高倉健に元女優の“養女”が! 突然の告白に「たかじんと同じパターンか」の声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
takakuraken_01_150103.jpg
高倉健の遺作となった映画『あなたへ』DVD(東宝)

 昨年、高倉健が亡くなって週刊誌では数多くの追悼企画が掲載された。中でも年末に発売された「週刊文春」(文藝春秋)15年1月1・8日特大号の記事は衝撃的だった。これまで世間に全く知られることのなかった高倉健の「養女」が登場し、その関係を告白していたからだ。

「週刊文春」によれば、高倉の「養女Tさん」は現在50歳の元女優。記事には高倉とTさんとの関係がこのように記されている。

「彼女が健さんの“特別な存在”だったことは間違いない。健さんとTさんは年齢差が三十三歳あるが、妻であり、母であり、娘でもあったのかもしれない」

 そして、高倉が死亡する1年半ほど前の13年5月、「長年世話になった人に財産を残したい」という高倉の意向から養女として養子縁組が成立したという。

 その後、高倉が悪性リンパ腫を発症すると、高倉の介護を一人で続け、たった一人で最期を看取った。Tさんは「週刊文春」でその理由をこう語っている。

「高倉は『人は誰しも弱っている姿は見られたくない。だから見舞いも行かないし、来て欲しくない』という考えでした」

 また、筆まめの高倉のために、Tさんは口述筆記もしていた。

「健さんが口述する内容をTさんがワープロ打ちしたものに、健さんがサインを入れて仕上げていたという。(略)死去する四日前、十一月六日に書き上げたという手記(『文藝春秋』一月号掲載)が大変な話題となったが、実はこれもTさんがそばにずっといて、病室で口述筆記によりまとめたものだった」

 そして、Tさんは「週刊文春」の取材にこんなことも語っている。

「病気になってからではなく、死後のことは、『Tさんに任せる。僕のこと、よく知ってるでしょ』と。責任を痛感しております」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

高倉健に元女優の“養女”が! 突然の告白に「たかじんと同じパターンか」の声 のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。林グンマ週刊文春離婚養子高倉健の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍国葬で大はしゃぎ 百田尚樹ら安倍応援団とフジサンケイの醜態
2 安倍こそ政治の犠牲になった国民を「悼む気持ち」のない冷淡政治家だった
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 岸田首相が性差別発言や統一教会擁護の安倍応援団・小川榮太郎をブレーンに
5 テレ朝で『モーニングショー』統一教会報道中止、ネット動画削除!
6 高橋治之と安倍晋三は親戚関係だった!安倍家の自宅購入資金も高橋弟が捻出
7 統一教会問題で下村博文と山谷えり子の呆れた開き直りと嘘
8 三浦瑠麗が戦前賛美、その御用学者体質
9 安倍首相の“サンゴ移植した”嘘を追及しない本土メディア
10 安倍首相がプーチンに贈った“失笑ポエム”
11 翼がSMAP解散でメリーと滝沢を批判
12 グレタさん攻撃で炎上した野口健は15歳のシェルパの娘と「児童婚」
13 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
14 JOC経理部長の飛び込み自殺で囁かれる「五輪招致買収」との関係,
15 玉川徹に自民議員が共謀罪の正体を
16 原発事故前に安倍が地震対策拒否
17 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
18 東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
19 森喜朗200万円受領問題だけじゃない! 五輪招致買収や神宮再開発利権も
20 KADOKAWA夏野剛社長に新たな暴言が発覚! 一方、森喜朗には…
1高橋治之と安倍晋三は親戚関係だった!安倍家の自宅購入資金も高橋弟が捻出
2安倍こそ政治の犠牲になった国民を「悼む気持ち」のない冷淡政治家だった
3岸田首相が性差別発言や統一教会擁護の安倍応援団・小川榮太郎をブレーンに
4安倍国葬で大はしゃぎ 百田尚樹ら安倍応援団とフジサンケイの醜態
5 統一教会問題で下村博文と山谷えり子の呆れた開き直りと嘘
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄