岡田将生が腐女子受けを狙っている? 男子にキス、男子に告白

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
okadamasaki_140915.jpg
『ST 警視庁科学特捜班(Blu-ray Disc)』

 岡田将生が、ウエディングドレス姿で男性とキスしたと話題になっている。岡田のウェディング姿でのキスが見られるのは、11月22日から公開される映画『想いのこし』。この映画では、ほかにも岡田が男子高校生に告白する姿やポールダンス姿も見られるという。イケメン俳優として人気の岡田だが、実はここ最近、特にBL妄想を掻き立てられる役どころを演じることが多い。

 たとえば、ドラマ『リーガル・ハイ2』(フジテレビ系)。岡田は、堺雅人演じる弁護士・古美門のライバル的存在として登場した、天性の人たらし弁護士・羽生晴樹を演じていたが、ネット上では放送中ずっと“羽生ゲイ疑惑”が囁かれていた。実際、最終回では羽生が想いを寄せていたのは古美門という衝撃的な結末を迎え、ネット上はお祭り騒ぎに。また、映画『偉大なる、しゅららぼん』では、濱田岳演じる殿の日出淡十郎と岡田演じるお供の日出涼介の主従関係に「萌える」という女子が多かった。

 さらに、現在ドラマ放送中の『ST 赤と白の捜査ファイル』(日本テレビ系)に至っては、登場する男性キャストすべてがゲイに見える……とまで言われているほど。この作品は、能力はトリプルAだが、警察内でははみ出しものの変人ぞろいとして知られるチーム“ST”を中心に事件を解決していくというもの。なかでも、そんなSTのリーダー的存在で、元引きこもりの赤城左門を演じる藤原竜也と、STの統括を任された岡田演じるキャップこと百合根友久警部のやり取りが「いちゃついているようにしか見えない」ともっぱらの評判なのだ。

 昨年放送されたスペシャルドラマ『ST 警視庁科学特捜班』から、腐女子たちの注目の的となっていたこの作品。百合根は引きこもりだった赤城に対し、10秒以内に赤城を笑わせることができたらドアを開けて欲しいという賭けを持ちかけ、見事勝利し「僕の勝ち。赤城さんドア開けて?」と頼む。それに対して、赤城はドアを開けて百合根を引き入れ、めちゃくちゃに抱きしめるのだ。「筋肉がかなり緊張している。医学的に言うと勇気を振り絞って本音を告げた状態だ」などと理屈をこねるが、実際は「感動した。すなわちお前を抱きしめたかった。でも、適当な理由が見当たらなかった」だけだという。これぞザ・ツンデレといった感じの赤城だが、それに振り回されながらもどこか嬉しそうなキャップにも「キャップは総受」「いや、世話焼き攻め」「すでに2人は結ばれている」とさまざまな妄想が飛び交うことになった。

 そんな期待通り、連続ドラマの第1話も、赤城のズボンのポケットに入っている手袋を百合根キャップがはめてあげるなど、かいがいしく面倒を見るシーンから始まる。

 ことあるごとに、メンバーや上司に対してST、とくに赤城とは「絶対離れません」と誓う百合根。第7話では、STメンバーのためにみんなの今後のキャリア100パターンを考える。その100パターンを考え中の百合根キャップに対して、赤城は「俺の100パターン考えたか?」と尋ねるのだが、まだだと聞くとちょっと不機嫌になって拗ねる。「あ、もしかして、後回しにされて僻んでます?  じゃなかったらヤキモチ?」とからかうキャップに「誰に向かって言ってる」と強がるが、「照れなくても~」「照れてない」といったやりとりは、もうカップルにしか見えない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ST 警視庁科学特捜班(Blu-ray Disc)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

岡田将生が腐女子受けを狙っている? 男子にキス、男子に告白のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。妄想岡田将生田口いなす腐女子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 韓国ヘイト叫んだ厚労官僚はアベノミクスの旗振り役
2 安倍首相が防衛大卒業式でも自衛隊を道具に改憲を宣言
3 指原莉乃がウーマン村本を「政治語るな」批判
4 NZモスクテロ事件容疑者が日本の「多様性のなさ」を賞賛!
5 百田尚樹『日本国紀』に“Yahoo!知恵袋コピペ疑惑”
6 NGT48暴行問題で山口真帆が謝罪強要を訴えるも運営は無視
7 グッディ!土田マジギレ真の原因
8 ピエール瀧逮捕報道で炎上した深澤真紀は間違ってない
9 安倍首相にマッチョ批判
10 フジ『バイキング』で金美齢が部落差別
11 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
12 マララは社会主義者だった!
13 田崎スシローが望月衣塑子記者を「トンチンカン」と攻撃
14 高須院長〈アウシュビッツは捏造〉問題をマスコミはなぜ報じない?
15 『報ステ』がまた政権批判アナ排除
16 沖縄2紙の記者を警察が拘束する暴挙
17 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
18 AKBと電通のシークレット飲み会
19 在日差別に怯え続けた芸能人の苦悩
20 五輪汚職のJOC竹田会長居座りを許すマスコミの電通タブー
1安倍首相が隠した原発事故の責任
2 震災から8年、安倍政権の被災者切捨て
3指原莉乃がウーマン村本を「政治語るな」批判
4田崎スシローが望月衣塑子記者を「トンチンカン」と攻撃
5 電力会社の原発広告復活! 関西電力、九州電力は3倍増に
6ピエール瀧逮捕報道で炎上した深澤真紀は間違ってない
7安倍自民党「公約の9割成果」の嘘を検証
8高須院長〈アウシュビッツは捏造〉問題をマスコミはなぜ報じない?
9『報ステ』がまた政権批判アナ排除
10安倍政権が米ジャパンハンドラーに3億円の寄付
11 安倍が再びバノンから「偉大なヒーロー」と
124人のヘイトデモを大量の警察官が守る異様な過剰警備!
13NZモスクテロ事件容疑者が日本の「多様性のなさ」を賞賛!
14韓国ヘイト叫んだ厚労官僚はアベノミクスの旗振り役
15 防衛省元幹部が新基地建設事業投資ファンドの広告塔に
16酩酊状態にさせ暴行して無罪!甘い性犯罪判決の背景
17参院選出馬説の貴乃花が危険な極右オカルト発言!
18ピエール瀧めぐり松本とたけしが無教養丸出し発言
19安倍首相が防衛大卒業式でも自衛隊を道具に改憲を宣言
20五輪汚職のJOC竹田会長居座りを許すマスコミの電通タブー

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄