下ネタ好き、ゲイ疑惑…テレビが語らない高倉健の“意外な一面”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
takakuraken_141121.jpg
寡黙で誠実なイメージの健さんにも意外な一面が(画像は『高倉健 Blu-ray COLLECTION BOX』)

「最後のスター」と呼ばれた俳優・高倉健が亡くなって以来、テレビやスポーツ紙では健さんの感動秘話が数多く語られている。寡黙で情に厚く誠実、だれにでも分け隔てなく接する人──これがきっと、健さんのオフィシャルイメージではないだろうか。

 だが、健さんにはそんな世間一般のイメージとは違う顔もあったようだ。ひねくれ者の本サイトとしては、そのイメージとは違う部分にスポットを当てて、いくつかのエピソードを紹介していきたい。


●「馬用の下剤を飲ませて…」度が過ぎるいたずらがすごい!
 
 インタビューでは「自分ではわりと器用に生きてるつもり」とよく答えていた健さん。実際は結構おしゃべりで、お茶目な部分も多々あった。たとえば、1994年に当時14年振りとなるラジオ出演をした際は、「こんばんは、緒形拳です」と自己紹介。高田純次の「こんにちは、アンジェリーナ・ジョリーです」より早く“無責任芸”を見せていたとは恐れ入る。

 また、健さんのエッセイ集『あなたに褒められたくて』(集英社/91年)によれば、健さんは端役の役者に数々のいたずらを仕掛けたというが、その中身がすごい。「前歯にマジックを塗ってお歯黒にする」「脱毛クリームで眉毛を落とす」……このあたりまではまだかわいいものだが、「スプレー式の麻酔薬を吹きかける」だの「馬用の下剤を飲ませて、トイレを全て占領する」だの「ありったけの胡椒を入れた胡椒風呂に入らせる」といった具合に、その手の込みようと内容はエゲつない。ここまでくると、お茶目というより“健さんドS説”を疑ってしまいそうだ。


●驚きの自慰行為、童貞喪失、ソープ体験…じつは下ネタ好きだった!?

 おしゃべり好きだった健さんは、インタビューや対談でもサービス精神旺盛。しかも想像に難しいが、じつは“下ネタ発言”も多く、前述のラジオ出演時には、明治大学2年生のときに故郷の福岡の遊郭で童貞を捨てたことをカミングアウトしている。

 さらに、「週刊文春」(文芸春秋)で98年に阿川佐和子と対談した際には、高校時代の話の最中にいきなり「タバコ吸ったり、マスターベーション教わったり。お寺の本堂で、十人ぐらい並んでマスターベーションするんです」と、特殊な自慰経験談を披露。これには阿川も「お寺の本堂でェ!?」と驚くしかなく、「十人もいると、気が散ったりしないんですか」と質問したが、健さんの回答は「いや、青春のときは気が散るもへちまもないですよね」だった。

 しかも、『檀ふみのほろ酔い対談』(潮出版社/87年)では、健さんはソープランド経験にまで踏み込んでいる。こちらも檀は風俗の話など振っていないのに健さん自らが口火を切り、「昔、一度だけ行って、ひどい目にあったことありますよ」と告白。なんでも監督の機嫌が悪く、「みんなで女のいるところへ行こう」となり、同行したそう。ところが健さんのお相手として現れた女性は「僕の郷里の出身で、お母さんをよく知ってますって。それでこっちはその気がまったくなくなっちゃってね」。結局、ソープ体験は未遂に終わってしまい、「以来、どんなにいいとこがあるといわれても絶対に行かない。(笑)」と答えている。

 ところで、このような下ネタを女性の対談相手に自分から暴露しておいて、健さんは最後にひと言、「なんでこんな話になっちゃったのかな?」。健さん、そりゃないよ!

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

高倉 健 Blu-ray COLLECTION BOX【次回入荷予約】(Blu-ray Disc)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

下ネタ好き、ゲイ疑惑…テレビが語らない高倉健の“意外な一面”のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ギャップサニーうどんスターの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍首相がトランプ接待で「大相撲の伝統」破壊
2 安倍首相がTOKIOに続き大泉洋、高畑充希と会食PR
3 指原莉乃が山口真帆の卒業公演の視察に同伴した男!
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
6 部落差別問題で長谷川豊と維新が露呈したトンデモぶり
7 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
8 秋篠宮家の料理番がブラック告発
9 安倍首相が新天皇に内奏の夜、「ドアまで送ってくれた」と自慢
10 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
11 佐藤浩市がテレビの右傾化に危機感表明
12 安倍が拉致問題国民大集会を「公務」理由に中座、自宅へ!
13 読売が出会い系通い記事批判に失笑反論
14 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
15 丸山穂高「戦争」発言で長谷川豊、百田尚樹がマスコミを批判
16 つんく♂が秋元のメンバー差別に
17 長谷川豊が「プロ、犯罪の」と部落差別発言
18 韓国K-POPスキャンダルをめぐるヘイトとご都合主義
19 見城徹社長が騒動渦中、首相公邸で安倍首相と会食!?
20 『報ステ』がまた政権批判アナ排除
1国民健康保険料が大幅値上げ、年間10万円増額も
2安倍首相と省庁幹部の面談記録ゼロ!安倍政権“公文書破壊”の実態
3石野卓球がワイドショーに勝利した理由
4忖度道路めぐり安倍の直接指示の新事実が
5安倍首相が「桜を見る会」に『虎ノ門ニュース』一行を堂々招待
6安倍が“忖度道路”の要望書を提出、山陰自動車道でも利益誘導
7上野千鶴子「東大祝辞」へのワイドショーコメントが酷い!
8 塚田「忖度」発言は事実! 麻生利益誘導の疑惑
9イチローに国民栄誉賞を断られ安倍政権が赤っ恥
10野党議員をデマ攻撃「政治知新」の兄・自民党県議を直撃!
11NHKで国谷裕子を降板に追い込んだ人物が専務理事に復帰
12維新勝利で橋下徹が「反対した年配の人が死んじゃった」
13中村文則が安倍政権批判に踏み込む理由
14 『あさイチ』の「中高生に韓国が人気」企画炎上の異常
15 安倍首相「桜を見る会」招待状が8万円で売買との報道!
16菅官房長官「令和おじさん」人気の正体!
17ゴーン逮捕“国策捜査説”を裏付ける経産省メール
18「あつまれ!げんしりょくむら」以外も…原子力ムラの醜悪SNS戦略
19衆院補選で安倍自民党が大惨敗の予想が!
20 ピエール瀧出演の『麻雀放浪記2020』に“安倍政権への皮肉”

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄