やっぱり“殉愛騒動”と同じ? 高倉健の実妹が健さんの最期を看取って遺産を相続した“養女”の不信な行動を告発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 また、敏子さんは、養女が高倉の遺志として、墓に入れず散骨するといっていることにも不信感を抱いている。高倉は生前の1972年に神奈川県の鎌倉霊園に墓地を購入しており、ここに入るはずだったというのだ。

「鎌倉霊園にはチーちゃん(71年に離婚した江利チエミ)との間の“水子”が祀られています。お墓を買ったときに、『すごくいいところにあるから。鎌倉に来たら連れて行く』と電話がありました。(略)折に触れて線香をあげに出向いていましたし、自分自身も亡くなればそこへ入るつもりで、知人と墓石を見て回っていたほど。そうやってしてきた人が、散骨なんて言うわけがありませんよ」

 入院中には近しい関係者に見舞いを拒否し、その死を実妹にも知らせず、戒名をつけず、ひたすら荼毘にふすことを急がせる。そして生前愛した霊園に遺骨を納めることなく散骨――。これら全てが高倉の“遺志”だと養女は主張しているという。

 また、この記事は、高倉の姪の攝子さんが秘書や専務から周辺から訊いた話を証言しているが、健さんが息を引き取った前後、通夜、葬儀の異常な状況が明かされている。

 死の前日、病室から“シューシュー”という音が漏れ聞こえてきたが、養女が誰も部屋の中へ入れさせなかったこと、病院から遺体を布で包んで持ち帰ったこと、蝋燭もお線香も拒否し、棺桶も「一番質素なものがいい」と言ったこと、葬儀でも写真ひとつ用意されていなかったことなど……。

 確かに、こうした話をきいていると、殉愛騒動と非常に似たにおいを感じるのは事実だ。実際、ビジネスの面でも、養女が版権や著作権をすべて管理し、クローズドな状況にしているため、養女とパイプをもつ文藝春秋などのメディア以外、追悼企画がやりづらい状況が起きているとも聞く。

 もちろん、養女側にも言い分はあるのかもしれない。しかし、本当に高倉健の遺志だとしても、生前、高倉を支え愛した近親者や関係者、そして多くのファンへの配慮が足らないことは否めない。高倉健は多くの人々にとっての“宝”なのだから。
(林グンマ)

最終更新:2016.05.12 12:47

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

やっぱり“殉愛騒動”と同じ? 高倉健の実妹が健さんの最期を看取って遺産を相続した“養女”の不信な行動を告発のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。林グンマの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 何が「断腸の思い」だ!安倍首相が横田滋さん・早紀江さんにとった冷淡対応
2 吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
3 大坂なおみが黒人差別抗議でキレキレ
4 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
5 安倍政権の「Go To」批判封じを『ひるおび』八代弁護士がポロリ
6 安倍が横田早紀江さんを無視している
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 大村知事リコールに高須克弥、百田尚樹、有本香らが勢揃い…
9 日本のネトウヨにも聞かせたいビリー・アイリッシュの反差別メッセージ
10 野村克也氏が巨人、阪神、楽天を両断
11 ツイッタージャパンの反差別に対する消極性 代表と産経ニュースの関係
12 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
13 SMAPを殺したのはキムタク
14 吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
15 拉致問題「国民大集会」が安倍首相の礼賛大会に
16 安倍が拉致問題国民大集会を「公務」理由に中座、自宅へ!
17 持続化給付金で中小企業庁長官が電通と接触、「Go To」3000億円も電通か
18 持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
19 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
20 NHKが持続化給付金疑惑をスルー、『日曜討論』で野党排除
1 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
2吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
3安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
4持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
5安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
6松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
7安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
8安倍政権の「Go To」批判封じを『ひるおび』八代弁護士がポロリ
9何が「断腸の思い」だ!安倍首相が横田滋さん・早紀江さんにとった冷淡対応
10 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
11大村知事リコールに高須克弥、百田尚樹、有本香らが勢揃い…
12吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
13内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
14持続化給付金で中小企業庁長官が電通と接触、「Go To」3000億円も電通か
15NHKが持続化給付金疑惑をスルー、『日曜討論』で野党排除
16検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
17テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
18ツイッタージャパンの反差別に対する消極性 代表と産経ニュースの関係
19木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
20大坂なおみが黒人差別抗議でキレキレ
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄