヒトラーに該当」と称賛されていた!
3 高裁でも山口敬之氏の伊藤詩織さんへの“性暴力”認める判決
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 Netflix版『新聞記者』の踏み込みがすごい! 綾野剛が森友キーマンに
6 維新・松井一郎市長が「保育士が足りないから親が自宅で面倒みろ」と呼びかけ
7 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
8 坂上忍『バイキング』打ち切りはフジ上層部による政権批判潰し
9 ブラマヨからTBS井上アナまでが叫ぶ「オミクロンたいしたことない」論の詐術
10 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
11 東野・ブラマヨ吉田と吉村・橋下・松井の馴れ合い番組に「偏向」調査
12 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に
13 NHK捏造・虚偽放送問題で河瀬直美監督のコメントが無責任すぎる!
14 吉村知事がまたまた後手! 全国ワーストのコロナ死者を出しているのに…
15 アパホテルのトンデモ極右思想の正体
16 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
17 若者は受診せず家で寝てろ! 背後に岸田政権の怠慢
18 大阪カジノ800億円負担は松井市長の命令! 大石あきこは「黒塗り」を告発
19 黒歴史!封印されたドラえもん
20 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
1橋下徹は石原慎太郎からも「ヒトラーに該当」と称賛されていた!
2若者は受診せず家で寝てろ! 背後に岸田政権の怠慢
3東野・ブラマヨ吉田と吉村・橋下・松井の馴れ合い番組に「偏向」調査
4維新・松井一郎市長が「保育士が足りないから親が自宅で面倒みろ」と呼びかけ
5吉村知事がまたまた後手! 全国ワーストのコロナ死者を出しているのに…
6Netflix版『新聞記者』の踏み込みがすごい! 綾野剛が森友キーマンに
7ブラマヨからTBS井上アナまでが叫ぶ「オミクロンたいしたことない」論の詐術
8維新が「ヒトラー」抗議で橋下と一体認める馬脚! 吉村知事は批判封じ条例
9高裁でも山口敬之氏の伊藤詩織さんへの“性暴力”認める判決
10国民民主・玉木雄一郎が節操なさすぎ!都民ファ、維新、ネトウヨに媚び媚び

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄